仕事にやりがいと楽しみを!Motionを作り出すアクティブオフィス-スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社【オフィスWatch100】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神谷町駅を降り、多くのビジネスマンが行き交うにぎやかなオフィス街にオフィスを構えるのは、ITとアドミニストレーティブサポートに特化した人材派遣・人材紹介サービスを提供するスキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社。今回は、代表取締役社長のマーク・スミス氏にお話を伺う事ができた。

1)仕事にやりがいと楽しみを!Motionを作り出すアクティブオフィス
①Passion = Red
②Skillhouseロゴ
③虎ノ門
2)社長インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)仕事にやりがいと楽しみを!Motionを作り出すアクティブオフィス

(取材日 2008年6月16日)

スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社
《事業内容》 IT関連及びアドミニストレーティブサポート分野に特化した、専門性の高い人材サービスの提供。
《サイトURL》 http://www.skillhouse.co.jp/

①Passion = Red

燃えたぎるような赤いイスに、電飾で光り輝きやわらかみを帯びた赤い壁。スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズの社内は、様々な赤で溢れている。社内に飾られている花、さらにはホワイトボードも赤で揃えられている。

ここまで赤にこだわるのは、エネルギッシュな環境づくりを重視しているから。ITに特化した人材紹介を行うスキルハウスでは、人と人との関わり合いによる人材育成を重視している。人と人との触れ合いからエネルギーが生まれ、情熱に溢れる環境が作られる。パワー溢れるダイナミックな環境こそが、人を動かす何よりのモチベーションとなるという考えから赤を多用しているのだ。

社内の絨毯や机といったインテリアには深みを出す黒を使用していて、社内の赤が際立っていました。さらに、販促用のグッズとして頂いたグッズの多くも赤、赤、赤!あまりの赤の多さに、テンションがあがってしまいました。

②Skillhouseロゴ

テレビ番組のスタジオのようなエントランスで私たちを出迎えてくれたのは、躍動感に満ち溢れるスキルハウスの会社ロゴ。両手を広げ、足を一歩前へ踏み出そうとしている人のような印象を受ける。

人の形のような会社ロゴを作り出したのは、スキルハウスでは何よりも人を大事に考えているから。人と人とのコミュニケーションで生まれたエネルギーが会社を動かす。社会を作るのは、何よりも人だということを、会社ロゴで表しているのだ。

Skillhouseの「S」と「H」を組み合わせて、ラフに崩した会社ロゴが大のお気に入りというスミス社長。ロゴを生かして、マグカップやうちわなどさまざまな販促グッズをつくっているあたりに、社長の会社ロゴへの熱い想いを感じるができますね。

③虎ノ門

愛宕神社をはじめ、オフィス街の中の諸所に歴史的な風景が残る虎ノ門。各国大使館や、多くの外資系企業が集まり、現在は国際的な行政・金融ビジネスの拠点となっている。現在、クライアントの7割が外資系多国籍企業、3割が日系多国籍企業というスキルハウスにとって、虎ノ門は絶好のビジネスの土壌が整っているのだ。

スミス社長が虎ノ門を選んだもう一つの理由は、虎ノ門駅の他、神谷町駅、霞ヶ関や御成門駅など4つの駅が利用でき、アクセスが良好であるため。千葉県、神奈川県、埼玉県など多方面から来るエンジニアの方にとって、来社してもらいやすい場所を選んだのだ。

たくさんのスタッフに来てもらいながら、クライアントも増やせる最高の立地。スーツをビシッと決めたスミス社長のイメージにぴったりです♪

 取材スタッフの注目ポイント 
ストレスボール
自社ロゴ入りの真っ赤なストレスボールを販促グッズとして頂きました!ぎゅっと握りしめてストレスを発散するためのボールですが、ハート型のかわいらしいデザインに仕上がっているので、これを握りしめるのはちょっと心苦しいです(笑)。
赤いホワイトボード
会議室の中で一際目を引いたのが、赤いホワイトボード!もはや“ホワイト”ではありません。「本当はもっと濃い赤が良かったんです。ピンクっぽいですよね。」と社長。社長のこだわりで、赤のガラスを探し回ったのだそうです!
壁の社訓
執務スペースの壁には手書き風の社訓が!自ら考え、自ら動くという内容はまさにスキルハウスのポリシーそのもの。目につくところにあると自然と気が引き締まりますよね。
黒い家具
「コーポレートカラーの赤を際立たせるために、社内の家具には黒を用いています」とスミス社長。一見普通の既製品のようですが、特注で黒に塗ったんだそうです!欲しいものがないときは作る、というのが社長のポリシーなのですね。

