みんなで同じ方向を向いて進んでいく!東京と沖縄をつなぐアドバンスオフィス-株式会社シーエー・アドバンス【オフィスWatch139】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

渋谷駅前に約213坪のオフィスを構えるのは、SEM事業やサイト監視事業・カスタマーサポート事業などを行う株式会社シーエー・アドバンス。今回は、代表取締役社長の菊池満長氏にお話を伺うことができた。
1)みんなで同じ方向を向いて進んでいく!東京と沖縄をつなぐアドバンスオフィス
①沖縄テレビ
②ビタミンカラー
③カフェスペース
2)社長インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)みんなで同じ方向を向いて進んでいく!東京と沖縄をつなぐアドバンスオフィス

(取材日 2012年8月6日)

株式会社シーエー・アドバンス
《事業内容》 SEM事業やサイト監視事業・カスタマーサポート事業など、デジタル時代の大量情報処理/分析/効率化事業
《サイトURL》 http://www.ca-adv.co.jp/

①沖縄テレビ

執務スペースのデスクの上や天井に設置されている大型液晶テレビ。その画面には、たくさんの人々が働いている様子が映し出されている。オフィス内で一際目を引くテレビには、沖縄にあるオフィスの様子が映し出されているのだ。

「まるで直ぐ隣で働いているかのようにしたかったのです」と菊池社長。電話やメールでは感じとることのできない相手の表情やニュアンスを知ることができるため、コミュニケーションの密度が上がり、自ずと業務効率と質が上がるのだ。シーエー・アドバンスの社員は1600kmの距離を越えて、日々心と心の意思疎通を図っている。

ちなみに、沖縄オフィスには現在250名の社員さんが勤務されているそうです。是非今度、沖縄オフィスも取材させていただけると嬉しいです!

②ビタミンカラー

グリーン、イエロー、レッドにブルー……。シーエー・アドバンスの社内は、たくさんの色で溢れている。

事業柄、オフィスの中で長時間過ごすことが多い社員のため、オフィスにいるだけで自然と元気になれるような色使いにした。ポップでカラフルなビタミンカラーが、社員一人ひとりの心身をリフレッシュさせ、活発なコミュニケーションや新しいアイディアの創造を手助けしているのだ。

ちなみに、シーエー・アドバンスさんのコーポレートカラーは、グリーンです。綺麗なグリーンは、グループ会社のサイバーエージェントさんと同じ色で統一しているそうです。

③カフェスペース

円形テーブルにカウンター、半円型のソファスペースに温かみのある間接照明。まるでお店のような雰囲気を持つこの場所は、シーエー・アドバンスのカフェスペースなのである。

気軽にコミュニケーションができるオフィス環境を目指し、社内にカフェスペースを作った。「鳥に例えるなら、立ち寄る枝が多いとさえずりも多くなりますよね」と菊池社長は語る。リラックスして生まれる会話の中から、新しいアイディアが生み出されるのだ。

ちなみに、カフェスペースの他、社内にはパウダールームがあるんです。贅沢な広さのパウダールームにはビックリ!女性にとって、とても嬉しい環境ですよね。

 取材スタッフの注目ポイント 
自動販売機
社内にある自動販売機は、会社が設定した目標をクリアしたインセンティブで置いたものだそうです!全商品無料!
仕事へのやる気が、ますます上がりますね。
英語教材
サイバーエージェントさんの英語教材を発見!
本とDVDが置いてありました。
もしかして、今後、海外展開もお考えなのでしょうか!?
パウダールーム
男子禁制のパウダールーム。
ロッカーまである贅沢なスペースにビックリしました!
こんな広いパウダールームは今まで見たことがありません。
団らん
お昼休憩をしている社員さんに遭遇しちゃいました!
みんな楽しそうに語り合っていましたよ。

社長インタビュー

渋谷駅前に約213坪のオフィスを構えるのは、SEM事業やサイト監視事業・カスタマーサポート事業などを行う株式会社シーエー・アドバンス。今回は、代表取締役社長の菊池満長氏にお話を伺うことができた。

