【男女別】オフィスカジュアルどこまでOK?夏のオフィスコーディネート100選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
-shared-img-thumb-Green11_kessai20141123152655_TP_V

オフィスカジュアルやクールビズが一般化する昨今、誰もが悩む、オフィスでのファッション。
「毎日コーディネートを考えるのが面倒くさい」と思う人もいれば、「そもそもオフィスカジュアルの基準って何!?」と、悩む方もいるのではないでしょうか。
オフィスカジュアルといえども、認識を誤っていると、品がない・常識がないと思われてしまうこともあります。

ここでは男女別に、今年の夏のオフィスでのおすすめコーディネートをご紹介します。
オフィスではNGな注意点や、持っておくと便利な定番アイテムも確認し、TPOにあった形でおしゃれを楽しみましょう!

《目次》

《レディース編》
1、オフィスカジュアルとは?【レディース】
2、気をつけたい5つの注意点【レディース】
3、スカート派×パンツ派!夏のコーディネート【レディース】
4、オフィスで使える着まわしアイテム5選【レディース】

《メンズ編》
5、ビジネスカジュアルとは?【メンズ】
6、気をつけたい5つの注意点【メンズ】
7、シャツ&ジャケットスタイル!夏のコーディネート【メンズ】
8、オフィスで使える着まわしアイテム6選【メンズ】

9、まとめ

1、オフィスカジュアルとは?【レディース】

オフィスカジュアルとは、スーツからカジュアルダウンしたオフィスでの服装を指します。
あくまで「仕事のしやすい服装であること」が基本。オフィスでは、カジュアルすぎない清楚な着こなしやきちんとした雰囲気が求められます。

「どこまでがOK」というラインは、企業によってまちまちです。
デザインなどのクリエイティブ系の企業であればTシャツにジーパンのようなカジュアルな服装でも良いところもありますし、営業など客対応が多い職種や真面目なイメージの企業などでは、スーツのジャケットを脱いだだけ、のようなかっちりしたスタイルしか認められない場合もあります。

最初はスーツから、シャツの色を変えたり、ボトムを変えたりして徐々に崩していくのが無難です。
他の先輩社員の服装を見て、お手本にすると失敗しにくいです。

 

2、気をつけたい5つの注意点【レディース】

オフィスカジュアルを選ぶ際の基準として、オフィスで避けるべきNGスタイルをご紹介します。
一般的なポイントなので、企業によってはOKという場合もあります。

① 露出の多い服装

1

http://www.dena-ec.com/
露出が多いと感じる箇所は、腕、背中、胸元、足です。
オフィスでは、ノースリーブや胸元が大きくあいたトップスは控えましょう。
胸元はインナーを着ることで、腕はカーディガンを羽織ることで露出を抑えることができます。
暑い日でもせめて半袖のブラウスなどで肩と胸元をガードし、だらしない格好にならないよう工夫しましょう。

②丈が短すぎる

2

https://cubki.jp/
上半身がオフィススタイルでも丈の短すぎるスカートではNGです。
ショーパンやミニスカート、スリットの入ったようなものは避けるようにしましょう。
具体的に膝上何センチまで、と決まっている会社は少ないと思いますが、膝上5センチ以上のスカートですと、座った際に太ももが見え、品のない印象となってしまうので注意しましょう。

③派手なカラーリング

3

http://www.popsugar.com/
原色に近いもの、発色が強いものは基本的にはNGです。
私服で着る分には可愛くても、オフィスでは周囲から浮いたスタイルとなってしまいます。
インナーの場合は上着などで調整を、ボトムスはできるだけ落ち着いた色を選ぶようにしましょう。

④デニムやローライズ

4

http://www.dholic.co.jp
一般的にデニム素材はNGなところがほとんどです。
ダメージの入ったものなど、カジュアルすぎる印象を与えてしまうので避けるようにしましょう。
パンツだけでなく、デニム素材のスカートも選ばない方が無難です。
自由な社風である場合は、認められている事例もあります。自社で確認してみましょう。

