テナントとは?基本を押さえて移転に役立てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ2

オフィス・店舗などの物件を探していると、『テナント』という言葉を良く見かけますよね。意味はなんとなく理解していても、いざ人に聞かれると説明出来ない方は多いのではないでしょうか。

物件探しには交渉ごとが付き物です。有利に話を進める為、ちゃんと基本の知識をつけて相手に引けをとらないようにしましょう。「テナントの意味も分からないの?」と足元を見られないよう、まずはテナントという不動産の基本的な用語の意味と使い方を理解して、物件を探す際の交渉などに役立てて下さい。

■目次
1.テナントとは『借り手』の事
1-1.テナントと呼ばれる3種類の形態(店舗・オフィス・倉庫)
2.素人から脱出する為に抑えておきたい関連用語
3.意外と知られていない豆知識『入居中テナントを探る』
4.まとめ

1.テナントとは『借り手』の事

英辞書で『tenant(テナント)』 という言葉を調べると、【 意味:借用者、居住者 】と書かれています。テナントとは、一言で表すと借り手の事です。よく町で『テナント募集』という看板を見かけると思いますが、訳せば『借り手募集』という意味です。これくらいの知識なら、普段不動産に関わりが無くてもご存知な方は多いと思います。

テナント募集

上述の通り、この言葉は元々借り手を表す言葉なので、対象が住居でもオフィスでも店舗(お店)でも、テナントという言葉は使って良いのですが、最近では店舗を指す言葉として使われる事が多くなりました。

これは、大型のショッピングモールや駅前ビルの一角などで『テナント募集』という言葉が多く使われるようになり、このような場所には商業系店舗が入りやすいので、段々と『テナント』=『店舗』という印象が強くなってきた為です。

ショッピングモール

オフィスや倉庫では、少数ですがまだテナントという言葉を使って募集している所がありますが、住居に関してはテナントという言葉は全く使われなくなりました。住居の場合は『入居者募集』の方がピンと来ますよね。

では、『テナント募集』という看板が出ている空き物件は、店舗としての利用しか出来ないのかというと、そうではありません。オーナーによっても、オフィス利用を前提で考えて『テナント募集』と出す方も居れば、店舗利用を前提で出す方も居ます。また、オフィス利用を前提で出していても、交渉次第で店舗利用で了承をもらえる場合もあります。あまり先入観に囚われず、まずは自分の要望を伝えて見る事が重要です。

ただし、『テナント募集』と書かれている所に住居利用として交渉する事はあまり現実的ではありません。なぜかと言うと、このように募集している所はそもそも住居に向かない構造の場所が多い為です。どうしてもという場合は交渉してみましょう。

1-1.テナントと呼ばれる3種類の形態(店舗・オフィス・倉庫)

■店舗
店舗とは、例えばラーメン屋や喫茶店などの飲食店や、アパレル、美容室、歯科医院など、不特定多数の来客を前提として使われる物件を指します。

喫茶店

■オフィス(事務所)
店舗との明確な違いは、不特定多数の来客がない事です。たまにお客様がいらっしゃる事もあると思いますが、事務所での来客は商取引が行われない為、区別されます。

オフィス

旅行会社や英会話教室、不動産店など、オフィスのように構えていても、来客を前提とする場所を『店舗事務所』と呼ぶ事もあります。

■倉庫
テナント募集される倉庫は、一般の人が物を置くために使う倉庫とは少し違い、企業が在庫を保存・管理する為に使われる事がほとんどです。

倉庫

2.素人から脱出する為に抑えておきたい関連用語

テナントという単語が含まれる関連用語も知っておきましょう。物件探しをする人にはあまり必要のない知識かもしれませんが、不動産の事を知っている感じを出す為に身につけておいて損は無いと思います。中にはIT用語も含まれるので注意が必要です。

■キーテナント
ショッピングセンターやアウトレットモールなどの大型商業施設の中で、特に多くの集客をするテナントの事を指します。商業施設の性質上、一つの店舗に多くの集客があると、その顧客がついでに他の店舗にも寄ってくれるので、とても重要な存在です。知名度が高い企業店やディスカウントストアなどがキーテナントになりやすいです。核店舗とも呼ばれます。

■テナントリーシング
テナント募集中の物件に借り手を誘致して、空室を埋める業務の事を指します。日本語で言い換えれば『仲介』です。ただし、テナントという言葉が店舗を指す際によく使われるという性質上、テナントリーシングという言葉も、空き店舗に借り手を誘致する時に使う事がほとんどです。住居や事務所に対しては、あまりこの言葉は使いません。

■マルチテナント(IT用語)
1棟に複数の企業や店舗が入っているビルのように、1つのシステム環境を複数の企業が共同で利用する事を指します。言葉の由来は不動産から来ていますが、指す意味はITに関する事なので間違えないようにご注意下さい。マルチテナントに対し、企業ごとにシステム環境が用意されているモデルの事をシングルテナントと呼びます。ビルを複数の企業で使うか、1棟丸ごと1つの企業で使うか、のイメージですね。

3.意外と知られていない豆知識『入居中テナントを探る』

一般的に、一つの建物に同じ業種のテナントを2つ以上入れる事は嫌がられます。これは、同じ業種が入ってしまうと顧客が分散してしまう為です。相手が良くとも、こちらの利益も減ってしまう為、避けるべきです。この考え方から、見つけた物件に対し、「あのビルに入っているのは誰?」と入居中テナントを探る事があります。確実なのは実際に現地に行って看板や表札を見る事ですが、インターネットで手軽に確認する方法もあります。方法は以下の通りです。

①検索エンジンを開く(Google、Yahooなど)
②入居テナントを調べたいビルの住所を入力する。
③入力した住所を『”(ダブルクオーテーション)』で囲み、検索する。
④検索結果に入居テナントの企業名とそのサイトが表示される。

google

 

そのテナントがホームページを持っている、という条件が付きますが、意外と知られていないので試してみてください。

厳密に言うとこの方法は、内部テナントを調べる為の方法ではなく、『絶対検索』といって、検索したいキーワードが完全一致する結果だけを調べる方法です。ほとんどの企業が自社のホームページに住所を記載している為、それに完全一致する検索をすれば、自然と企業名(テナント入居者名)が出るという訳です。検索対象を、住所ではなくビル名(+階数)にしてもテナント入居者名が出やすいので、興味がある方は試してみて下さい。

4.まとめ

『テナント』という用語は、この業界では初歩中の初歩の言葉ですが、そんな初歩の言葉でも意外と奥が深い事を感じて頂けたでしょうか。

なにをするにも基本を押さえる事は重要ですが、交渉ごとがある不動産のような業界では、これが出来ていないと相手に足元を見られてしまうので、特に注意が必要です。

もちろんこの業界には、もっと難しくて奥が深い用語が沢山あるので、全てを理解するのは難しいです。オフィスや店舗に入居をお考えでこれから物件を探す方は、まずは基本を押さえましょう。そして物件のオーナーや仲介業者に対し、こちらが素人ではない事を感じさせ、なるべく優位に立てるように努めるだけでも、希望の条件を引き出せる確立は高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*