ペットの魅力を凝縮!人と動物をつなぐ空間【オフィスwatch 株式会社マサヒロ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回お伺いさせて頂いたのはペットショップの運営を主軸にペットプロダクションの運営など幅広くペットビジネスを展開する株式会社マサヒロ様。
ペットショップ運用だけではなく、人とペットが交流できる場を作ることに力を入れています。取り組みの一つとして「しつけ教室」を開設し、きつんと教育を受けた犬と飼い主が老人ホームへ訪問して高齢者との交流を行うサークル活動等を実施しています。

ペットを通して社会貢献をしていきたいと語る、代表取締役 柳沢泰則社長の氏にお話を伺いました。

1)木を基調とした空間×癒しのペットで温かみのあるオフィスに【オフィス写真&ポイント解説】
①わんわん広場
②ペットの写真館
③ドッグラン
2)代表取締役 柳沢泰則氏インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)木を基調とした空間×癒しのペットで温かみのあるオフィスに【オフィス写真&ポイント解説】

株式会社マサヒロ様のオフィスは、人とペットが触れ合い交流することが出来る、癒しの場でした。
木を基調とした内装は、犬と触れ合いに訪れたお客様を、温かく包み込む空間づくりがなされていました。
ペットの魅力を最大限に伝えるべく設計されたオフィスは、お客様を惹きつける満載。工夫が凝らされたアイディアをご紹介します。
(取材日 2007年7月10日)

株式会社マサヒロ
《事業内容》 ペットショップの運営を主軸に、ペットをキーワードに広告・宣伝・販売促進などの業務支援を行うペットプロダクション運営事業など幅広く手がけ、ペットの社会的地位向上を目指す
《サイトURL》 株式会社マサヒロ http://www.petton.com/
犬の気持ちMy Friends http://www.koinukoneko.com/
アニマルプロダクション M.Dogs http://www.mdogs.jp/

①わんわん広場

店舗の囲いの中で、元気一杯に走り回る小犬達に目が留まる。たくさんの小犬達は走っては転がり回って、じゃれ合って遊び放題!通りかかった人達も思わず立ち止まるほど、遊び回る小犬達の姿は愛くるしい!何と、マサヒロ運営のお店ではたくさんの小犬達と直接触れ合う事ができるのだ。

「犬を飼った事が無い人にも直接触れ合っていただき、もっと多くの人に犬の魅力を感じてほしい」という柳沢社長の想いから、この広場は作られた。実はこの小犬達は、ワクチン接種が済み、お散歩の仕方もきちんとしつけられているので、犬を飼った事が無い人でも安心して触れるのだ。そんな小犬達を広場に放し、直接抱っこできるようにする事で、犬とお客様との距離をぐっと縮めている。

犬を抱いた経験がほぼ無い私は、恐る恐る抱っこしましたが、静かに腕の中にいてくれる賢いわんちゃん。このまま家に連れて帰りたくなるくらい、可愛いかったです!

②ペットの写真館

木目で統一された床に丸みの帯びた家具が置かれたスタイリッシュな空間。入り口にはたくさんのペットの写真が飾られている。中には本格的な撮影機材がセッティングされ、片隅には小さな可愛い衣装が多数置かれている。ここは、ペット専用の写真スタジオ”ペットの写真館”なのだ!

ペットのプロダクションを手掛けるマサヒロ。プロダクションに登録しているタレントペットは、およそ1,000匹近くだという。そんなペット達を輝かせる最高のプロモーション写真を撮影するため、何と写真館を作ってしまったというから驚きである。

本格的な機材、プロのカメラマン、可愛い背景紙やアクセサリーなども完備されているスタジオで、大切なペットとの思い出作りのために撮影するお客様も多いのだとか。おめかしして撮影すれば、そのままでも十分可愛いわんちゃんなのに、また新たな可愛い一面が見られますね!

③ドッグラン

巨大ショッピングモールとして知られる”ららぽーとTOKYO-BAY”。この5階屋上の約1,000坪の敷地に、ペット販売店だけでなくドッグカフェ、動物病院など複数の店舗が軒を連ねている。このフロアのコンセプトは、「人とペットの共存」。5階のみがペットと一緒に買い物できるのだ。

中でも注目すべきは、青空の下の広々としたドッグラン!ノーリードで楽しくペットと遊んで、人とペットの絆を深められる場所だ。日頃あまり走り回る場所が無い都会生活のわんちゃん達も、ここでは思い切り遊べる。運動不足が解消できるだけでなく、他の犬と触れ合えるので、人もわんちゃんも解放的になれるハッピーエリアなのだ。

ちなみに犬のサイズに合わせて、遊ぶ場所が分けられているので、小型犬も安心なのだとか!たくさんの他のわんちゃんと出会えるので、愛犬の社交性が磨かれそうですね!?