社長インタビュー

神谷町駅を降り、多くのビジネスマンが行き交うにぎやかなオフィス街にオフィスを構えるのは、ITとアドミニストレーティブサポートに特化した人材派遣・人材紹介サービスを提供するスキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社。今回は、代表取締役社長のマーク・スミス氏にお話を伺う事ができた。

「ハイテック・ハイタッチ」

金子
御社には外国人のスタッフがたくさんいらっしゃいますね!

社長
はい、私たちは外資系多国籍企業への人材派遣を積極的に行っていますので、外国人スタッフが多いんですよ。社内では基本的に英語でコミュニケーションしていますし、人によって日本語と英語と自由に使い分けています。

芳賀
英語が飛び交うオフィスなんですね!外資系多国籍企業の中でも、特に力を入れられてる業界はございますか。

社長
中でも、ITプロフェッショナルの派遣・紹介に特化しています。私たちスキルハウスは、ITスタッフィングのエキスパートです。業界の需要や市場の変遷などありとあらゆることをリサーチし、常に新しい情報を蓄積しています。それらの情報をもとに登録に訪れた人たちへもっとも的確な職場を紹介することができるのです。

芳賀
なるほど。でも何故ITなのでしょうか?

社長
私自身、来日した際に人材の業界で勤務しておりました。当時の経験を生かして、これからますます伸び行く人材業界において事業展開しようと考えました。そこで幅広い分野で人材紹介を行うよりは、ある特定の分野に特化したほうが、専門制の高いスタッフが求められるのではないかと思いました。そこでノウハウがあるIT分野に特化した人材事業を立ち上げることを決めたのです。

私たちは紹介先へよりよい人を紹介すること、また、派遣するスタッフの技術を向上させることに力を入れています。これは弊社では「ハイテック、ハイタッチ」と呼んでいます。

金子
「ハイテック、ハイタッチ」ですか。

社長
企業へ高い技術を持つ人材を派遣・紹介することを保障する「ハイテック」、そして資格支援制度として研修を実施したり、給与明細を手渡しで渡すなど、派遣者の技術向上や生活をトータルでサポートする「ハイタッチ」です。私たちは紹介先、派遣者とスキルハウスと関わった人たち双方に満足を提供したいのです。

金子
専門性があるだけにニーズが高そうですね。では、この業界で事業を展開していてどのようなときにやりがいを感じられましたか?

社長
私たちの行う「人材紹介・派遣業」とは、人の就職先を決定し、その人の今後の人生やライフスタイルまで関わってくるとても重要な仕事だと感じています。その分、派遣者が、紹介先の企業で大きな仕事をやり遂げた、とか給料が上がった、という話を聞くとこちらまで幸せな気持ちになりますね。

需要と供給のバランスを素早く察知し対応しなくてはならないなどの大変さもありますが、派遣者・紹介先企業など私たちと関わった人全ての人の幸せのために、これからも満足を提供し続けたいと思います。

カンパニーカルチャー

芳賀
エントランスの壁の「歩く人」の絵が気になりました。

社長
社内に人が歩いている絵を飾っています。スキルハウスは、高い技術を持った人材を常に紹介し続ける「動く」集団です。前へ進み続けるという会社の理念を、「歩く人」で表現しました。

金子
「動く」集団ですか?

