オフィスのロハス化計画!人と地球にやさしいサスティナブルオフィス-株式会社スクウェアコーポレーション【オフィスWatch090】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新高円寺駅から杉並区役所の方へ向かう大通り沿いに約35坪のオフィスを構えるのは、オフィスにおける数々の経験則と、住宅における健康的な自然素材を取り入れることにより、ロハスなオフィスを作り上げる株式会社スクウェア コーポレーション。今回は代表取締役の千葉庄一氏にお話を伺う事ができた。
1)オフィスのロハス化計画!人と地球にやさしいサスティナブルオフィス
①光る床
②省エネ壁
③ロハス的デスク
2)社長インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)オフィスのロハス化計画!人と地球にやさしいサスティナブルオフィス

(取材日 2008年3月17日)

 

株式会社スクウェアコーポレーション
《事業内容》 オフィスにおける数々の経験則と住宅における健康的な自然素材を取り入れ、“LOHAS”なオフィスを作り上げ、“人”を生かす空間を創造し、人の為になるワークスペースを提案する。
《サイトURL》 http://www.squarecorp.jp/

①光る床

エントランスから執務スペースへと続く廊下。訪れた者はこの廊下に足を踏み入れると、はっとする。黒い床が途切れたところから幻想的な光が放たれているのだ。光を放つ床を覗いて見ると、透明のガラスを一枚挟んだ空間に、白い砂が敷き詰められ、人魚を想わせる貝殻のようなガラスの置物がキラキラと目に眩しい。

オフィスの提案をする企業として、お客様のオフィスに対する先入観や決め付けを取り払い、一緒に新しい空間を作り出していきたいという千葉社長。オフィス空間において、通常では光らないであろう床をあえて光らせ、通った人に、「はっとするような気づき」を与えるようにしたのだ。

この床は入り口のすぐそばの廊下にあるため、すべての者が通ることとなる。下から幻想的な照明を浴び、ついついモデルになったような気分で歩いてしまったのでした(笑)

②省エネ壁

オフィスをミーティングスペースと執務スペースの2つの空間に分けている壁がある。この壁はミーティング側ではインテリア雑貨やオブジェが並ぶディスプレイ棚となっている。一方、執務スペース側では同じ壁をカタログの収納家具として使用。なんと1枚の壁が、空間の間仕切り・ディスプレイ棚・収納家具という3つの機能を備えているのだ。

環境に優しいオフィスを提案するスクウェア コーポレーション。少しでも資源を無駄にしないようにというロハスの知恵から、この多機能な壁を作った。

たった10数センチの壁にこんなにたくさんの機能があるんですね。私の部屋にも省スペース術としてぜひ使ってみようと思います。

③ロハス的デスク

スクウェア コーポレーションの執務スペースのデスクは、パーティション部分の青色と台部分の白色がシンプルでとても爽やか。少し目線を下げてみると歴史を感じる年季の入った脚が覗いている。なんと古いデスクに新しい天板を乗せて、まるで新品のデスクのように見せていたのだ。

古いデスクを捨てずに、天板とデスクチップパネルだけ新しく付け替えて使おう、というのは社員から出た提案。千葉社長は日本古来の「もったいない」精神を持ち、人の集うオフィスにロハスな空間を提供してきた。その考えから、古いデスクをリユースしているのだ。

オフィス内を案内して頂き、お話を聞くまでは、什器はすべて新品だと思い込んでいました!これらのデスクが中古とは気づかなかったので、びっくりしてしまいました。

 取材スタッフの注目ポイント 
人に優しいエントランス
エントランスには、ロハスを提案するスクウェア コーポレーションの今一押しの素材、『中霧島壁』を使用しているのだとか。これは水分を保湿調整するだけではなくマイナスイオンを発生するという性能も備えている優秀な素材なのです!塗り方にも優しい味わいを感じますね。
プチ日本庭園
【ディスプレイ棚で、枯山水様式日本庭園の模型を発見!!忠実に再現された小さな日本庭園がとってもかわいい♪ちゃんと鍬までついていて、私も砂の波を作ってみたいわと思ったのでした。
床の下見えます。
廊下に一部だけカーペットのない透明な床があり、OA構造が見えていました。普通は真っ黒なOA構造には透明部分があり、配線が見えるようになっているのです!配線工事の時などに便利な、配線の見えるOA床をこういった形でお客様に提案しています♪
簡易ミーティングスペース
廊下にあるガラスのカウンター。訪れた業者さんと、短い時間でも立ったままコーヒーブレイクガラスができるように作ったとのこと。工夫次第でスペースをいくらでも有効活用できるんですね♪

