什器とは?最低限必要なオフィス什器の知識解説マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
6e00d96ed75c653d0b482bad03ce0845_s

オフィス移転に関わると必ず聞く『什器』という言葉。皆さんはこれがどんな物かご存知でしょうか?

特にこれから開業する方や、オフィス移転に始めて関わる人は、事前に最低限必要な什器を把握しておかないと、後で「用意し忘れた」と慌てふためく事になりかねません。

また、仕入れのコストを気にして、中古にすべきか新品にすべきか迷う方も少なくありません。

ここでは、什器の説明や、中古、新品の選び方などを解説しますので、これを読んで最低限の什器に関する知識をつけ、中古にすべきか新品にすべきか選べるようになりましょう。

■目次
1.オフィスに置くべき什器リスト
2.什器を購入できるオススメサイト
3.利用期間で選ぶ什器の【購入、レンタル、リース】
4.什器の新品・中古の違い
4-1.新品購入で心機一転
4-2.安さなら断然お得な中古
5.まとめ

1.オフィスに置くべき什器リスト

什器とは、デスク、イス、パーテーション等の商用機材を指します。一般家庭で使うような食器やラックも什器と呼ばれますが、この記事ではオフィスで使う物に絞ってご説明します。

d_i_p

オフィスをこれから開業する方や、移転をするにあたって什器の見直しを考えている方にとって、どんな什器が最低限必要になるかを漏れなく把握しておく事はとても重要です。把握をしておかないと、後で「あれがない、これがない」と慌てふためく事になりかねません。営業デスクやイスなど、当たり前に必要な物以外で、最低限必要な什器を以下にまとめますのでご確認下さい。

■書庫

書庫

書類等のファイル整理・収納に欠かせない什器です。オープン式、引戸、両開き式等、様々な種類があるので、スペースや用途の違いを見ながら、自社に適した物を選ぶ必要があります。

■パーテーション

パーテーション

パーテーションとは、空間を仕切る間仕切りの事です。パーテーションを置く事で、後ろを見えないようにしてセキュリティを高めたり、部屋を分割したり、様々な使い方があります。おしゃれなガラスパーテーションや、ホワイトボードが組み込まれた会議室用パーテーションなど、種類も様々です。

■ワゴン

ワゴン

デスクの下に収納できるワゴンです。書類整理に役立つ上に、デスクの下に納められるので、省スペースに役立ちます。

■サイドワゴン

サイドワゴン

サイドワゴンとは、デスクの横に置く引出状のワゴンです。デスクの下に収納するタイプではく、デスクの横に置いて使用します。机の下に収納するワゴンタイプよりも収納量が多く、また上に小物を置けます。デスクの広さが足りない場合や、個人で整理する書類が多い場合はこれを選びましょう。ただし、スペースを使うので狭いオフィスには向きません。

■応接セット

応接テーブル

応接用向けのテーブルです。お客様向けに気品や高級感のある質感の物を選びましょう。大抵はイスとセットで売っている事が多いので、統一感のあるセット購入がオススメです。

■カウンター

カウンター

エントランスに受付用として置くことが多いです。おしゃれな物や、収納もできるタイプ、棚付タイプ等もあります。

■玄関マット・タイルカーペット

玄関マット

外出が多い仕事であれば、根強く付いた土、砂を落とすブラシタイプを入り口前に起きます。雨などの靴の濡れを落とす程度であれば、吸水性の高いフワッとしたタイプの物を屋内に設置します。

■金庫

金庫

金庫も什器の扱いになります。しまう者の種類によって、大きさや湿度の耐性を見ながら選ぶ必要があります。

2.什器を購入できるおすすめサイト

什器はほとんどネットで買い揃える事が出来ます。また、什器の販売をしている所は、ほとんどが移送、設置までしてくれたり、電話やコピー機など、オフィス関連のOA機器も扱っています。オフィス系の大型商品はほとんど1社で取り揃える事が出来ます。ここでは、全国展開しているおすすめの業者をご紹介します。

・オフィスコム
http://www.office-com.jp/
4万社を越える会員数を持つ、実績のある業者です。古物商許可や産廃物運搬許可があるので、移転時に不要になった什器の買取もしてくれます。2,000円以上で送料無料です。

・オフィスレスキュー119
https://www.119happy.com/ws/cate_office.jsp
デスクの種類やイスの種類など、かなり細かい検索が出来ます。たとえばデスクは片袖、両袖、平、オペレーション、パソコン、L字、フリーアドレス等々、種類が豊富です。「こんなものが欲しい」と具体的にイメージが出来ている場合、目的に合った物を検索しやすいサイトです。