⑤華美なアクセサリーやカジュアルすぎる帽子・靴

45

zozo.jp
以下のものは、オフィスでは基本的にNGなので注意しましょう。
・ニット帽やキャップなど、カジュアルな帽子
・サングラス
・華美なアクセサリー
・スニーカー
・厚底サンダル
これらがOKなのは、アパレル、クリエイター系、ベンチャーなど、かなり自由な社風のみに限られるかと思います。
社外の人に会う機会もあるので、特別な事情がない限りは控えましょう。
帽子は出勤時などはかぶっていても問題ないですが、オフィスでは外すのがマナーです。
足元はパンプスが基本。アクセサリーは小ぶりのものを選びましょう。

3、スカート派×パンツ派!夏のオフィスコーディネート【レディース】

実際に、これからの季節におすすめなオフィスのコーディネートを紹介します。
パンツ派とスカート派に分けて、スーツを少し着崩したかっちりスタイル~カジュアルスタイルまで幅広く紹介しますので、シーンに合わせてコーディネートの参考にして下さい。

《パンツ派》

m_0738bf94a8a6f02f72fddd6dff5c4175f3621139

http://blog.uktsc.com/nihonbashi/84048
明るめのグレーのスーツに、ダークトーンのカットソーを合わせることで、落ち着いた印象に。青みがかったグレーは爽やかさを与え、肌色を明るく見せる効果を発揮します。

無題

http://urx2.nu/u8Nq
黒のスーツパンツにフェミニンなシャツを合わせることで、大人の女性らしさを演出できます。ボタンのアクセントが普通のブルーシャツとは違う個性を演出してくれます。

img60967641
http://item.rakuten.co.jp/justyle/10000458/
ベージュのパンツはラフな印象を与えがちですが、黒のジャケットとベルトがアクセントになってクールな印象に変化します。短めなジャケットを選んで動きを出すと“出来る女”感が増します。

thumb_faq7

http://www.ny-onlinestore.com/special/120314_fresher.php
目立ちがちな白のパンツも、上をダークトーンにすることで抑え目になります。同色のカーディガンをはおることで、かっちりしすぎない、ゆったりとした印象を与えましょう。

6_1s2

http://bo-te.jp/coordinate/index.php?id=coord_00006
インナーは総レース地にリボンがあしらわれた可愛らしいものですが、同系色のカーディガンと、大人っぽさを見せる濃紺のパンツできっちりと締めた印象を与えています。

01c565d1-acf4-4923-8176-fe6c7b99d5c1

https://jp.pinterest.com/pin/501940320942980143/

ジャケットは、オフィスカジュアルにおいて必須のアイテム。特にネイビーは、柔らかい印象を与えてくれるので取り入れやすいです。裾を巻くってくるぶしを見せることで、涼し気な雰囲気にしています。

m_3c4aa144707fe1f25bdfbdd167d86cefb0e56ac5
http://blog.uktsc.com/shinjukuhigashi/40835
柄物も、モノトーンなら派手にならずにお洒落さを演出できます。トップを同系色のグレーにすることで、主張を抑え、柄を馴染ませているところがポイントです。

thumb_faq3

http://www.ny-onlinestore.com/special/120314_fresher.php
柄物のトップスと同系色のジャケットを合わせたコーディネートです。ジャケットで見える部分を限ることで、全体的に派手すぎない、お洒落な印象を与えます。

20150510223543400_500

http://wear.jp/capricornus_yh/4122905/
明るいブルーのジャケットが目を引くコーディネートです。上下をシンプルにすることで、ジャケットのブルーが丁度良いアクセントになります。ジャケットにアクセントを持ってくると、場面に合わせて着脱できるのが良いですね。

