戦略的な縮小&居抜き物件への移転、リモート時代の『新しい働き方』を実現【インターリンク株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『働く人の幸せ創造カンパニー』として、HRTech分野の自社サービス、クリエイター・エンジニアのSES、Webの総合プロデュース事業を行っているインターリンク株式会社様。
コロナ禍により、”会社に出社して働く”という従来の働き方が大きく変わる中で、戦略的な縮小&居抜き物件への移転をしています。
その背景には、緊急事態宣言以前より導入していたリモートワーク、フリーアドレスや自社サービスを活用してのコミュニケーション促進によって、『新しい働き方』を実現できていることがあげられます。
本記事では、新しい会社の在り方、また社員が最大限にパフォーマンスを発揮できる環境づくりについて、代表取締役社長 武本淳様にお話を伺いました。(取材日:2020年11月24日)
(以下、敬称略)

インターリンク株式会社
事業内容:HRTech分野の自社サービス、クリエイター・エンジニアのSES、Webの総合プロデュース事業
公式HP:https://www.interlink.ne.jp/
アクセス:東京都千代田区九段北1-4-1 日本地所ブルックスビル9F

■戦略的な縮小&居抜き物件への移転で大幅なコストカット、会社の在り方を考える
■リモートワークでもコミュニケーション・モチベーション向上の最大化を図る取り組み
■社員がありのままで、最大限のパフォーマンスができる環境を用意したい
■全ての事業のベースは”社会に対してどう貢献していくのか”

戦略的な縮小&居抜き物件への移転で大幅なコストカット、会社の在り方を考える

ー今回の移転の目的を教えてください。

1つ目は、コスト削減です。
以前は市ヶ谷にある130坪程度のオフィスにいましたが、緊急事態宣言後はリモートワークがメインとなり、出社メンバーが2,3人しかおらずオフィスを持て余していました。
また新しい事業を立ち上げたばかりのタイミングと重なっており、この先、まだコロナ禍による景気低迷を予想し、支出は極力抑えたいと考えていました。

2つ目に、オフィスの在り方についてです。リモートワーク環境さえあればオンラインで仕事ができます。一方で、社員と会社、社員同士の関係は希薄になってしまう懸念もありました。
リアルでコミュニケーションが無いと意図が伝わらない部分もあるので、その点はオフィスを機能させる必要があります。

会社としては社員の生活を守ること、そして経営資源を削減してその余剰分を社員のためにプールしておくことが、大切だと考えました。

ー居抜き物件を選んだ理由はどこにありますか?

シンプルにコストです。
事務所を移転する際、レイアウトを一から作るとかなりの費用が掛かります。しかし、居抜き物件のよさは、すでにレイアウトが作られたものであり、すぐにオフィスとして働くイメージが沸くことです。イニシャルコストを下げるときに、居抜きというのが最適だと思いました。

あとは提案してもらった物件が、うちと業態が同じIT企業さんの居抜き物件だったので、実際に使うイメージがすぐ沸きました。

ー反対に、居抜き物件の懸念点はありましたか?

綺麗さはどうか、退去するとき今度は居抜きで出られるのか。居抜きで出られなかった場合、コストが掛かることです。
メリットと懸念点を天秤にかけたときに、どちらがよいかということで考えました。

リモートワークでもコミュニケーション・モチベーション向上の最大化を図る取り組み

・社内の風通しをよくする、自社HRサービスの活用とフリーアドレスの導入

ーリモートワーク自体は、元々制度として導入されていましたよね

2019年から導入して、コミュニケーション不足や、リモートワークによる見えない部分の取り組み・評価に対しては、お互いが意思疎通を大切にしています。

単純なチャットツールでのやり取りだけでなく、感謝を贈り合って組織の状態を可視化する『Agelu』という自社サービスを活用しています。
各個人の取り組みや、評価された内容を知ることで、「自分の取り組みを発信したい」「こういう風にやれば会社から評価される」とモチベーションが上がる環境をつくることが目的です。