社長
当社では、カンパニーカルチャーとして”motion in motion”を掲げています。”motion in motion”とは常に動き続ける会社は、動く社員によって作られるという意味が込められています。いつも何か動いているように、5つのテーマを設けました。5つのテーマというのは、インディペンデント(独立性)、サポーティブ(協力的)、ダイナミック(雄大さ)、フレキシブル(柔軟性)、チームフォーカス(まとまり)、そしてプレッシャー(緊迫感)です。それぞれ会社が動くために私が必要だと考えるものです。このようなテーマを設けることによって一人ひとりが自発的に動き、エナジーが生まれます。そうすると会社全体が活発になり、結果として会社が動くのです。

芳賀
「動き」を生み出すために取り組まれていることはございますか?

社長
ジョギングなどの運動をするのなら、昼休みを30分延長して1時間半休憩してもいいと社員には言っています。机の前に座っているだけではなく体を動かし、会社のmotionへとつなげてほしいからです。

また年に2回、クライアントを招いてのワインテイスティング会を実施しています。ワインを通じて様々な話で盛り上がり、社内の社員同士だけではなく、社外の方とも交流を深めています。社内外問わず、様々な交流関係を築いていくことで動きが生まれると考えています。

金子
楽しそうですね!今後、人材の分野はどのようになっていくとお考えでしょうか?

社長
現在、人材派遣のマーケットは増加傾向にありますが、日本の労働人口は減っています。インドネシアから日本へ多くの看護婦が派遣され、日本語を教育して日本で活躍してもらう計画まであるほどです。今後どこへ人材を派遣する事になるかわからないので、業界の変化に対応していくためにも「自由に動き回る」のが重要なのです。

スキルハウスのオフィス

社長
弊社の会議室は、それぞれディズニーキャラクターをイメージしています。

芳賀
え!ディズニーキャラクターですか。

社長
はい。ただキャラクターの絵を飾ると子どもっぽくなってしまうと思ったので、抽象的な曲線だけのロゴで表示し、部屋を見ればイマジネーションでキャラクターを感じ取れるようにしました。

一番大きな部屋はライオンキングの『シンバ』で、部屋に目と鼻があります。また、窓が無く少し薄暗い部屋は、面白いキャラクターの『グーフィー』にしました。この部屋は他の部屋にはある窓が無く薄暗いので、社員から「グーフィーで打ち合わせしましょう」と提案されると、何か問題事でもあるのかなと思ってしまいます(笑)。

金子
おもしろいですね!どうしてディズニーキャラクターにされたのでしょうか。

社長
エントランスには情熱的な赤を用いたので、会議室は逆に社員がリラックスできて、想像力を発揮できるような雰囲気にしたかったのです。オフィスの内装を企画した当時、息子が大好きだったディズニーキャラクターを見て、全世界の人々に長く愛され続けているディズニーのような企業に成長できるようにという想いを込めて選びました。息子は今、ポケモンが好きですけどね(笑)。

金子
息子さんの趣味は変わってしまったのですね(笑)。他に、オフィスの中で工夫した点を教えていただけますか。

社長
執務スペースにはテレビやステレオを置き、常にBGMが流れている状態にしています。しんとした執務スペースで発言すると他の社員の邪魔になるのではないかと感じて、社員が発言しにくい環境になってしまいます。適度に音楽や騒音があるほうが、コミュニケーションが取りやすく、集中しやすいのです。

芳賀
私も、多少音のある環境の方が集中できます。今後こんなオフィスにしたいという構想はございますか。

社長
執務スペースは証券会社のトレーディングルームや、ニューヨーク証券取引所のような、アクティブで活気にあふれている環境をイメージしました。今後ももっと多くのテレビのモニター画面を並べたいと思っています。今は予算の関係で一台ですが、社内のあちこちで情報を取得できるようにしたいのです。

芳賀
設置するのが楽しみですね。執務スペースの壁に、英語で社訓のような言葉が書かれていましたが、あちらは何なのでしょうか。

社長
“No one can guarantee you a job other than satisfied clients, working staff and candidates.”つまり「満足したクライアント、派遣スタッフ、登録者以外に誰も君の仕事を保証できない」という意味です。弊社にとってお客様は三方向にいますが、彼ら全員を満足させてこそ、われわれの仕事があると思っています。日々の業務に追われて、基本を忘れてしまわないように壁に書いてしまいました。

金子
社訓を見ながら仕事をすると、気が引き締まりそうです!