社長インタビュー

新高円寺駅から杉並区役所の方へ向かう大通り沿いに約35坪のオフィスを構えるのは、オフィスにおける数々の経験則と、住宅における健康的な自然素材を取り入れることにより、ロハスなオフィスを作り上げる株式会社スクウェア コーポレーション。今回は代表取締役の千葉庄一氏にお話を伺う事ができた。

オフィスの「ロハス化」計画!

田中
エントランスは、とても温かみを感じるデザインですね!

社長
ありがとうございます。エントランスの壁の素材は、『中霧島壁』という火山灰を使っています。自然素材の壁なので、シックハウスなどの人体への影響は心配ありませんし、環境に良いのです。

芳賀
環境に良いのですか?

社長
はい。自然素材の壁として、一般的に用いられている珪藻土という素材は、製造過程で1000度もの高温で焼いて、CO2を排出しています。それに比べて、『中霧島壁』は火山で一度焼かれているので、焼く必要無く、CO2を排出しないのです。これらの環境にやさしく、人体にもやさしい素材をオフィスにもっと取り入れていこうと、オフィスの「ロハス化」を提案しているのです。

田中
オフィスのロハス化ですか?

社長
はい。これまで住宅も手がけてきたのですが、シックハウスという化学物質が人体に害を及ぼす問題が浮上し、アトピーやシックハウスで困っている人に優しい空間を追及してきました。その結果、人にやさしく、地球環境にもやさしい「ロハス」こそが、大事だと気付いたのです。そして、それが住宅だけでなく、人生の大半を過ごし、人が集うオフィスにも必要だと考えたのが、始まりでした。

芳賀
『中霧島壁』の他に、ロハスを意識した素材はございますか。

社長
あとは、光触媒の『アークフラッシュ』です。これは太陽や蛍光灯などの光が当たると、表面に酸化力が生まれ、接触する有機化合物や細菌などの有害物質を除去できるものです。空気中の脱臭・殺菌をしてくれ、インフルエンザ菌までも殺すので、『アークフラッシュ』を吹き付けてから社員の欠勤率が低くなって強い組織になったという会社も出ているほどです。

田中
え!病気する社員さんが少なくなるなんて、すごいですね!

社長
はい。私は長年、本当にお客様が求めている空間とは何か、考え続けてきました。その結果、無添加の自然素材を使った人にやさしい、地球環境にやさしい、持続可能な「ロハス」なオフィスだと分かったのです。そして、よりロハスが取り入れられている住宅より、もっと長時間過ごすオフィスこそロハスであるべきだと考え、多くのお客様に提案しているのです。

女性の独立支援

社長
弊社の社員の半数は、女性なんです。

田中
施工会社では、女性社員が少ないイメージを抱いておりました。

社長
そうですね。実は弊社では、女性の独立支援を強化しています。女性で独立したいと強く考えている方には、顧客獲得から現場管理までのノウハウを指導して、資本などの面からもバックアップしていこうと考えています。

田中
でも、どうして女性を支援しようと考えられたのでしょうか。

社長
建築業界はまだまだ男性社会で、資材を運ぶなどの力仕事のイメージが強いと思います。しかし弊社の仕事は、空間をメジャーで寸法を計って見積もりを取る事ができれば、注文を取れます。その後、お客様と予算とご希望のバランスを取れればよいので、とてもシンプルな業務なのです。

また、現場で工事を行う職人の方とコミュニケーションを取り、きめ細やかな指示を出すのは、むしろ女性の方が長けているのではないかと考えているからなのです。

芳賀
現場にも女性が向かうのでしょうか。

社長
はい。例えば、職人さんが柱のまっすぐな角を削って、丸くカーブさせるとします。何も聞かされていなければ「面倒だな。まっすぐのままでいいじゃない」と思うわけです。そこで、どうして丸くするのかコンセプトを職人さんに伝えて、きれいなカーブを想いを込めて作ってもらわなければならないのです。そういった指示を出すのが現場監督です。

田中
なるほど。女性が行うメリットがあるのですね!

