ハッピーになるファッションを!不思議の国のラビリンスのようなオフィス-株式会社マナマナ【オフィスWatch097】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

港区南青山、都内でも有数のおしゃれな一画に62坪のオフィスと数々のファッションアイテムを取り揃えた8つの店舗を構えるのは、撮影用ファッションのレンタルを主軸に、インターネット通信販売に特化したセレクトショップを運営する株式会社マナマナ。今回は、代表取締役の塩谷純子氏にお話をお伺いする事ができた。

1)ハッピーになるファッションを!不思議の国のラビリンスのようなオフィス
①迷路のような小道
②オアシステーブル
③アリスの部屋
2)社長インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)ハッピーになるファッションを!不思議の国のラビリンスのようなオフィス

(取材日 2008年05月20日)

株式会社マナマナ
《事業内容》メディア向けファッションレンタル事業、一般向けドレスレンタル事業、CM等の撮影スタイリング事業 海外2拠点
《サイトURL》マナマナグローバルサイト http://mahnaglobal.com/
株式会社マナマナ http://www.mahna.co.jp/
マナマナプラス https://mahnaplus.com/

①迷路のような小道

エントランスに立つと黒と木材を基調とした、ゆるやかにカーブした小道が現れる。黒い空間に等間隔に並べられたムクの木が浮かび上がり、非現実的な雰囲気を醸し出す。スポットライトに照らされた小道の先には、何があるのだろう!?と想像力をかきたてるマナマナのエントランスだ。

独自のファッションセンスで飛躍し続けるマナマナ。そのファッションに共感した多くのスタイリストが足しげく通う。初めて来たお客様にも一目でファッション業界の会社である事、そしてファッションに誇りを持って取り組んでいる事を分かっていただくため、迷路のようなインパクトあるエントランスにしたのだ。

「お客様には、マナマナとの仕事は楽しいと思っていただきたいのです」と塩谷社長。そんな気持ちを込めて、お客様のセンスを刺激する楽しい仕掛けを作ったのですね!

②オアシステーブル

執務スペースの中央に、丸い緑のじゅうたんが敷かれ、まるで芝生のよう!緑の上に置かれた長いテーブルは、透き通ったきれいな水色。そこには白い波線模様があり、さざ波の立っている湖のよう。ここが、社員が集まれるマナマナの会議室なのだ。

マナマナの社員は、デザイナー、編集者やバイヤーなど専門性の高い職種に分かれている。「全く異なる業務をしながらもお互い何をしているかを把握し、連携が取れてこそ、お客様に良い物が届けられる」と考える塩谷社長。そんな想いの込められた会議室は、社員全員が水分を補給しに集まり、それぞれの生活に戻るというジャングルの動物達のオアシスをイメージしたという。

専門的なスキルを持った個性豊かな社員さん。彼らが集まって議論すれば、次はどんな企画が生まれるのでしょうか!

③アリスの部屋

オープンな社風のマナマナに、一つだけ閉ざされた個室がある。部屋の壁は赤と白で統一され、床にはトランプのダイア柄のカーペットが不思議な空間を演出している。洋館を連想させるガラスのシャンデリアが照らし出すのは、社員の間でも人気の、通称『アリスの部屋』だ。

「社員とゆっくり話す空間が欲しかったのです。」と、社員と話をする事が成長できる種だと考える塩谷社長。社員がどんな目標を持っていて、どんな趣味を持っているのか、仕事では見せない面を知る事で、新しい企画が生まれる事もあるそう。

今後はこの部屋に絵などを飾り、さらに塩谷さんセンスで不思議の国アリス風に仕上げていく予定だそうです!どんなお部屋になるのか、楽しみです♪

 取材スタッフの注目ポイント 
生け花
オフィスの片隅に生け花を発見!「お花は癒し効果抜群だから。」と社長。マナマナにとってお花は必須だそうです。塩谷社長自ら、私たちの目の前で花を生けてくれました。
バングル
今年一押しのアイテムという、バングルを店内で大量に発見!カラフルかつ様々な大きさのバングルが目を引き、私のテンションもアップ♪これを腕に付けてお出かけしてみたいです!
カラフル水着
水着がズラリと大量に並べられている光景にびっくり!カラー別に並べているので、色のグラデーションができるほどたくさん!「水着のレンタルは意外に需要があるんですよ。コンビニの雑誌コーナーに行って納得しました(笑)。」と塩谷社長。
塩谷社長のファッション
さすがファッション会社の社長だけあって、お洋服もとてもおしゃれ。リバティンというロンドンのブランドで社長のお気に入りだそうです。今回の取材でアドバイスをいただいたので、社長を見習って自分らしいファッションを探してみたいと思います!