沖縄オフィス

社長
弊社は現在東京と沖縄の二拠点で運営を行っています。沖縄には250名くらいの社員がいて、主にサイバーエージェントが提供しているインターネット広告の運用サポートやAmebaの不正投稿のチェック、ソーシャルゲームのカスタマーサポートなどを担当しています。

沖田
たくさんの方が働いていらっしゃるのですね。

社長
そうですね。東京と沖縄では距離があるので、最初は苦労が多かったと思います。お互いの顔が見えないので、変に気を遣ってしまいギクシャクしたり、それが業務にも支障をきたすことがあったり……。

沖田
沖縄と東京では、文化にかなりの違いがあると聞いたことがあります。

社長
はい。文化の違いや距離を埋めるために、社内にテレビモニターを導入して、常にお互いの様子が手に取るように分かる環境に近づけました。そうすることによって、ある程度感覚的に相手のことが分かるようになったのです。相手の表情を知ることで、細かい意思疎通を取ることができるようになりました。
また、私自身は定期的に沖縄に足を運んで、直接皆と接するようにしています。若いうちからマネジメントができるような人材を育成するために、力を注いでいきたいと思っています。

沖田
御社の社員さんはとても若いですよね。

社長
そうですね。特に沖縄オフィスの社員は若く、平均年齢は25歳くらいです。土地柄、働き出すのが早く、20歳くらいから仕事をする人も多くいます。私は、若いうちから働くことには非常にメリットがあると考えているんです。

沖田
それは何故なのでしょうか。

社長
仕事はとにかく経験だと思っているからです。若いうちから働くと、覚えも早いし何事も素直に呑み込めます。体力や精神力もあるうちにたくさんの経験をすることは、身に染みて実力になっていくと思っています。
実際、弊社では若干21歳で100人の部署をマネジメントしている人間もいますし、私自身もまだ20代です。

沖田
すごく若いですね!

社長
私自身がそうであったように、年齢に関係なくポジションを任せてもらえる環境というのは、社員のやりがいに繋がります。人生において働く時間は非常に多いのですから、その時間を思い切り楽しんで、日々成長していきたいですよね。

面白制度

社長
弊社には、色々なエンジニア向けの社内制度があります。例えば、「ADvance Friday」というものがあるのですが、これは金曜日の午後は、普段の業務から離れて新しい物事に取り組むための時間に当てるというものです。
また、「Work ADvance」という制度では、年間で最長1ヶ月、沖縄オフィスで環境を変えて働けるというものです。どちらも新しいサービスを生み出すことを目的にしています。

沖田
おもしろい制度ですね。他にも何かありますか。

社長
マウスとキーボードは好きなものを買えるようにしたり、PCは最新のモデルを常に使用できるようにしています。さらに、「サポート11」という制度では、年間11万円まで、書籍やPC関連のスキルアップに繋がる物品を購入することもできます。
他にも、会社が外部の研修に参加する費用を負担したり、今現在、10個くらいの制度があります。

沖田
ものすごく充実していらっしゃいますね!

社長
可能な限り、新たな挑戦や開発の妨げになるような環境は排除したいと思っています。
制度があっても上手く社内に浸透していなかったり、実践しているところは少ないと思いますが、弊社では必ず実行に落とすように心がけています。そうしないと、作っている意味もないですし、会社と社員との信頼関係がなくなってしまいますからね。

オフィス環境だけでなく、制度面でも常に社員が最高のパフォーマンスを発揮できる環境を目指していますので、今後も積極的に新しい制度を作りたいですね。

会社のあり方

社長
弊社では、弊社のビジョンや理念に共感してくれる人を採用しています。ミスマッチングが生じると、お互いにとって不幸な結果になってしまうので、採用にはすごく時間を掛けますね。全員ではありませんが、選考中にはお酒を飲みながらじっくり話し合う機会も設けています。

やはり、採用された社員と会社の両方が幸せになる関係性が正しい姿だと考えているので、そのために掛ける時間は全く惜しみません。

沖田
上手くマッチングする方を見つけるのは、なかなか大変なことですよね。

社長
そうですね。それにプラスして、常に会社の理念を共有するようにしています。

沖田
そうなんですか。どのように共有されているのでしょうか。

社長
明文化、常に口に出すことにより徐々に社内に浸透させました。同じ目標を持つ仲間が増えたことによって、いちいち管理するというようなコミュニケーションはかなり少なくなっているのではないかと思います。