・オフィスバスターズ
https://www.officebusters.com/chair/
値段をランク別に細かく検索する事が出来ます。新品、中古の違いはもちろんの事、中古の中でもS、A+、A、B+~Dまで、値段のランクがかなり細かく設定されています。ランクが下がる程値段と質が下がるので、安さを重視している方は、下のランクの物から見ていけば、理想の物を探しやすいです。

3.利用期間で選ぶ什器の【購入、レンタル、リース】

什器は購入だけでなく、レンタルやリースで使える物もあります。使う期間が限定されていない長期的な利用の場合は、初期費用は高くつきますが、総合的に見て購入の方が安く済みます。期間が限定されていればレンタルやリースの方が安く済みます。期間が短い(3年以下)の場合はリースよりレンタルの方が総合的に掛かる費用は安いです。

それぞれの違いは以下の通りですので、ご参考にして下さい。

購入_レンタル_リースの違い

4.什器の新品・中古の違い

什器の選ぶ基準として一番気になるのは値段かもしれません。しかし、値段以上に『社員のモチベーションを上げる』事が重要ですので、なるべく新品購入をオススメします。折角新しいオフィスに移転したのに、以前使っていた傷の付いたデスクや、汚れたチェアをそのまま使わされた時の社員の心持ちは、思いのほか「自分の会社はケチな会社だ」という考えを誘発します。

とはいえ、移転予算上、どうしても中古を買わざるを得ない場合もあると思いますので、新品、中古、それぞれの良さや注意点を以下でご紹介します。どちらにすべきかの判断材料としてご参考にして下さい。

4-1.新品購入で心機一転

オフィスマッチというオフィス移転の会社が、什器の調達方法に関するアンケートを取ったところ、新品を購入したという回答が全体で一番多かったそうです。

https://office-match.jp/blog/detail/41

グラフ

アンケート結果では新品の割合が多いです。やはりオフィス移転は社員のモチベーションを上げる重要な機会ですので、移転先で使うデスクやチェア、パーテーションなどが新しいと社員のモチベーションは更に上がります。「新品の匂い」も、意外と社員のモチベーションを上げるのに重要な要素ですので、新品購入が一番オススメです。

中には必ず新品で買うべき什器もありますので、以下でご紹介します。

① 衛生面に気を使う什器
ウォーターサーバーのような衛生面に気を使わなければいけない物は、必ず新品にしましょう。どんな汚れが隠れているかわかりませんし、社員の士気を大きく落とす原因になりかねません。
② セキュリティに気を使う什器
金庫や鍵付きワゴンなどの鍵を使う物は、中古で買うと前の利用者が鍵を複製して持っている可能性があります。特に金庫は重要な物を保管するので、新品に買い換えるべきです。
③ お客様用の什器
応接室に設置する机やイスは、お客様に会社の印象を与える重要な箇所です。綺麗で清潔感のある物を用意するべきですので、なるべく新品を取り揃えましょう。

4-2.安さなら断然お得な中古

値段は断然中古の方が安く、新品の半額前後の値段で売られています。古さや見た目により割引の額に差が出ますが、中にはセールなどで新品の9割の値段で売られている事もあります。

また、中古だと商品レビューを見られる事が多い為、買う前の検討材料として参考にする事ができます。

なお、購入する際に特に注意して頂きたいポイントが2箇所ありますので、以下でご説明します。

① 重要な傷や汚れのチェック
オフィス什器の中古用品は、通常は業者が一度クリーニングをしていますが、とはいえ一度誰かが使っている物なので、傷がついていないか、変な汚れがついていないかなど、事前にチェックする事が重要です。
一番良いのは、ネットで買う前に、業者に依頼して商品を実際に見られる店舗を案内してもらう事です。「取扱い商品はこの店舗で見る事ができます」と案内してくれるので、時間がある場合は一度実際に見てみましょう。
実際に見られない場合でも、返品期間が1週間前後設けられているので、とりあえず買ってみて、納品後すぐに状態をチェックしましょう。
② 統一感が出せない場合がある
物によっては、在庫数に限りがあり、一式揃えるのが困難な場合があります。そうなると全体の統一感を出せない場合があるので、統一感を出す必要がある場合は、新品の方が見つけやすいです。

5.まとめ

最低限必要なオフィス什器は把握できたでしょうか?オフィス開業やオフィス移転に関わると、どんな什器を揃えるべきなのか、考えなければいけない場面に必ず出会います。ここで最低限の知識をつけておく事で、什器の用意漏れをなくし、移転後に「あれがない、これがない」と慌てる心配がなくなります。

また、レイアウトや内装の話をするときに、必ず什器の話になるので、この知識をつけておくと、どんな什器がどこに置かれるのかイメージしやすくなる為、内装関連の話をスムーズに行えます。

併せて、新品や中古の違いの知識をつけて頂き、自社にあったお得な什器発注が出来るようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*