社長インタビュー

港区南青山、都内でも有数のおしゃれな一画に62坪のオフィスと数々のファッションアイテムを取り揃えた8つの店舗を構えるのは、撮影用ファッションのレンタルを主軸に、インターネット通信販売に特化したセレクトショップを運営する株式会社マナマナ。今回は、代表取締役の塩谷純子氏にお話をお伺いする事ができた。

お店はラボラトリー

金子
どうしてレンタルのお店を展開されたのでしょうか。

社長
はい、私はもともとスタイリストをしていたのですが、当時はレンタル用のメンズファッションが少なく、大変でした。撮影される男性の芸能人やスポーツ選手は一般の方より体が大きいので、探してもなかなかぴったりくるのが無く、探してくるのに大変苦労しました。そこで、スタイリストとして顧客目線で「こんなお店があったら助かるな。」とメンズファッションを取り扱うレンタルショップを始めました。

芳賀
それぞれのお店の名前が素敵ですね!それぞれどのような由来で付けられたのでしょうか。

社長
ありがとうございます。メンズのお店の“in the groove”という名前は店長が名付けました。この店名は直訳すると「溝」のことで、DJの世界では「レコード盤の溝」という意味があるそうです。ミュージシャンの方も多くご利用いただいているので、クラブシーンを想像させるこの店名に決めたのです。

水着・ランジェリーを扱う店は悩みに悩んで、“gold”にしました。グラビアの世界は、ネガティブなイメージだとつまらなくなるので、元気でキラキラしているイメージにしたのです。また“style”という名前のお店には、CM商品のターゲット層によって様々なスタイルに対応できるような商品を取り揃えています。例えばOLやアナウンサー風など、同じOLでも1・2年目のOLと5年目OLとではスタイルが微妙に違うんですよ。

グラビアの世界は携わった事が無く分からない世界でしたが、ランジェリー・水着を店舗の一角に置き始めてみたら、需要がすごく多かったので今は一つの店舗として独立させました。

金子
一つの店舗として独立させるとはどういう事でしょうか。

社長
すべての商材に対して、坪単価から坪効率などの詳細データを割り出して、どの商材をどこに配置するかを決めます。その中で頻繁に貸し出しがある商材であれば、一つの専門店として独立させていくのです。例えば、アクセサリー部門の面積は現在1坪しかありませんが、順調に伸びているので専門店を一つ作れるくらいの利益が出ています。そうやってランジェリー・水着部門も店舗へ育ってきましたから、店舗の運営自体がラボラトリーなのです。

芳賀
なるほど!店舗の現場で、次の事業企画が生まれるわけですね!

社長
また弊社ではそれぞれの店長が利益の考え方を熟知できるよう指導をし、店舗別に会計をしています。店長には買い付けから品出し、スタッフの教育まで全部任せています。中でも、インポート中心で希少価値の高いものを置いている“mahna mahna”には、一番希少性が高くもっともトレンディーなものを集約しているので、大きな媒体に露出することが大変多く、旬なタレントさんに着用していただけるので大変誇りに思っています。

こうして商材を育てながら、次はどんな店舗にしようかなと考え続けているので、私にとって店舗は世の中にファッションを発信するための実験室なのです。

金子
次に店舗から発信される新たなファッションを楽しみにしています!

スタイリストを育てる

芳賀
店舗を見せていただいたのですが、これほどたくさんの服が並べられている場所は見た事がありませんでした!