 取材スタッフの注目ポイント 
シャワータイム♪
私達の取材で、広場ではしゃいで遊びまわったわんちゃん。シャワーで汗を流してもらっていました!!社員さんに丁寧に洗ってもらって、本当に気持ちよさそうです。
衣装
写真館の片隅に、わんちゃん用の可愛いドレスを発見!他にもティアラやカバン、お花など、おめかし道具がたくさん置いてありました。実際撮影している所を拝見すると、そのままでも十分可愛いわんちゃんがさらに愛くるしくなっちゃっていました!!
系わんちゃん
わんわんレンタルでは、わんちゃんの系統別にレンタルできる犬が選べます。例えば、お散歩のベテラン”お姉さん系”、元気いっぱいおてんばの”体育会系”、お膝の上でまったり”癒し系”……。私がレンタルするなら、”体育会系”わんちゃんと公園で遊びたいなあ……♪
タレント犬名鑑
マサヒロ様に登録されているタレント犬の名鑑を見せていただきました。可愛い写真に名前だけでなく「待て」、「スピン」などのわんちゃんのできる芸や技、バスト、ウエスト、首周りというスリーサイズまで!情報が満載でした♪

2)代表取締役 柳沢泰則氏インタビュー

千葉県船橋市は南船橋駅。歩を進めると現れる巨大な複合商業施設、”ららぽーとTOKYO-BAY”。その5階に店舗を構えるのは、ペットショップの運営を主軸にペットプロダクションの運営など幅広くペットビジネスを展開する株式会社マサヒロ。今回は代表取締役の柳沢泰則氏にお話を伺う事ができた。

犬の社会的地位向上

田中
御社では様々なペットビジネスを展開されていますね。

社長
はい。ペットの販売だけでなく、犬の散歩やトイレの仕方を教えている「しつけ教室」を開いています。実際の教室だけでなく、「ワンダフル学園」というサイトでも、しつけの方法を説明し、飼い主さんの掲示板や悩み相談室を設けています。また弊社の特徴として、きちんと教育を受けて卒業した犬達は、”わんにゃんネットワーク”というサークル活動に入れるようなシステムを用意しているんです。

沖田
サークル活動ですか?

社長
そうです。飼い主と犬が老人ホームへ訪問して高齢者との交流をする活動や、公園の清掃活動などの社会貢献活動を行っています。老人ホームでは、サークルメンバーの犬が得意技を披露したり、入所者の方と一緒にお散歩したりします。「アニマルセラピー」と言うように、動物と触れ合う事は人間の脳に良い影響を与えるのです。

また、公園の清掃活動では、飼い主と愛犬とが一緒になって、うんち拾いやゴミ拾いを行い、その後キレイになった公園でしつけを交えたクイズ大会を行うなどをして楽しんでいます。

田中
でも、ある程度しつけされた犬ではないと、そのような活動はできませんよね。

社長
そうですね。飼い主には愛犬と一緒にサークル活動を楽しみながら、マナーや愛犬のしつけへの意識を高めていただけたらと思っています。そして、活動を通して結果的に犬の社会的地位を向上させる事が目的なのです。

沖田
犬の社会的地位向上ですか?

社長
はい。犬と人間がより良い関係を築いて共存していくためには、犬をきちんとしつけて飼い主の言う事を聞かせる事が必要不可欠なのです。しつけが甘いため、犬と上手くコミュニケーションを取れず、無責任に捨ててしまう人がいるのも現実です。

また、近年犬の位置づけが、番犬から家族の一員までに高まってきた事に伴い、ペットと旅行、ペット可のマンション販売、ペットと入れる飲食店など様々なペットを切り口としたサービスが広がっています。しかし、飼い主の犬のしつけが成っていないため、例えば旅行の宿泊先をおしっこだらけにして断られてしまうという失敗事例も数多く耳にします。

田中
そうなんですか。

社長
しつけ教室に犬を連れてきていただいても、ある程度のレベルに達すると飼い主さん自身が途中であきらめてしまう事が多いのです。ですので、飼い主さんに「犬をしつけると、こんな社会貢献活動ができるんだ!」と目標を持って、しっかり継続していただくためにも、サークル活動を行っています。

田中
そのような目的があったのですね。

社長
はい。今後のペット業界の発展のためにも、飼い主の方々には犬のしつけをきちんと行っていただき、最終的に犬の社会的地位を向上させたいと思っているのです。

ペットの芸能プロダクション

社長
しつけ教室を卒業した犬達で、タレント犬としてデビューする子もいるんですよ!

