カフェ気分で仕事しよう!オフィス×カフェ事例紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
セレス

「大好きなカフェのような空間で仕事が出来たら…」なんて考えることはありませんか?
カフェのような落ち着いた空間では仕事も捗り、煮詰まったときはおいしいドリンクを飲んでリフレッシュが出来ますよね。
最近、オフィス内にカフェスペースを持つおしゃれなオフィスが増えてきたり、仕事が出来る「オフィス」をテーマにしたカフェが出来たりと、オフィス×カフェのコラボレーションは勢いを増しています。
ここでは、そんな様々なオフィスにカフェスペースを導入する取り組みや、オフィスのように利用できるノマドカフェをご紹介します。
カフェでの仕事にあこがれる方は参考にしてください。

1.オフィス内にカフェスペースを!
 1-1.カフェスペースのあるオフィス事例集
 1-2.カフェスペースを導入する3つのメリット
 1-3.カフェスペース導入業者紹介
 1-4.オフィス向けコーヒーサービス
2.オフィスとして利用できるノマドカフェ特集
 2-1.都内ノマドカフェ紹介
 2-2.ノマドカフェを探せるサイト紹介
3.まとめ

1.オフィス内にカフェスペースを!

最近は、会社の中にカフェスペースがあるオフィスが増えています。
ここではおしゃれなカフェスペースのあるオフィスの内装のポイントや使われ方をご紹介します。オフィスにカフェがあると、どんなメリットがあるのかも踏まえて、導入の参考にしてみて下さい。
少しのスペースでカフェスペースやコーヒーサーバーを導入してくれるサービスもあるので、自社にカフェスペースを設置することも夢ではありません。

1-1.カフェスペースのあるオフィス事例集

▼ギークス株式会社
No.2
出典:21Cafe
https://geechs-magazine.com/21cafe/index

ギークス株式会社はオフィス内に21cafeという社内カフェがあり、オープンスペースとして利用可能です。レンガの壁や1つ1つデザインの異なるイスなどインテリアにもこだわりが見られるおしゃれな内装で、社員の方は気分を変えたいときや、クリエイティブな仕事をするときに利用しているようです。
また、平日の18時以降はエンジニアやクリエイターに限定した無料貸出スペースとして提供していて、様々な勉強会や交流会が開催されています。

▼株式会社VOYAGE GROUP
96474c0c8ae980aedcf2-LL
出典:株式会社 VOYAGE GROUP に行ってきた!
http://blog.kushii.net/archives/1675844.html

VOYAGE GROUPオフィス内にあるBar「AJITO」。Barという名前がつくだけに、黒い鉄の棒を張り巡らせたような外観と、黒で統一されたインテリアがど派手な社内カフェスペース。 お酒やジュースが無料で飲み放題なので、仕事終わりに同僚と一杯なんてこともできる、社内のコミュニケーションの場となっています。

▼NHN Japan株式会社
fc24889f0e9e5563256e-LL
出典:NHN Japan株式会社が渋谷ヒカリエに引っ越したらしいので行ってきた!
http://blog.kushii.net/archives/1789363.html

LINEやハンゲームなどのウェブサービスを生み出したNHN Japanには、300人程座れる広々としたカフェラウンジが。足元には昔懐かしい「けんけんぱ」があり、遊びの根源を忘れないという思いが込められているそうで、やさしい木の素材と相まってどこか昭和を感じる内装になっています。カフェスタッフが常駐していて、ドリンクやお菓子なども購入可能。プロジェクター完備でプレゼンにも使えるスペースになっています。

▼株式会社セレス
セレス
出典:オフィスWatch
http://of-watch.jp/bn/157_04.php

休憩、一人で集中したい時、ランチ、打ち合わせ、部署ごとの会合、スタッフの誕生日会など、広い用途で使われているカフェスペース。ファミレスにあるようなボックスシートは席毎にスクリーンを下ろして視線をさえぎることが可能で、集中した作業にもうってつけだそうです。アメリカのダイナーを思わせる、革張りシートのシックな赤や落ち着いた照明が内装のポイント。

1-2.カフェスペースを導入する3つのメリット

◆コミュニケーションエリアが作れる
何気ないコミュニケーションから、ビジネスに大切な新しいアイデアや知恵が出ることは多く、近年のオフィスではコミュニケーションが重視されています。社員同士のコミュニケーションが盛んになると会社の士気も上がり、人間関係も円滑になります。カフェスペースは人が集まりやすく、会話も自然と生まれるので、社員同士のコミュニケーションの場を作ることが出来ます。

◆リフレッシュして作業効率が上がる
集中力を長時間持続させることは難しいため、効率的に作業するためには60~90分に一度10分程度の休憩を入れるのが良いといわれています。カフェスペースでちょっとしたドリンクを飲み、適度にリフレッシュして仕事とのメリハリをつけることで作業効率アップを狙えます。

◆オフィスでおいしいドリンクが楽しめる
オフィス内にカフェスペースがあれば、わざわざ外にドリンクを買いに行く手間を省くことが出来ますし、飲みたい時にドリンクを購入することが出来ます。コーヒー好きには非常にうれしいです。

1-3.カフェスペース導入業者紹介

オフィスへのカフェスペース導入を推奨している業者をご紹介します。

・プラス株式会社
5tb2
http://www.plus.co.jp/news/150709.html
オフィス内にカフェスペースの設置を提案する事業「5 TSUBO CAFE (ゴツボカフェ)」を2015年10月からスタート。設置スペースの広さ、好みのデザインテイストに合わせて、1坪から設置できるカフェ空間を提案しています。規模の小さいオフィスでの検討にぴったり。