社長
はい。他にも、お客様の中でも女性社員が多く働く会社さんのオフィスの場合は、弊社の女性社員に任せます。女性が心地よいと思う働きやすいオフィス空間は、女性自身の感性でこそ作られると思います。また、ロハスの考え方である「人にやさしい空間」を作るならば、人の事を気遣い、気を配れる人でなければ作れません。それは、女性が得意としている部分だと思っています。

芳賀
女性のためのオフィスは、女性の気持ちが分かる女性が作られているのですね。

社長
そうです。弊社から女性の進出をどんどん支援して、男性中心の建築業界に、女性の力で新たな風を吹き込んでほしいと思っています。そして女性が活躍できる業界こそが、持続的に健全に育っていくと思うのです。

全ては現場にある

芳賀
社内のイベントや研修制度を教えていただけますでしょうか。

社長
昨年は社員の皆で、グアム旅行に行きましたよ。ジャックニクラウスが設計したゴルフコースを回ったり、ジェットスキーをしてなまこを踏んだり(笑)。

芳賀
グアムにもなまこがいるんですね(笑)!

社長
とにかく完全に遊ぼうという事で、それぞれが好きな事をして、夜は全員で宴会をしました。月曜日の朝に帰って仕事をする予定だったのですが、帰りの飛行機が故障して、朝5時半に空港に集合したにも関わらず、次の便は夕方17時だと聞かされて、騒然となりました。何とか交渉し、成田ではなく名古屋の中部国際空港に午前8時着の便に乗れました。名古屋から新幹線で東京へ戻り、お客様のもとへ行って、ぎりぎりで仕事を始める事ができたのです。そんなちょっとしたハプニングもありましたが、楽しかったですね。

田中
ハプニングも楽しく乗り切られたのですね。社員さんへの研修は行っていますか。

社長
社員に求めるのは、私たちのロハスという考え方や想いをお客様へ伝え、お客様の想いを汲み取る力です。まだ独り立ちできていない社員の商談の際は、私が同行し、私の商談の方法を見てもらっています。

商談は、想いの交換です。必ず先方の想いの丈を聞いてから、設計するようにしています。全ては現場からどれだけ情報を集められるか、お客様が求めているオフィスをつかむか、そして、私たちのロハスの考えを取り入れたオフィスの提案ができるかだと思うのです。

芳賀
とてもお客様を大切にされていますね。

社長
お客様の想いは、現場に全て集まっていると思います。なので、弊社は、お客様の意向を聞くところから設計デザイン、見積もり、現場監督まで、一連の作業に携わりたいと考えています。なので、デザインや設計だけして、実際の現場は汚いから行きたくないという方は入社をお断りしています。

現場を知らない人が内装のデザインをすると、実現不可能なただの絵になってしまいます。実際どこまでリーズナブルにするのか、デザイン性を重視するのか、などデザイン性とコスト面の両立バランスを調整する力が必要になっています。それができて初めて、設計デザインができます。真の設計者は、設計後の流れを視野に入れて設計できる人なのです。

田中
ただかっこいいデザインでも、実現できなければ意味が無いですもんね。

社長
はい。オフィス空間は、働く「人」を中心に考えた空間であるべきです。お客様と蜜にコミュニケーションを取って、双方の想いの交換を現場で行ってこそ、人にやさしいオフィスができあがると思っています。

株式会社スクウェア コーポレーション

田中
現在の業界を選ばれた理由を教えていただけますでしょうか。

社長
私はもともと株式会社内田洋行で7年間営業として勤めていました。大学の専攻は化学系だったのでかなり畑違いです。というのも、ちょうど就職活動の年にオイルショックが起きたので、化学系企業の採用活動は非常に消極的でした。そこで化学系以外の企業も受けてみようと、当時ケントというかっこいいブランドの定規を出していた内田洋行さんに受験して、決まったのです。ちょうど就職活動中に入院をしてしまいましたが、退院後でも大丈夫という事で面接日を変更していただいたので、就職を決めました。