沖田
タレント犬ですか!?

社長
はい。3年前からペットプロダクションを運営していて、弊社に登録しているおよそ1,000匹のタレント犬達が雑誌、CM、ドラマ、広告などに出演して活躍しています。

田中
そうなんですか!という事は、例えば私が飼っている犬であってもタレント犬になれる可能性はあるのでしょうか。

社長
ありますよ。弊社のプロダクションには800円でタレント犬登録ができます。ただお仕事を依頼してくる制作会社は、タレント犬の中でもオーディションを開催して厳選する事が多いので、何もトレーニングを受けていないペットが採用されるのは難しいですね。ですので、弊社ではタレント犬養成講座を開いているんです。

沖田
タレント犬養成講座ですか!?

社長
はい。主にカメラワークレッスン、ポージングレッスンなどが受けられます。レベルが上がれば台本通りに動くレッスンやダンスレッスンなどもあるんですが、まずは撮影現場でたくさんの知らない人に囲まれても落ち着いていられるように、撮影時にフラッシュに驚いて動かないようにする訓練をします。

田中
そのような講座があるなんて知りませんでした!どのようなきっかけでこの事業を設立されたのでしょうか。

社長
プロダクション設立のきっかけは、広告制作会社の方からの一本の電話でした。「ポスターの撮影で、こういう犬を探している」というお話だったので、お客様に呼びかけたんです。するとお客様からたくさんの愛犬の写真をいただいたんです。飼い主さんには愛犬をタレント犬として活躍させたいという想いが少なからずあり、大きな集客になると思ったのです。

実際プロダクションを設立して、ペットの販売では消費者マーケットだけに留まっていたところが、対法人マーケットへのアプローチという柱がもう一本できたと思っています。

沖田
今後はどのような展開をされるご予定でしょうか。

社長
現在、広告や雑誌の撮影に限らず、百貨店でのふれあいコーナーやディスクショーというイベント企画にタレント犬を出演させていただいています。他にもサンプリング会場や住宅メーカーのショールームにタレント犬を派遣してほしいという依頼など、法人のお客様から様々な依頼が来ています。今後はそのようなペットを切り口にした法人に向けたシナジー効果のある事業に広げていきたいと思っています。

信頼関係を築くお店作り

沖田
最近は様々なペットショップを見かけますが、何か店舗作りで工夫されている事はございますか。

社長
南船橋のお店で言いますと、「わんわんレンタル」で貸し出しているお散歩犬を遊んでいる広場を作った事です。実際に犬に触れられるスペースなので、お客様に立ち止まって、犬を見ていただくきっかけにしています。

田中
わんちゃんをレンタルできるのですか!?

社長
はい。お店からトレーニングを受けたお散歩犬を借りて、30分単位で5階のフロアをお散歩させる事ができます。1泊のお泊りコースですと、連れて帰って一緒に温泉に行ったり公園に行ったりするお客様もいます。お客様は土日に集中していますが、月に300~400件のお客様がレンタルしていきますよ。

田中
どうしてレンタルを始められたのでしょうか。

社長
きっかけは私の知り合いの方が、別のお店でレンタルした犬を気に入ってしまい、その借りた子の子どもを飼う事になったというお話を聞いてからです。それまで私はレンタルの利用客は、ペットを飼いたいけど何かの都合で飼えない人だと思っていたのですが、実際は利用客の半数が飼う事を検討していたのです。飼う前にレンタル犬と一緒に生活してみて、不安要素を消してから実際に決めるお客様が多いようなのです。この「わんわんレンタル」をきっかけにお客様が増えれば、と考えて始めました。

沖田
そういうわけで店舗に広場を作ったのですね。それではお店作りで他に大切にされている事を教えていただけますでしょうか。

社長
最近はおしゃれなデザイン性の高い店舗作りをしているペットショップなど、ハード面で様々な工夫を凝らすお店もありますが、弊社が何より大切にしているものは、お客様との信頼関係を築く事です。トリマーやトレーナーに関しても、ただ技術が良いだけではお客様に来ていただけません。社員には”元気・笑顔・気配り”という接客の基本を大切するように言い、お客様が「ここのお店の人になら、愛犬を預けても大丈夫だな」と安心していただけるような店作りを行っています。