社長
レンタル業としては、古い商材も時代考証などのニーズがあったり、やはり希少性が高い物が多いので、ストックがどんどんたまってボリュームが増える一方です。

しかし、商材の量だけではなく、店舗での商品の並べ方をすっきりときれいに見せるように工夫する事と、買い付ける服のセンスにも注力しています。

金子
センスですか!社員さんは、ファッションセンスを求められると思うのですが、何かセンスを磨くためにされている事はありますか。

社長
良かった映画や絵画展、写真集などをブログに書き綴って、私の感性を発信し続けています。また、『アリスの部屋』の本棚には、私が海外で見つけた本を置いて自由に閲覧できるようにしています。

ファッションは単なる消耗品ではなく、服一つに色々な歴史的背景が詰まっているのです。染色技術や糸、機織りの技術の進歩、さらには歴代ミュージシャンや時代に影響力が大きかった人物のファッションなど、色々な要素が絡み合って今のスタイルに発達してきたのです。服飾に限らず、音楽や絵画など文化全般に触れる事でセンスを磨いてほしいですね。

芳賀
ファッションは奥が深いのですね。

社長
スタイリストは、芸能人だけでなく文化人など、様々な立場の人をスタイリングします。例えば、建築家のスタイリングの際に、建築家の特徴や仕事内容を知らなければ何を着せればいいか分からないと思うのです。人間観察や洞察力、情報収集など、センスは努力で蓄積できる部分もあるのです。

芳賀
努力でもセンスを磨けるんですね!

社長
そうやって私達自身がお客様の必要としているセンスを磨いて、服のレンタルという面から「スタイリストさんを育てるぞ」というくらいの気概を持って、買い付けから接客までサービスの提供を行うべきだと思っているのです。

金子
スタイリストを「育てる」ですか?

社長
はい。マナマナの衣装を使っていただいている、ある有名なスタイリストさんはマナマナでレンタルしていただいた衣装で撮影した写真が、フランスで評価を得、世界中の街にポスターが貼られたのです。その写真をきっかけに活躍の場を広げられていますね。

良い商品を提供し、お客様が今より幸せになっていただければ、冥利に尽きます。マナマナの服を着て出かけたら、素敵な出会いがあったとか、その人の幸せの瞬間にマナマナの服があればいいなと思います。

芳賀
それはうれしいですね!

社長
私たち「マナマナ」は、お客様であるスタイリストさんによって支えられてここまできました。次世代へずっと会社を続けていくためにも、マナマナと一緒に仕事をすると楽しいと思っていただけるようにしたいですね。スタイリストの方も、また販売でお付き合いさせていただいているお客様も、私達も頑張るので一緒にお洒落したり人生を楽しみましょうといった、よい関係性が持続できれば良いですね。

ENJOY★ファッション

芳賀
本日の塩谷社長のファッションポイントを教えていただけますか!

社長
これはロンドンのデザイナーのお気に入りのジャケットです。ビンテージ物をパンキッシュに加工しているアーティスティックなものです。たまに褒められる足の部分が見えるようにスカートにしました。

金子
チャームポイントを見せるといいのですね!大変恐縮ですが、私どもにファッションの選び方をアドバイスしていただけないでしょうか。

社長
そうですね。流行や雑誌の情報に惑わされないで、本当に自分に似合う服を選んでほしいと思います。日本には、横並びの発想、つまり出る杭は打たれるという文化があるからか、周りと同じ服を着る傾向があり、それ故ファッション雑誌が非常に多い国です。20代女性でも22~24歳向け、26~28歳向けと年齢別に雑誌が発行され、雑誌に掲載されたままの服を選びがちです。そのため多くの女性が本当に自分に似合う服や髪形、化粧品を選べなくなっていると思います。

芳賀
そうですね。どうすれば自分の似合う服が分かるのでしょうか。

社長
「自分にとって何が幸せなんだろう」と考え続ける事だと思います。「何をすれば楽しいのか」を真剣に考えて、ライフスタイルができてくればファッションへと落とし込んでいけばいいと思います。例えば、仕事をしている若い女の子だとしたら、仕事中は嫌でも皆と同じ黒スーツを着るけれど、オフタイムにはジーパンに凝ってみたり、こだわりの靴を一足だけ持ってみたり、自分らしいファッションを遊んでほしいですね。

金子
自分らしいライフスタイルに、自分らしいファッションですね!