20150629161516969_500
http://wear.jp/tomomi621/4441207/
ボトムスからトップスにかけてのグラデーションを意識することで、顔の周りを明るく、足を細く見せることができるコーディネート。トップスのボーダーが、シンプルなファッションにメリハリを与えます。

E1459766115112_a770_4

http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-5108118/
スーツ用のカットソーよりもカジュアルなデザインのトップス。襟から肩にかけての丸みが女性らしさを強調しています。薄いブルーのカーディガンが明るい印象を与えてくれます。

img62041973
http://shop-list.com/women/darkangel/nctop-20371/
丈の長めなトップスはフェミニンな印象を与えますが、黒と白のコントラストがカジュアルになりすぎずメリハリをつけてくれます。アクセサリーでアクセントをつけても良いですが、場面に合わせて、派手になり過ぎないようにしましょう。

f6366280516aad3f8cf6f90952c75d47

http://www.jadore-jun.jp/

格子柄のパンツを取り入れたコーディネートです。シャツは夏らしい清潔感のあるブルーをチョイス。シャツをパンツにインすることで、きっちり感と脚長効果が期待できます。

680T_160222n7W3pE

http://www.uniqlo.com/jp/news/topics/2016022301/

流行に敏感な方は、ジョガーパンツを取り入れましょう!おしりや太ももはゆったり履けて、裾に向かってキュッと締まっているのが特徴的です。きれいに見えるだけではなく、履きやすいのが嬉しいですね。

w20120530-3_main

http://www.ny-onlinestore.com/coordinate/coordinate_woman_ny.php?cid=703#
鮮やかな黄色のシャツが夏らしいコーディネートです。袖を折って露出を抑えることで、明るい色でも大人らしさを演出しています。襟を大きく広げると首周りもすっきり見えます。

0613902_6

http://item.rakuten.co.jp/plusnao/0613902/

トップスにピンクを持ってくることで女性らしい雰囲気になっています。袖部分のリボンがアクセント。上下のアイテムが無地でシンプルなので、小物を柄物にするとバランスがとれます。

fbc0362dba14ea2a01424d984e8c2583

http://design-dtp.net/uniqlo-officecasual/
シンプルな白のシャツに、目を引くブルーのパンツがポイントです。派手な印象かと思いきや、どちらもラインがすっきりとして余計な飾りのないデザインなので、オフィスでも馴染むこと間違いなしです。

t055_1
http://item.rakuten.co.jp/koeistore/t055/
黒のゆったりとしたシャツに、柔らか味のある素材を使ったパンツで、ダークトーンでも柔らかさをかもし出しています。肩に透け感のあるレースをあしらっているので、夏でも涼しげな印象です。

20150510202851447_500

http://wear.jp/kanegaemayuko/4121886/
ロングジャケットにすることで、動きが出て、よりアクティブな印象を与えます。ヒップラインも隠してくれるので、ストライプのパンツを合わせることでさらに足を長く、よりスタイルよく見せてくれます。

da05467915108227d7dbceb929a5d60d

http://classicnoise.blogspot.jp/
柄×色を使ったコーディネートはいかがでしょうか?夏定番のボーダーをジャケットに取り入れました。パンツはピンクを選んで可愛らしさをプラス。一つ一つのアイテムは派手に見えがちですが、こうして合わせるときれいにまとまります。

0b4eef9b7c2b03453d663599621046cb

http://woman-lifeinfo.com/yellow-in-all-seasons/
イエローを上手く取り入れたコーディネートはこちら。ネイビーのトップスが、イエローのカジュアル感を控えめにしてくれます。また、パンツの生地はレースになっているので、涼し気な印象を与えます。