株式会社マサヒロ

沖田
ペット業界に入られたきっかけは何だったのでしょうか。

社長
私の父が水槽やエアポンプなどを作る観賞魚関係の下請けメーカーを経営していたのです。しかし、私が高校生の頃、経営が上手くいかなくなり、工場を売却してぎりぎり倒産を免れたという状況だったんです。そんな時、ペットショップを拡大させていた知り合いの経営者の方にお話をいただいたのがきっかけで、ペットショップの業態に事業転換させて、自分自身が父の会社の経営に携わるようになったのです。

沖田
ここまで大変な道のりだったと思いますが、社長さんにとってペットとはどのような存在なのでしょうか。

社長
ペットは人生のパートナーであり、仕事のパートナーであり、全てにおいてのパートナーです。私は今、犬を2匹、猫を1匹飼っていますが、ペットからは癒しや励ましなど色々なものをもらっているなと感じます。

沖田
では柳沢社長自身、気分転換にされる趣味はございますか。

社長
趣味は、仕事ですね。今は仕事が面白いです。例えば、最近弊社のタレント犬が超難関のCM撮影オーディションに勝ち進んだのです。最終選考の際は社員総出で応援しに行き、見事採用が決定した時には、感極まって涙してしまう社員もいたほどでした。そういう場面では仕事にとてもやりがいを感じますね。

またペットプロダクションの設立が功を奏し、異業種の会社さんからの依頼が増えたのは、世の中に自分が認められているのだと感じ、とても嬉しいです。忙しい日々を過ごしていますが、今は仕事が楽しいのです。

田中
仕事を心から楽しまれているのですね!御社の社員さんは販売の他にどのようなお仕事をされているのでしょうか。

社長
そうですね。販売員の他、トリマー、トレーナーがいます。犬をしつけるトレーナーという職業は普通個人で活動されている方が多く、犬のしつけ方の流儀がトレーナーによってバラバラなんです。そのまま教室を開いてしまうと、色々と問題が起こるので、弊社では新入社員を先輩のアシスタントとして付くようにするなど、トレーナーの考え方を一律にするための工夫を行っています。

あとは、ドッグスタイリストという職種があるんです。

田中
ドッグスタイリストとは、わんちゃんのファッションを手がける方ですか?

社長
いえ。撮影の時に、現場で犬を扱う職種の人をドッグスタイリストと呼んでいます。例えば、現場の撮影スタッフの要望通りにタレント犬にポーズをとらせるなど、飼い主やスタッフの方、タレント犬の間に立って撮影を滞りなく進行させる役目を果たします。

田中
特殊なお仕事で、とてもおもしろそうです!では大変恐縮なのですが、私の今後の社会人生活に向けてのアドバイスをいただけますでしょうか。

社長
弊社の場合ですと、全てのベースは、「笑顔・元気・気配り・親切心」です。弊社は技術を求められる職人業ではありますが、お客様との信頼関係が全てのベースなので、この4つのキーワードをいつも心掛ける事によって、全てが切り開かれると言っています。

もう一つは、どんな事があっても自分を振り返る事ですね。挫折した時に環境の所為にして腐っていく人と、なにくそ根性で頑張る人では、大きな差が出ると思いますね。

沖田
では最後に、社長さん自身の夢や目標を教えていただけますでしょうか。

社長
夢は、ペット業界が抱えるグレーな問題に取り組んで、社会貢献したいと思います。中でも深刻な問題は捨て犬、猫問題です。今マイクロチップを義務付けて、捨てた飼い主を割り当てる案があります。ただ皮膚にマイクロチップを埋めるのは犬が可哀想だという意見もあり、賛否両論なので義務化されるかどうかはまだわかりません。捨て犬の毛や唾液でDNA鑑定をするという案もありますが、自治体に多額のお金がかかってしまうので、実現するのは難しいです。このような深刻な問題を積極的に議論してゆき、最終的にはペットの社会的地位を向上させていきたいという目標があります。

3)周辺情報

株式会社マサヒロ、柳沢社長お気に入りの街、南船橋。

JR京葉線・武蔵野線が走る、東京のベットタウンとして知られる街です。「ららぽーとTOKYO-BAY」、「ビビットスクエア」、「船橋競馬場」、「船橋オートレース場」などの大型施設があり、かつて「ららぽーとスキードームSSAWS」があった場所には、現在マンション「ワンダーベイシティサザン」と巨大家具店「IKEA船橋」が位置しています。