社長
ただ、個性的なファッションをしているとモテないんですよね(笑)。雑誌で掲載されている世の中の主流はモテ系ですから。しかし無理してモテ系ファッションを着て彼氏と付き合い始めても、ちょっと個性的な部分が出てきたら「ちょっと思っていた性格と違う」と去ってしまうかもしれません。自分に素直になって自分らしくいないと、そこにはハッピーは降りてこないと思うので、男性にはモテ系ファッション以外へもキャパシティーを広げていただかなくてはいけませんね(笑)。

芳賀
ハッピーライフのためにも自分らしいファッションでいたいですね!

社長
こういったマナマナのスピリッツを曲げないで運営していき、少数派でもちゃんと理解してくれるコアなファンを増やしていきたいです。少し世の中の主流とは外れていても、大量生産ですぐにボロボロになる服を売るのは嫌なので、志を高く持ってやっていこうとしています。

株式会社マナマナ

芳賀
起業されたきっかけは、何だったのでしょうか。

社長
子どもができたのが、きっかけでした。私はスタイリストをしていたのですが、子どもを育てながら仕事を続けるのに不安を感じていました。自分に会社という組織があれば、働きながら子育てができると思ったのです。起業したいと思っていたわけではなく、スタイリスト目線でこんな店があればいいなと思って始めたのです。

金子
起業されてからやりがいを感じるのは、どのような時なのでしょうか。

社長
マナマナの洋服が多くのメディアで使用されているので「あれも、あれもうちのだ!」と嬉しくなります。私自身より買い付けているスタッフ本人が一番嬉しいと思います。

そして、初めての決算時に利益が出て当然納税するわけですが、すごく素敵なことに感じました。一生懸命に経済活動をすれば、社員が増えて雇用機会も増やせるし、間接的に社会貢献ができるんだと思うと「もっと頑張ろう」と思いました。納めた税金をどこに使うか指定できたらもっと面白いんですけどね。

芳賀
それは嬉しいですね!では、塩谷社長のお仕事のポリシーを教えていただけますでしょうか。

社長
私たちの仕事は、作り手とそれを使って下さるお客様との橋渡しの役目を担って経済活動をしています。その両方の方々が、共に幸福感を味わえるようなお手伝いをさせて頂きたいのです。その為に何をすべきか、それを日々一生懸命考えて仕事しています。

金子
新規事業の企画は、どのように生み出してくのでしょうか。

社長
常に新店舗の具体的アイデアが3つぐらいあります。新規の事業に対してはアイデアがおおよそ固まってきたらリサーチをはじめ、リサーチの為の海外出張や視察を繰り返しています。その後は情報やデータを整理し、精査し、プライオリティーをつけていきます。そして店舗が必要になったら、御社に電話してちょうどいい物件を探してもらいます(笑)。

芳賀
ありがとうございます(笑)。今後の展開を教えていただきますでしょうか。

社長
レンタル事業は非常に収益力ある事業です。比較しますと販売は大変なエネルギーの割には大きな数字を上げないとなかなか収益が上がりません。弊社にとって第2の事業である販売に対して、外部要因が非常に厳しい現状があり、さらに同業者のサイトが乱立する中で、クオリティーと顧客サービスとセキュリティー、この3つを確立して名実ともにナンバーワンになれるように邁進していきます。

芳賀
今後もますます楽しみですね!では、塩谷社長のマイブームを教えていただけますでしょうか。

社長
自然やスポーツが好きなので、子供たちと一緒に毎年行くスキーです。後は海に素潜り、釣りは好きですね。

あのテニスプレーヤーの伊達さんは休んでいる間もずっと走っていたと聞いたので、私も週2くらいですが、必ずジムに行って走ったり泳いだりしています。

金子
アクティブですね!では塩谷社長の夢を教えていただけますでしょうか。

社長
アパレルというよりも広義の意味で骨太な会社にしたいと思っています。次世代にも又その次の世代にも残っていける会社にしたいのです。勿論高収益を上げ続け社会貢献することが大前提です。作り手の方にも、私たちのお客様にとっても、意味のある会社であり続けたいです。