20160422200724447_500

http://wear.jp/yfa09722/6790485/
コクーンシルエットと呼ばれる、太ももから足首にかけて絞られているパンツです。流行を取り入れたスタイルですが、ジャケットとトップスをフォーマルにすることで、カジュアルすぎず、バランスの取れたコーディネートにしています。

gu-skircho-skants-coordi-3-225x300

http://trend-keyword.com/gu-skircho-skants-coordi
流行のスカンツを組み込んだコーディネートです。スカートのように見えて実はパンツという、見た目の女性らしさと実用的な動きやすさを両立させたパンツです。茶の落ち着いたカーディガンを合わせることで大人可愛いを演出しています。

スクリーンショット (30)

http://tomothai.net/post-3085/
スカンツは、去年から人気が継続中!カーキ色にすることで、落ち着きがありながらもおしゃれな印象を与えてくれます。オフホワイトのブラウスとも相性はばっちりです。靴や小物は濃い色を持ってきてメリハリをつけましょう。

8900_03721_2

http://www.nissen.co.jp/cate001/event/SL14SU101/coord/8900_03721_2.htm
トップスに明るいグリーンを取り入れることで爽やかさアップのコーディネートです。ギャザーがあるとシンプルでも質素ではない、可愛らしさを見せてくれます。

074f283137c843ccfd6b4897fabf115f

http://design-dtp.net/uniqlo-officecasual/
吸水性が高いので夏には実用的なポロシャツですが、カジュアルな印象を与えがちです。パンツをスーツや、サブリナパンツ(8~9分丈の細身のパンツ)と合わせることで、フォーマルな印象になるようバランスをとりましょう。

l8735_04
http://item.rakuten.co.jp/gold-japan/z02-l8735/
ひざを見せない6部丈のパンツに、袖と襟の丸いシャツを合わせた、大人可愛いコーディネートです。これ以上露出が多いとオフィスには向かなくなってしまうので、カーディガンなどを合わせて、足元のお洒落に焦点を絞るのも良いでしょう。

 

821b84cd4726ef5b12fa403dc493bbac

http://wear.jp/dholic/4599410/
春に続いて夏にもプリーツがトレンドに!プリーツガウチョに華やかなフリルブラウスを合わせると、女性らしい可愛いコーディネートになります。見た目はスカートのようですが、パンツスタイルなので動きやすさも抜群です。

M021620700500_M_LL

http://runway-webstore.com/
一見スカートに見えるスカンツ。パンツに抵抗がある方でも、フェミニンなスカンツなら取り入れやすいのでは?薄手のブラウスにシフォン素材のパンツを合わせて、爽やかなコーディネートになっています。

set1

http://online.labelleetude.com/form/static/201509_setCoordinate.aspx?&advc=mail
一見するとロングスカートのようにも見える、流行のワイドパンツを取り入れています。
毎日パンツルックの人も、たまにシルエットの変わる洋服を取り入れると、普段と違った女性らしさが出て毎日のアクセントにもなります。

20160427103146018_500

http://zozo.jp/shop/titivate/goods-sale/10974672/?did=26001245
こちらは、実は上下繋がったサロペットです。別の生地を使い、柄も全く変えることで、自分で組み合わせたかのようなお洒落さを出します。ゆったりしたワイドパンツなので、ロングスカートにも似た、フェミニンな動きをだしてくれます。

10961675B_8_D_500
http://zozo.jp/shop/mystywoman/goods/9961675/?did=25542182
オールインワンはインナー次第で大人っぽさを出してくれます。Vネックの白いカットソーにすることで、オールインワンとの一体感を出し、子供っぽさを回避しています。腰元からふっくらするのが特徴なので、丈の短いジャケットを合わせるとフォーマル感がアップします。

スクリーンショット (31)

http://shop-list.com/women/lenge/J326-868-eg/
セットアップのコーディネートです。トップスとボトムスの間はファスナーがついており、おなかが見えてしまう危険を防ぐことができます。ストライプ柄であるため、黒でまとめても重い印象になりません。

《スカート派》

21
http://www.y-aoyama.jp/
シンプルな形のスーツに柄物のスカーフがアクセントになっていて、おしゃれな印象をもたらします。また、スーツの柄をストライプにして水色のシャツをインすることで、清潔感があり爽やかなコーディネートに仕上がっています。