私から社員へコメントするときは、「先週こういう案件決めてきたってあなたの上司から聞いたよ」と伝えます。
あえて「あなたの上司から聞いた」と伝えることで、メンバーと上司の関係もよくなるし、ちゃんと社長が見てくれていると実感が持てるようになります。
全社員を自分の目だけで見ることはできませんが、しっかりと関心を持って言葉をかけることを大切にしています。

ーリモートワークを導入する中で、コミュニケーション不足に対する不安はどう解消していきましたか

私自身がずっとやりたかった、フリーアドレスを導入しています。
関わりが少ないメンバーが交わる環境を提供することで、コミュニケーションの活性に繋がります。また、クリエイティブな仕事をしているメンバーにとっては、新しい発想が生まれるよい機会ではないかと。

ー社長自ら、社員に向けた情報発信はありますか?

毎週私発信のメールを送っていて、経営の部分もオープンにしています。
コロナ禍で社員も不安を抱えていると思うので、今後来るであろう流れや、それに対する取り組みや対応策を社員向けに提示しています。
どういう方向を目指しているのか、経営方針をしっかりと伝えることを大切にしています。

移転をすることを決めたときも、「他社様にDX(※1)の導入を推進する中で、自社で何もしてないのはおかしい。だからフリーアドレスや全社員のリモートワーク対応を可能にしましょう。そして全てのお客様に向けてDXを提案しましょう」と伝えました。

※1…デジタルトランスフォーメーションの略。
データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革し、競争上の優位性を確立すること
出典:経済産業省 「DX 推進指標」とそのガイダンス
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190731003/20190731003-1.pdf(2020年12月11日)

・リモートワークだからこそできること、リモートワークだからこそ難しいことが見えてきた

ー社内の取り組みの中で、リモート対応に移行したことはありますか?

リモート総会、リモート内定式、オンライン面接などがあります。

総会を7月に行いましたが、今回初めてリモートで開催したところ、全社員が出席でした。
これまでは強制参加と伝えても休みの人がいたり、半数以上が出向社員のため仕事が終わらなかったりと、全員が参加できない状態でした。
今回はリモートワークだからこそ全員出席が実現できたと思いますし、社員が会社に興味を持ってくれていることを嬉しく思いました。

一方で、リモート内定式やオンライン面接には、難しさを感じました。
新卒で入社する初めての会社なので、直接会社に行って、経営幹部から一緒に頑張ろうと激励がある方が半年後働く心構えができるかなと思いました。今回はコロナで仕方ありませんが、来年以降は密にならずに対策をした上で、対面で行いたいです。

面接はオンライン上で人を見抜くというのが難しく、求職者への質問に工夫が必要でした。
良かった点は、人事担当だけではなく、配属予定の部署の部長が同席して一緒に面接ができたことです。今までは人事担当だけで行っていたので、複数面接官がいることでより会社の雰囲気が求職者に伝わったのではないかと思います。

社員がありのまま、最大限パフォーマンスできる環境を用意したい

・人材が会社を作る、会社が厳しいときでも成長のため雇用をとめない

ーコロナの状況禍で採用は厳しい部分もあったのではないでしょうか。

うちの会社が成長したのは、リーマンショックのときです。
その当時多くの企業が雇用を渋っていましたが、”社員となる人の人生を一生みる”という理念のもと、正社員で採用しました。
そのとき雇用した社員に、「武本社長に拾ってもらったので感謝している、今年コロナで厳しくても自分は頑張ります」と言ってもらえるのは、涙が出るくらい嬉しいことです。