今回は、そんな南船橋の代名詞とも言える商業施設、「ららぽーとTOKYO-BAY」をピックアップして紹介します。

【ららぽーとWEST】

JR京葉線・武蔵野線駅徒歩5分。千葉県船橋市に位置する、敷地面積171,000m²に及ぶ巨大ショッピングセンター「ららぽーとTOKYO-BAY」の一角にあるのが、「株式会社マサヒロ」の店舗が入居している「ららぽーとWEST」です。
リニューアルオープン:2001年9月、延床面積:66,224.23m²
「ららぽーとWEST」は、かつての旧船橋そごうの専門店ビル「ベイプラネット」が、2001年9月にリニューアルオープンしたショッピングセンターです。
1階入口にはカフェと吹き抜け広場となるロビー、4階レストラン街中央通路には緑豊かな空間とウッドベンチスペースが設置されており、買物途中にくつろぐことができるレストスペースや憩いの空間が充実しています。また、建物周辺には米国西海岸風の街路をイメージさせる、パームツリーを中心とした植栽が施されており、既存ショッピングモール及び、周辺施設とを連続した遊歩道で結ぶことで、街全体との一体感を演出しています。

所在地 千葉県船橋市浜町2-1-1
交通 JR京葉線・武蔵野線駅徒歩5分
竣工 2001年9月竣工

ららぽーとTOKYO-BAY

東京のベットタウンとして知られる千葉湾岸エリア。その千葉県船橋市に位置する巨大ショッピングセンターが、「ららぽーとTOKYO-BAY」です。年間来場者数は東京ディズニーランドを上回る2,200万人、銀座2丁目の「メルサギンザ」から6丁目の「松坂屋」までがすっぽり入る広さの敷地を誇り、540の専門店、8,000台を収容する駐車場、そしてレストラン街、映画館、劇場など、様々なアミューズメント施設を有する日本最大級のショッピングセンターです。
「ららぽーとTOKYO-BAY」は、東京湾に湧き出た温泉を中心にした一大娯楽施設「船橋ヘルスセンター」の跡地に、1981年4月、そごうとダイエーの2つの核店舗を中心に誕生しました。2000年にそごう、2004年にはダイエーが閉鎖しましたが、若者向けを中心とした専門店舗街を前面に押し出した形態に転換し、優良なテナントを誘致し続けた結果、現在ではより数多くの人を集め賑わっています。
ユニクロ、ギャップなどの大手ファッションチェーンはもちろん、ファッションビルや都心立地の路面店にあるようなブランドまで幅広く入居しており、また、ナムコ「チームナンジャ」のプロデュースによるパンのフードテーマパーク「東京パン屋ストリート」、日本最大級のペットゾーンとなる”ららぽーとスーパーペットパーク” 「ニャイルドわん!」、映画館「TOHOシネマズ」など、見所のある多くの店舗が展開しています。
時代に合わせて3回の大規模な増築と無数のリニューアルを繰り広げ、延床面積などはオープン時の約5倍になっており、オープンから20余年を経て、今なお進化を続けています。

所在地 千葉県船橋市浜町2-1-1
交通 JR京葉線・武蔵野線駅徒歩5分
竣工 ららぽーと1(1981年4月竣工、2003年3月リニューアル)
ららぽーと2(1988年3月竣工)
ららぽーと3(2000年4月竣工)
ららぽーとWEST(2001年9月竣工)
ららぽーとEAST(2004年11月竣工)
敷地面積 171,000m²
延床面積 171,000m²
店舗面積 255,000m²
専門店数 540店舗
駐車場 8,000台

4)まとめ

ゲージの中で愛くるしいポーズで眠る生まれたばかりの子犬達。そんな可愛い子犬達を写真に撮って店内に飾るなど、様々な装飾が施された店内から、社員の方々の犬への愛情を感じずにはいられませんでした。

「今、仕事がとても面白いです」と語ってくださった柳沢社長。お客様の反応を見ながら事業を模索し、挑戦し続けてきた結果、プロダクションの設立という道を切り開いたお話に、とても引き込まれてしまいました。また”ららぽーとTOKYO-BAY”に来た時は、今日遊んだわんちゃんとの再会を楽しみに「わんわんレンタル」を利用してみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*