芳賀
7年間営業をされた後、起業までの経緯を教えていただけますでしょうか。

社長
その後、社内で独立志向の強い人間と一緒になって起業しました。ちょうどバブルの波に乗って、支店を構えるほどの40人以上の規模にまで会社は成長していったのですが、10年で幕を閉じてしまいました。仲間がバラバラになってしまい、会社を経営する事の責任の重大さと辛さを味わいましたので、その後は自宅の近くに事務所を構えて、一人で地道に家族を守っていけるだけの事をやっていこうとしたのです。

ですから、この事務所は自宅の近くの高円寺にあるのです。規模を大きくするつもりであれば、都心に構えましたけどね。

田中
お一人で会社をスタートされてから、また仲間を増やしていこうと思われたのはどうしてだったのでしょうか。

社長
一つの仕事をきちんとすれば、お客様から仕事を評価されて信頼を得て、必ずまた次の仕事が来ます。だんだんと一人では大変になってきたのですが、せっかく信頼して仕事を依頼してくれているお客様です。「ごめんなさい。できません」と言うよりは、できる方法を考えようとしている私がいました。一人では難しければ、私と同じ気持ちで働いてくれる仲間を見つけて、一緒に2倍の仕事をしていく事を選択しました。お客様に「千葉はもっと仕事をします!」と言い続けているうちに、ここまでの規模の会社になっていったのです。

芳賀
なるほど!それでは仕事を効率化するためのお仕事術を教えていただけますでしょうか。

社長
社員の営業に同行する事です。まだまだ社員の商談に同行して、私がお客様へ想いを伝えている段階です。しかし、今後は“千葉”ではなくて、社員全員が“スクウェア コーポレーション”の顔として、私自身と同じ想いと同じサービスを提供できるようにするべきだと考えています。社員には一緒に来てもらって、私がお客様の求める事を聞き出す方法や、ロハスへの想いの話をするタイミングを聞いて学んでもらっています。一日も早くスクウェア コーポレーションとして全社員が想いを伝える営業をできるようにするのが課題です。

田中
ありがとうございます。では、趣味はございますか。

社長
昔は、バンド活動をしていました。楽器はエレキベースです。ビートルズ世代なので、サザンオールスターズなどのポップス系の曲をしていました。最近、私がエレキベースをしていたとは知らないはずの息子が、ある日突然バンド活動を始め、エレキベースを練習し始めたのです。不思議ですね。

芳賀
不思議な偶然ですね!お仕事中の気分転換方法を教えていただけますでしょうか。

社長
社員のそばに言ってダジャレを言う事です。おやじギャグですよ(笑)。タイトなスケジュールで進めている事もあるので、煮詰まってくると、楽しい話をしてストレスを「笑い飛ばそうぜ!」という事です。社長室に篭もってガッと集中して仕事を進めて、部屋から出てきたら社員とくだらない話をしてニコリとしています。私の表情を見て、社員は気付いているかもしれないですけどね。

田中
社員の方もリフレッシュになっていると思います。では恐縮ですが、私の今後の社会人生活へ向けてのアドバイスをいただけますでしょうか。

社長
人の話をよく聞く事がすごく大切です。皆さん各々に色々な想いを持っていると思いますが、コミュニケーションというのは相手の話を聞いて初めて成り立ちます。先人の人達の話を聞いたり、本を読んだりして、実直に受け入れれば必ず良い結果が出てくると思います。まじめに人の話を聞こうとする姿勢さえあれば、評価され、道は拓けると思います。

田中
貴重なアドバイスをありがとうございます。では、最後に千葉社長の夢と目標を教えていただけますでしょうか。

社長
スクウェア コーポレーションに入ってきた仲間に、「千葉と一緒に仕事をしてよかった。スクウェア コーポレーションで勤めて良かった」と思ってもらえたらいいなと思います。社員一人が満足せずに会社が大きくなっても仕方がないので、社員が満足し、その結果として会社が大きくなっていけばいいなと思います。私と気持ちが一致した人間とスタートさせているので、その気持ちに応えたいのです。そのために苦労や大変な事も多々あると思いますが、一緒にがんばれる仲間を増やしたいと思っています。