社長
そうですね。仕事をしている時は、絶対に静止していてはいけません。常に社員が動き、エナジーや情熱が感じられるオフィスでこそ、企業活動が活性化すると考えています。なので、執務スペースではエネルギッシュになれるオフィス環境にしたのです。

ただ常に赤い情熱だらけでは気が休まりませんので、会議室ではリラックスをして会話を弾ませられるようにしました。オフィスは一生のうちでとても長くいる場所なので、社員が快適に過ごせるようにこれからも改良していきたいです。

スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社

金子
社長が日本にいらっしゃったきっかけをお教えいただけますか。

社長
はい。私は大学卒業後、ニューヨークにあるIT会社に入社しました。その会社が日本でオフィスを立ち上げるというので、15年前に初めて日本に来たのがきっかけです。

最初の一年目は何も分からない状態で、少ない予算の中でとにかく働きました。

芳賀
日本へ来て挑戦の日々が続いたのですね。

社長
そうですね。また常に新しいことをやり続ける毎日の中で、自分がやりたいこと・やるべきことがだんだん見えてきたんです。

日本に来るきっかけとなった会社を辞め、別の会社の立ち上げにも携わりましたが、やはりもっと人と関わりたいと思い、今まで培ってきたIT・人材のノウハウを生かしてスキルハウスを設立しました。


起業してから、どのような時にやりがいを感じますでしょうか。

社長
社員の給料が上がっていき、成功しているのを見るのが嬉しいですね。やはり生活の糧になる人生のうちで重要な「仕事」を提供するお手伝いできている喜びがあります。また人生の中で大事な局面に携わっているのが嬉しいです。

金子
では、日本に来て一番苦労されたことはありますか。

社長
やはり日本語でコミュニケーションを取る事ですね。来日したばかりの頃、すごい腹痛に襲われたのに、薬屋で欲しい薬を説明できず大変だった思い出があります(笑)。

来る前は、馬に乗って着物を着た侍がいる国だと思い込んでいましたが、ビジネスをするにはすごくいい環境ですし、人も好きです。日本の文化が素敵だと思います。アメリカの実家に帰っても、すぐに日本に帰りたいと思うくらい、日本は私のふるさとなんです。

芳賀
もうすっかり日本人ですね!休日はどのように過ごされているのですか。

社長
スポーツをすることが大好きなので、休みの日はテニスやスキーなどのスポーツをしていますね。昔はチームを作ってソフトボールをしていましたが、今はゴルフにはまっています。勝つことがいい刺激になるので、常に競争心を持ち続けようと思います。

金子
社長のお気に入りのお仕事道具を見せて頂けますか。

社長
道具ではないですが、身だしなみには気を遣いますね。特にスーツにはこだわっています。見栄えを良くしないと人からの信頼を得ることができないので、結果としてビジネスを成功させることはできないと思います。スーツのほかに、ネクタイ、カフスなどの細部にこだわって、見栄えの良さのほかに自分らしさもアピールしています。

芳賀
おしゃれですね!では、社長の今後の夢をお聞かせ頂けますでしょうか。

社長
働いている人たちには、日本はもとより、世界中で活躍する人間になってほしいですね。今後は様々な国で支社を設立するのが夢です。自分の生まれ育った国を離れて働くというのは、とても大変なことです。しかし、その大変さを乗り越えてこそ見えてくるビジョンがあると思います。そのために、私は社員がそれぞれの夢を叶えられる場所を提供し続けていきたいですね。

金子
本日は大変貴重なお話をありがとうございました。

芳賀
ありがとうございました。

3)周辺情報

「スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社」マーク スミス社長のお気に入りの街、虎ノ門。日本の行政のメインエリアであり、歴史あるビジネス街として知られる港区虎ノ門。そのステータス性の高さは、今もなお多くの企業の憧れであり、オフィス街としての活気に溢れる街です。