潜在能力を慣習に囚われて発揮しない人がいるのは、もったいないことだと思います。最大限にその力を発揮するための会社を作っていきたいと思っています。

沖田
菊池社長が考える理想の会社とは、どのようなものなのでしょうか。

社長
自分のやりたいことをやりながら、それが全て会社の成果にもきちんとつながっているような仕事のできる会社ですね。そのために、採用の段階から本当に会社に合っている人なのかどうかを極力確認しています。自分と会社、会社とクライアント、クライアントとユーザーの全てにプラスになる仕事をしていきたいです。ステークホルダーみんなが心から価値を感じるサービスを開発し提供すること。それが、シーエー・アドバンスという会社の理想ですね。

株式会社シーエー・アドバンス

沖田
代表に就任されてからのやりがいをお聞かせいただけますでしょうか。

社長
会社はみんなが同じ方向を向いて全力を出す場だと思っています。そこでの私の一番の楽しみは、私を含めた全員の成長です。同じ方向を向けるような環境を用意し、実際の行動を評価できるようにする。それにより、社員自身が成長したり会社が理想に向かって前進していく姿を見ると、とてもやりがいを感じます。

沖田
ありがとうございます。それでは、プライベートのお話になりますが、菊池社長は休日どのようにお過ごしなのでしょうか。

社長
土日は休むようにしていて、大抵は妻と子供と過ごしています。まだ小さいので近所の公園に行くくらいですが、先週は家族で新宿御苑に遊びに行きました。

沖田
いいですね!それでは、最後に私個人に向けて社会人生活へのアドバイスを頂けますでしょうか。

社長
今の自分の仕事が会社のためか、自分のためなのか、それぞれの割合が何対何かを考えるようにしてほしいと思います。
全て会社のために働いていたら10対0になってしまい、近いうちにバランスが崩れます。全く自分のためになっていない仕事ならばその時間がもったいないので、そうはならないように積極的に会社に働きかけるようにしてほしいですね。

沖田
そうですね。

社長
そして、自らをマネジメントしていくことも重要です。弊社では、マネージャーを大事にしています。アドバンス、技術、マネジメント、この3つを大事にすることで私たちは大きく成長してきました。マネージャーが強ければ、会社はレベルアップしていくのではないかと思います。

沖田
どうもありがとうございました。

“建物情報”

JR山手線埼京線湘南新宿ライン・東京メトロ銀座線半蔵門線副都心線東急東横線田園都市線京王井の頭線渋谷駅」徒歩4分。時代の最先端を走り続ける「渋谷」のオフィス。流行の発信地「渋谷マークシティ」、国際交流のステージ「セルリアンタワー」。
これらのランドマークを含む国道246沿いのビジネスエリアに株式会社シーエー・アドバンスの入居する「渋谷センタープレイス」は位置しています。
竣工:1983年1月
基準階面積:187.07坪
渋谷マークシティの最寄りの出口を利用すれば、雨の日や夏日にも快適にアクセスできます。駅周辺や道玄坂に集まる飲食店、さらにはこの街ならではの多彩なエンターテイメント空間が充実したオフタイムを過ごせます。
貸室内は3面採光の明るい貸室内で全フロアにフレキシブルな個別空調を完備しており、2011年2月にグレード感漂う洗練されたデザインに共用部をリニューアルしている建物です。

渋谷・原宿・神宮前エリアのオフィス情報
提供:東京オフィス検索

4)まとめ

カフェスペースにパウダールームなど、長時間オフィスで過ごす社員の事を考えたオフィス環境には菊池社長の想いがたくさん詰まっていました!オフィス以外にも、文化や制度面にも働きやすい環境作りへの想いが浸透していて、教わる部分がたくさんありました。
菊池社長を筆頭に、若い社員が働くシーエー・アドバンスさん。今後、どんな新しいサービスを生み出してしていくのか、今後の展開がとっても楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*