E382B7E383A3E38389E383BCE382B9E38388E383A9E382A4E38397E382B9E383BCE38384EFBC91

http://belluna.jp/
先ほどと同じスーツスタイルですが、こちらはスカートがフレアタイプとなっています。ジャケットからはブラウスのリボンが覗き見え、シンプルながらも女性らしい雰囲気にしてくれます。

351602f2(1)

https://www.dinos.co.jp/pc/005062288004/1904103137/2/?id=005062288004___1376909
大人なイメージにしたいときは、濃い色のジャケットを取り入れましょう。高い位置に濃い色があると、落ち着いて見えます。また、そこに柄のスカートを合わせて少し遊び心を持たせることで、余裕がある印象を与えてくれます。

160321_women_28-xxl

http://www.uniqlo.com/jp/stylingbook/pc/style/8237
こちらも落ち着きのあるコーディネートです。トップスに濃い色を入れていますが、白いカーディガンを羽織ることで女性らしい印象になります。無地を合わせて、シンプルできれいに仕上げています。

スクリーンショット (28)

http://oggi.tv/content/1604aoki/con02_01.html
明るい色のジャケットが爽やかに見せてくれるコーディネートです。女性らしいフレアスカートが、柔らかい雰囲気にしてくれます。夏らしい明るさと清潔感があるため、営業先でも好印象でしょう。外勤の女性におすすめです。

A92178pb01_44113A

http://www.bellemaison.jp/
こちらは、襟のないノーカラージャケットを取り入れたエレガントなコーディネートです。上下の色を合わせることで、まとまりがあってよりきれいに見えます。お客様をご案内する機会の多い職種におすすめです。

372802f5(1)

https://www.dinos.co.jp/pc/005062288004/1125203488/5/?id=005062288004___1376249
白いペンシルスカートが印象的なコーディネートです。女性らしいボディラインがありつつも、白色によって上品に見せてくれます。アクセントでカーディガンをプロデューサー巻きにして、デキる女性を演出しています。

8900_03721

http://www.nissen.co.jp/cate001/event/SL14SU101/coord/8900_03721.htm
女性らしい印象を与えたい方は、コーディネートにピンクを取り入れましょう。また、白いブラウスとフレアスカートの組み合わせで上品な雰囲気になります。オフィスの華になること間違いなしです。

mobile_picture

http://oggi.tv/
白色の上下にネイビーのジャケットを合わせて、メリハリのあるコーディネートです。白色は柔らかい印象を与えますが、タイトスカートにしてキリッとしたイメージに仕上げています。

mig

http://oggi.tv/
夏らしいイエローを取り入れたコーディネートです。ボーダーのトップスにイエローのスカートの組み合わせは、派手な印象を与えかねません。そこでノーカラーの黒ジャケットを合わせることで、一気に落ち着いた雰囲気を実現させます。

ビジカジ02

http://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=GGV2600&recent_history
鮮やかなオレンジに黒のカーディジャケットをあわせたコーディネート。
主張の強いスカートですが、ジャケットと靴を黒で統一しているのできちんとした印象になります。
ジャケットも柔らかい生地を使用しているので女性らしい雰囲気に仕上がります

ビジカジ15

http://more.hpplus.jp/fashion/look/498
定番の黒スカートと白シャツですが、ビビッドなピンクのカーデガンを合わせるだけでぐっとオシャレ度が上がります。
シンプルながら存在感のあるアクセサリーを合わせることでより華やかな印象にしあがります。