その経験があるので、厳しい中でもきちんと採用したいという気持ちがありました。

ー今年は、新卒採用も例年に比べ難しい部分があったと思います。

新卒が定着しないことは中小企業の課題で、成長したころに離職されてしまうのは一番大変です。
新卒を採用し育てないと、会社の成長もありません。
来春は3名採用ですが、これから5名,10名と採用を増やす計画を立てています。
新卒で入社したメンバーが、”自分が会社をリードしていくんだ”と思える会社にしていくのが、次の10年の目標です。

ー採用という面では、先ほどオンライン面接の話にあったとおり、会社の空気感や価値観を伝えることも大切ですね。

私自身は”無駄に熱い”をアピールしています。熱いのがいやだったら、それは合わないと。
やはり同じ価値観で仕事をしていける仲間に最初から入ってもらうことで、お互い不幸になることはないと思います。

・親の介護や実家を継いでも働ける、”会社に来ない”新しい働き方を推奨したい

ー今後目指していく働き方はありますか?

理想としては、今回移転したような40坪程度のオフィスを増やしたいです。
私自身、現在つくばに住んでいますが、2時間かけて都内まで出社するのは大変です。
これからもリモートワークがメインの働き方を続けていきながらも、地方都市の駅近に支社を設けることで従業員の交通の利便性を図りながら、働く環境をつくることで会社に出社したくなるオフィスとは?を追求したいです。

オフィスを設けることで、交通の利便性を図ること・在宅よりも整った環境を用意することで、”働きやすさ”を提供できると思います。

ー社員のライフスタイルに合わせて、働き方やオフィスの在り方の可能性を広げていくんですね。

リモートワークで環境があるからこそ、東京に住んでいなくても仕事はできます。
私自身も妻が米農家なので、毎年田んぼを耕しています。社員でも農家などの家業を継ぎながら、あるいは継ぐ準備をしながらエンジニアをやっている社員もいます。

家業を継ぐから会社を辞めなければいけないという方が、私にとってはマイナスだと思っているので、極力辞めなくてよい方向で進めていきたいと思っています。
その人がその人らしく働ける環境を考え、用意することが大切だと思っています。

今でも一部導入していますが、時間で縛る働き方ではなく、1カ月のうち決まった成果を出してくれれば、働いた時間に関係なく給料を満額出すとしています。
日本全国、野望としては世界中で仕事ができる環境を作っていければ、採用面でも大企業に勝てる一つの魅力になるかと思います。

ー社内制度も豊富ですが、どんな狙いがありますか?

社員の半分は取引先に常駐しており、会わない・一緒に仕事をしたことがない社員が多くいる中で、社員同士の交流を図れるものは部活動等の福利厚生としてやろうと考えていました。
全員で集まる必要性もなくて、1つのコミュニティがちょっとずつ派生してきて、最終的に会社に向いてくれればというのが意図としてあります。

また1年位前に目安箱を作り、無記名で会社に対しての意見を好きに言っていい場を用意しました。社員が積極的に意見を言える環境を作っていきたいです。

全ての事業のベースは”社会に対してどう貢献していくのか”

ー最後に、事業に関しての展望をお聞かせください。

Ageluは元々自社の離職を止めることが目的で開発しましたが、会社を維持するために雇用がカギとなる中で、企業の雇用を守るためのサービスとして他社にも展開しました。
働く社員が、この会社で、この事業で頑張りたいと思う気持ちを醸成させるために、サービスをより広げていきたいです。

また新たに力を入れているのが”MEO(地図最適化)”で、自社内でパッケージ化したものを販売していきます。
今試しに使っていただいている飲食店の方には、MEO対策を行った結果、「ランチ時のお客様が先月比で30%増になって店が回らなくなってしまった」という嬉しい悲鳴をおお聞きすることができました。
この事業を通して飲食店が少しでも元気になればと思って取り組んでいます。

働く人と企業が幸せになるためには、インターリンクとしてどうあるべきかを考えて展開していきます。その事業が儲かるか否かではなく、社会に対してどう貢献していくのか考え発展させることが、インターリンクが行う全ての事業のベースです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。