芳賀
大変貴重なお話をありがとうございました。

田中
ありがとうございました。

3)周辺情報

株式会社スクウェアコーポレーション、千葉社長のお気に入りの街、中野。

駅前を中心に広がる繁華街と、学生街としても知られる住宅街が混在する、住みやすい街として人気の街です。JR中央線総武線、東京メトロ東西線が走っており、都心へ一本で行き来できる利便性も備えています。コンサートホールとして知られる「中野サンプラザ」、225mのアーケードを中心とする商店街「中野サンモール商店街」、地上10階・地下3階建のショッピングコンプレックス「中野ブロードウェイ」などがある街です。

今回は、そんな中野のランドマークである「中野サンプラザ」をピックアップして紹介します。

東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」徒歩1分、JR中央線総武線「高円寺駅」徒歩10分。青梅街道に面した地上5階建てのビルが、株式会社スクウェアコーポレーションの入居する「キングスコートⅡ」です。
竣工:1993年、基準階面積:約35坪
駅前から「高円寺駅」の間には賑わいのある商店街が広がる「新高円寺駅」。その中で、駅から至近の距離に位置し、視認性に優れた好立地がセールスポイントのビルです。フロア内は、限られたスペースを効率的に利用したデザイン会社らしいセンス溢れる内装が広がっています。

中野サンプラザ

JR中央線総武線、東京メトロ東西線「中野駅 」徒歩1分。駅前にそびえ立つ中野の代名詞とも言える建物が、「中野サンプラザ」です。
「中野サンプラザ」は、敷地面積約1ha、地上21階建・高さ92mを誇る、宿泊・音楽などの複合施設で、特にコンサート会場として広く知られています。大小2つの三角積木を合わせて置いたようなデザインが特徴的です。
「中野サンプラザ」は、雇用促進事業団(現:独立行政法人雇用・能力開発機構)によって、1973年に全国勤労青少年会館として建設されました。かつては、雇用推進事業を柱とする若者の職業相談を担当する「サンプラザ相談センター」が開設され、その他、図書室などを併設していましたが、民営化に伴い閉鎖されました。
若者文化の発信地として、日比谷野外音楽堂や日本武道館とも並び人気があったものの、公益事業であったことと、収益が見込める施設であったため、民間への譲渡が求められるようになりました。そのため、雇用促進事業団が独立行政法人化されることに伴い売却が決定され、中野区と金融機関・企業等が出資して所有会社「株式会社まちづくり中野21」及び運営会社「株式会社中野サンプラザ」が設立され、推定約52億円で売却され、2004年12月より民営化されました。
現在は、文化複合施設としてホテル・結婚式会場の運営、カルチャーセンターの開催、スポーツ施設の運営などを行っており、コンサート会場・大規模イベントホールとしての利用もされています。

所在地中野区中野4-1-1
交通JR中央線総武線、東京メトロ東西線「中野駅 」徒歩1分
規模地上21階、地下2階
高さ92m
敷地面積9,530㎡
竣工1973年6月
主要施設1-4階:コンサートホール(2,222席)
6階:結婚式場
7-8階:研修室
8階:テニスコート
9階:レンタルオフィス
10-15階:宴会場
16-19階:ホテル
地下1階、1階、20階:レストラン
地下1階:フィットネススタジオ、リハーサル&レコーデ
ィングスタジオ
地下2階:プール
地下2階:ボウリング場

4)まとめ

ご紹介してきた「ロハス」な工夫だけではありませんでした。ディスプレイ棚のライティングや、天井を黒く塗り醸し出す、落ち着いた雰囲気の空間。ロハスとデザイン性を両立されているところには、プロフェッショナルが作ったオフィスだと思いました。

オフィス内の空気がとても心地良く、花粉症で苦しんでいた取材者がオフィスに入るや花粉症の症状が少し軽くなったのです!『アークフラッシュ』の脱臭・殺菌効果なのか、千葉社長の気さくなトークに引き込まれて忘れてしまったのか、おそらく両方の癒し効果ですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*