8950_02701_2

http://www.nissen.co.jp/cate001/event/SL14SU101/coord/8950_02701_2.htm
ジャケットを着たくない方は、このコーディネートがおすすめです。ジャケットを着なくても、シャツとタイトスカートがキチッとしたイメージを持たせてくれます。シャツの色としては珍しいカーキ色を取り入れて、少し余裕のある雰囲気にしています。

original

http://topicks.jp/
夏のコーディネートには、ブルーを取り入れて涼しく見せましょう。シャツにフレアスカートを合わせると、女性らしさがグンと上がります。小物を黒にしているので、服の色とのバランスが上手くとれています。

i8959-t1

http://item.rakuten.co.jp/isyokujiyu/098i8959xxx/
シンプルな色使いのコーディネートです。白いブラウスには襟元にリボンがついており、スカートは飾りのベルトがアクセントになっています。色のパターンこそ定番ですが、着るアイテムにデザイン性を求めれば飽きのこないコーディネートに仕上がります。

224

https://www.aoki-style.com/
ピンクは取り入れたいけど、女の子っぽい印象に抵抗がある…そんな方は、カーディガンや小物に濃い色を取り入れましょう。差し色となって、ピンクの効果が控えめになります。甘すぎずクールすぎない、ちょうどいいコーディネートの完成です。

ビジカジ05

http://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=BVK1610
グレーのアンサンブルに花柄のスカートを合わせたコーディネート。レースをあしらっているのできちんと感がでます。花柄のブルーとグレーの色合いが相性抜群です。

ビジカジ07

http://www.style-deli.com/fs/styledeli/_skirt/231517
落ち着きのある大人っぽいロングスカートにざっくりした白のトップスを合わせたコーディネート。
すっきりとしたラインですが、自然と広がる裾が女性らしいラインを作り出してくれます。
スカートが黒で思い印象になってしまいがちなときは、靴はベージュを合わせることでスタイルが良く見えます。

ビジカジ11

http://withonline.jp/fashion/2747
黄色のスカートが印象的なコーディネート。
フレアな素材が女性らしい印象を与えます。
トップスはグレーのロングカーデにネイビーのトップスと落ち着いた色味をあわせることでシックな大人の雰囲気に仕上がります。

ビジカジ13

http://withonline.jp/fashion/2667
ミントグリーン、白と淡い色でまとめたコーディネート。
ひだの細かいプリーツやVネックのアイテムを取り入れることで甘さを抑え大人っぽい印象に。
足元にはトレンドのレースアップシューズを取り入れています。

ビジカジ10

https://baila.hpplus.jp/fashion/buybaila/3853
ワンピースの上に羽織ったシャツを腰の部分できゅっと結んだコーディネート。
はやりのヌーディーカラーに、白シャツ取り入れることでオフィスらしいきちんと感を演出できます。
靴やバッグの色も同系色でまとめることで統一感のある服装に仕上がります。

B98526_04

http://urx2.nu/u8Om
ダークなトーンの色使いが好きな方におすすめのコーディネートです。タイトなスカートをあえて少し大きめに着ると、きっちりとしすぎないイメージになります。色使いとシルエットが、落ち着いた印象を与えてくれます。

20150715081731744_500

http://wear.jp/sayumin20/4541052/
ボーダーをうまく取り入れるには、色の薄いものを選びましょう。グレーにすることで、本来のボーダーの強調が緩和されます。また、トップスをかぶせてボーダーの領域を小さくすれば、抵抗なくボーダー柄を着られます。

20151001233359306_500

http://wear.jp/dannyanne/5081363/
タイトスカートは体のラインが出やすいため抵抗がありますが、小さい柄のものであれば取り入れやすいです。特にレース柄は、透け感もあって涼しい印象も与えることができるため、夏にぴったりです。

ビジカジ09

http://belluna.jp/ryuryu/01/010201/d/OBDO/00058/goods_detail/
レース素材をトップスにもってくるのもお勧めです。
すっきりとしたシルエットになるのでボリュームのあるボトムを合わせるとスタイルがよく、また女性らしい印象に仕上がります。