この地の大きな特徴の一つとして、交通アクセスの良さが挙げられます。JR「新橋駅」、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」、東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線「霞が関駅」、都営三田線「内幸町駅」、東京メトロ日比谷線「神谷町駅」、東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」。主要路線をほぼ網羅する複数駅に、徒歩圏内でアクセスが可能な立地に位置しています。また、東に向った新橋側は、飲食店などが多く栄える繁華街にもなっており、オフィス環境としてバランスの取れている立地と言えます。

今回は、虎ノ門に位置するオフィスビルをピックアップして紹介します。

 

東京メトロ日比谷線「虎ノ門駅 」徒歩5分、東京メトロ日比谷線「神谷町駅 」徒歩5分。桜田通りに面する地上9階建てのオフィスビルが、スキルハウス・スタッフィング・ソリューションズ株式会社の入居する巴町アネックス2号館です。
竣工:1988年3月、基準階面積:57坪
レンガ調の重厚感溢れる外観が特徴的な巴町アネックス2号館。老朽化の進むビルが少なくないこの界隈において、管理が行き届いており、見栄えにも優れたオフィスビルです。また、虎ノ門界隈のオフィスビル群を形成する森ビル所有の物件のひとつで、周辺との統一感があるのも特徴と言えるでしょう。

JTビル

虎ノ門駅から徒歩4分、外堀通りに面する立地に位置する「JTビル」。
その名の通り日本たばこ産業が本社を構える「JTビル」は、1995年3月に竣工した、地上35階・高さ約170mの超高層オフィスビルです。
先進的なイメージのシルバーメタリックの外観と、傘のような頂部が特徴となっており、ちなみに屋上はヘリポートになっています。足元には、プラザとアトリウムから構成されるパブリックスペースが設けられており、周辺地域との視覚的な連続性を意識した設計となっています。アトリウムには、マルタ・パンによるオブジェが浮かび上がっており、安らぎを感じさせてくれる空間となっています。また2階にはJTアートホール「アフィニス」が設けられており、日々コンサートや文化イベントが催されています。

 所在地港区虎ノ門2-2-1
 交通東京メトロ銀座線虎ノ門駅」徒歩4分、東京メトロ銀座線南北線溜池山王駅」徒歩5分、 東京メトロ日比谷線千代田線丸の内線霞ヶ関駅」徒歩7分
構造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
 規模地上35階、地下3階
高さ169.7m
竣工1995年3月
基準階面積 288.27坪
 駐車場設備183台

新日鉱ビル

東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」から徒歩6分、ホテルオークラ東京やアメリカ大使館に近接する立地に位置する「新日鉱ビル」。
地上20階建て・高さ約80mのツインタワーである「新日鉱ビル」は、1988年11月に竣工されました。二つのウイングを結ぶ地上80mのガラスのアトリウムが特徴の一つとなっており、中央には多田美波による彫刻「極光」が吊り下げられています。螺旋を描くチタニウムがオーロラのような色彩を放っており、ダイナミズムを感じさせてくれる巨大な空間となっています。また、オープンスペースは、隣接するホテルオークラ東京からの景観を配慮したものとなっており、周辺環境との一体感を感じさせてくれる造りとなっています。

所在地港区虎ノ門2-10-1
 交通東京メトロ銀座線南北線溜池山王駅」徒歩5分、東京メトロ銀座線虎ノ門駅」徒歩6分、 東京メトロ日比谷線神谷町駅」徒歩7分
構造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
規模 地上20階、地下2階
 高さ 80.05m
 竣工1988年11月
 基準階面積293.25坪
 駐車場設備213台

4)まとめ

記念すべきオフィスWatch第100回目にご登場頂いたのは、外国人社長としては2回目の登場となるスキルハウス・スタッフィング・ソリューションズのスミス社長。スーツを自分らしく、かっこよく着こなしている姿が印象的でした。

日本に住んでいる期間はとても長くて、港区に住んで10年以上だとか!今度は港区のおいしいお店を是非教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*