芳賀
本日は貴重なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。

金子
ありがとうございました。

3)周辺情報

株式会社マナマナ、塩谷社長のお気に入りの街、青山。

国内外のブランドショップが集積する日本を代表する商業ゾーンとして知られる青山。オフィス環境としても、その高いブランドイメージから強い人気があるものの、オフィスビル自体が少なく、優良なオフィスビルとなると、更に希少性が高くなっています。

今回はそんな青山に位置する、オフィスビルをピックアップして紹介します。

東京メトロ銀座線半蔵門線千代田線表参道駅」徒歩5分。骨董通りに面する地上10階建の大型オフィスビルが、株式会社マナマナの入居する「青山小原ビル」です。
竣工:1975年5月、基準階面積:135.17坪
沿道に骨董・古美術の専門店が多いことから名付けられた骨董通りに面する「青山小原ビル」。現在ではアパレル等のショップの方が多く、流行の発信地、青山を代表する通りの一つになっています。1975年竣工と年数は経過していますが、外装改修などのリニューアル工事も行われており、大型ビルならではの風格が漂う白亜の外観が特徴的です。オフィスフロアだけでなく、地下1~1階には物販・飲食店舗が入居しており、またギャラリーや貸会議室も併設しています。

NBF ALLIANCE

東京メトロ銀座線半蔵門線千代田線表参道駅」徒歩1分。高感度なブランドショップが集積する青山に位置する「NBF ALLIANCE」。1階に店舗を構えるコム・デ・ギャルソンが目印のオフィスビルです。
華美な装飾を抑え、シックかつスタイリッシュな外観でありながらも、エントランスホール等の共用部はグレード感に溢れており、周辺の立地イメージとも調和した外観が特徴となっています。各フロアは、オフィスビル自体が少ない青山エリアにおいて希少な基準階面積300坪を誇り、設備面においてもAクラスのスペックを完備しています。

 所在地 港区南青山5-2-1
 交通東京メトロ銀座線半蔵門線千代田線表参道駅」徒歩4分
 構造鉄筋コンクリート造
 規模地上5階、地下1階
竣工1989年1月
 延床面積1893.38坪
 基準階面積295.41坪
エレベーター2基
駐車場設備26台

青山プラザビル

東京メトロ銀座線外苑前駅」徒歩4分、表通りから少し入った閑静な立地に位置する「青山プラザビル」。ブランドイメージの高さから人気の青山エリアにおいて、基準階面積230~550坪を誇る希少な大型ビルです。
竣工は1966年と年数は少々経過していますが、1994年に外壁リニューアル工事が行われおり、更に2008年2月より、耐震補強工事、及びフリーアクセスフロア、個別空調システム(グリッド天井)化、機械警備(非接触ICカードキー)化、エレベーターホール・トイレ等共用部分のリニューアルといった内装・設備の大規模リニューアル工事が行われています。古さよりむしろ、青山の地に相応しい気品ある風格を感じさせてくれるオフィスビルです。

所在地 港区港区北青山2-11-3
 交通東京メトロ銀座線外苑前駅」徒歩4分
構造鉄筋コンクリート造
規模地上6階、地下1階
 竣工1966年9月(1994年外壁リニューアル工事、2008年内装・設備大規模リニューアル工事)
 延床面積3040.19坪
基準階面積229.28~551.46坪
エレベーター2基
駐車場設備18台

4)まとめ

ダイヤ柄じゅうたんとシャンデリアという、まるでアリスの国に迷い込んだかのような空間はとてもかわいらしくて、さすがはファッションを扱う会社だと感じました。女性3人でファッションについて話が弾み、社長からアドバイスまで頂いてしまいました!

好きなファッションを自分らしくかっこよく着こなしていた塩谷社長。私たちもそんな風に個性をアピールできるようなファッションを見つけていきたいなと思い、明日からの洋服選びが楽しみになりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*