・ユニマットライフ
cafe_pic04
http://www.unimat-life.co.jp/ocs/cafe.html
オフィスコーヒーサービス業界№1の実績と人気のレストランやカフェを運営しているユニマットグループのノウハウを活かし、一般のコーヒーショップ以上のクオリティの企業内カフェラウンジの運営をサポートしてくれます。専門スタッフによる対面販売式、また業務用エスプレッソマシンをはじめ一般のコーヒーショップと同等の設備を導入できるのが魅力。カフェラウンジの導入を考える大手企業向けのサービスです。

1-4.オフィス向けコーヒーサービス

オフィスにカフェを設置するのはスペースや予算の関係で難しい…そんな企業には、場所を取らずに設置できるコーヒーサービスがおすすめです。オフィス内で手軽にコーヒーを飲むことができればわざわざ外に買いに行く必要もありませんし、コーヒーサービスを設置した場所には自然と人が集まりコミュニケーションが活性化したという企業も多くあります。初期費用がかからないものもあるので、試しに導入してみても良いでしょう。
オフィスに導入できるコーヒーサービスはこの記事で詳しくご紹介しています。

◆オフィスコーヒーとは?導入のメリット・デメリット
http://ashita-office.com/office-coffee-merit-demerit-554

2.オフィスとして利用できるノマドカフェ特集

最近はカフェで仕事をしている人をよく見かけますが、カフェは話し声が大きかったり、電源に制限があったりと、オフィスと比べ仕事には不向きな面があることは確かです。
でも最近ではビジネス利用に特化した、ノマドカフェと呼べるカフェも出てきました。決まった場所にオフィスを持たず、カフェなどで仕事をする人をノマドワーカーと呼びます。そんなノマドワーカーの第二のオフィスになりうるような、快適なカフェをご紹介します。

2-1.都内ノマドカフェ紹介

▼新宿「Caffice」 ※ワンドリンク制 ブレンドコーヒー¥540
caffice_shinjuku_002
http://caffice.jp/
「Caffice」は、その名の通りカフェ×オフィスをテーマにした、ビジネスマン向けのカフェ。利用シーンに合わせて「ラウンジ」「カフェ」「ビジネス」の3つのエリアを用意。ビジネスエリアでは、全席有線LANを完備し、PCワイヤーロックやプリンターサービスも提供しています。店内にはアーカイブ書庫が設置され、グラフィックデザインや建築を中心とした約350冊の書籍を揃えているのも魅力です。

▼新宿「BasePoint」 ※時間制 \480
cafe_img01
https://www.facebook.com/basepointcafe
カフェとしても作業場としても利用できる3階建ての時間制カフェスペース。1階は1時間480円で利用できるカフェ、2〜3階は貸会議室&レンタルスペースとなっており、基本的にどの時間帯もフリードリンク、夜は+100円でアルコールが飲み放題。3階は、最大40名収容可能なスペースです。企業研修や交流会、展示会など様々なシーンで活用されています。

▼市ヶ谷「The Third Lounge」 ※30分 \300~(会員料金)
サードラウンジトップ画像
http://thirdlounge.jp/cafe
コーヒーが1杯100円で飲める、ゆったりとしたカフェラウンジ。ノマド利用推奨の時間制なので、ゆっくりしていても他のお客さんに気を使わないで済みます。シェアオフィスも併設しており、ミーティングスペースとしても活用できるビジネスパーソンのためのカフェです。

▼外苑前「Office」 ※CAFE / \500~
cafe03_10_px600
http://www.transit-web.com/shop/office/
コンセプトは「カフェで仕事をする」で、まさに第2のオフィスにぴったりのカフェ。無線LAN環境も完備され、カラーコピー機やファクスなども使えるようになっている。店内では国内外の書籍も自由に閲覧でき、ギャラリーも併設されている。フードメニューやドリンクメニューも充実しており、夜お酒を飲みながら仕事をする人も多いのだとか。

2-2.ノマドカフェを探せるサイト紹介

オフィスカフェを謳っているカフェではなくても、電源の用意があったり、打ち合わせ利用も推奨していたりとノマドワーカーとして利用しやすいカフェは増えてきています。ここでは、そんなノマド利用が出来るカフェを探せるサイトをご紹介します。

▼Tokyo Nomad Work|AYAKOの東京ノマドカフェ図鑑
http://hlywd.co.jp/cafe/
路線別や集中する、まったり過ごす、ごはんを食べる、打合せに使うなどの目的別で探せるのが便利なブログサイト。各店舗レポートも詳細に載っています。

▼東京ノマドカフェマップ
http://www.rte.jp/
地図からノマドカフェを探すことのできる便利なサイト。店ごとに利用者のクチコミも見ることが出来るので、安心して仕事の出来るカフェを探せます。

3.まとめ

オフィスにカフェスペースを導入する取り組みや、オフィスのように仕事ができるカフェ空間をご紹介しました。
今はカフェなどで仕事をするノマドワーカーが増えてきたり、企業のオフィスでもリフレッシュスペースを用意したりするなど、適度にリラックスしながら仕事出来る空間作りが注目を集めています。
この記事がカフェスペースの導入を考えている企業や、オフィスのように仕事ができるカフェを探している方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*