832a537437863a9ba70e63b743a8830b

http://www.extrapetite.com/
シンプルなコーディネートです。黒を基調としているので、可愛らしいイメージのギンガムチェックも浮くことなくまとまっています。合わせ方によって可愛くも大人っぽくも見えるギンガムチェック、実はとても万能なのです。

JSG0114F0032_pz_a001

http://masi-maro.com/
イエロー×ブルーは、夏の爽やかさを引き出すためにぴったりな組み合わせです。イエローのカーディガンで目立つ分、スカートや小物をブルーにまとめてすっきりした印象に。涼し気な色の格好で、夏を乗り切りましょう。

ビジカジ04

http://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=GDC1651
メッシュ素材を使用したミモレ丈のスカート。
透け感のある素材をつかっていますが、メッシュ素材のため適度にカジュアルダウンしています。
モノトーンのコーデにすることできちんとした印象です。

1463031929_17

http://jp.styleonme.com/
ガーリースタイルのワンピースも、ノーカラージャケットを合わせることで甘くなりすぎません!このようにオフィスに不向きな洋服も、オフィス向きのアイテムと合わせると、うまくまとまります。

ビジカジ08

http://belluna.jp/ryuryu/01/010201/d/OBDO/00207/goods_detail/
大きめの花柄総レースにブルーのニットカーデを合わせています。
ガーリーになりすぎる嫌いもある白のワンピですが、爽やかなブルーを合わせることできちんと感を演出できます。

ビジカジ03

http://www.jadore-jun.jp/products/detail.php?product_code=GGE2605
爽やかな印象のブルーのシャツワンピです。
腰によったギャザーがこなれ感を演出するだけでなく、スタイルも良く見せてくれます。
サンダルを合わせることでより夏らしい涼しげなコーディネートになります。

ビジカジ06

http://i2.wp.com/tomothai.net/wp-content/uploads/2016/04/hrrtj.jpg
丈の長いギャザースカートに黒いシフォンのトップスを合わせています。
全体的にゆるっとしたシルエットが女性らしいです。
足元にメタリックなシルバーのサンダルを合わせることで流行を取り入れています。

ビジカジ12

https://baila.hpplus.jp/fashion/f_matome/3380
ガーリーなコーディネートに飽きてきたら、辛口なカーキを合わせましょう。
カジュアルになりがちなカーキですが、白のロングスカートを合わせることで綺麗なコーディネートに仕上がります。
靴は同系色でまとめるのがおすすめです。

ビジカジ14

https://baila.hpplus.jp//fashion/f_matome/3807?page=5
ボトムにカーキを取り入れるのもお洒落です。
ゆるっとしたシルエットなので最近のトレンドのゆるっとした白シャツとの相性もバツグンです。
その他のアイテムを白でまとめているので女性らしさの残るコーディネートに仕上がっています。

201407271555070

http://withonline.jp/fashion/556
動きやすさのあるコーディネートです。ぴったりめのポロシャツにしてボタンを閉めると、きっちりとした印象になります。グレーに白とシンプルな色使いですが、ポロシャツの存在がグッとおしゃれにしてくれます。

d7002c7e143940fec8c5929ece9c2b958dc7f5b9

http://zozo.jp/
夏に人気のコーディネートといえばこちら!白いスカートにボーダーのトップスを合わせれば、夏らしいマリンコーデの完成です。ボーダーは主張が強いので、シンプルで明るいアイテムを合わせるとすっきりまとまります。

_1431649646_23833

http://www.pal-blog.jp/brand/loungedress/shop/diamorosaka
カジュアルな格好が許されるオフィスであれば、ロゴの入っているトップスに挑戦してみましょう。シンプルなコーディネートでも、ロゴがアクセントになってメリハリがつきます。さらに差し色で黄緑のカーディガンを腰に巻けば、余裕のある大人風に仕上がります。

4、オフィスで使える着まわしアイテム5選【レディース】

ここでは、「これを持っていれば大丈夫」といったオフィスカジュアルで使える万能アイテムを紹介します。
着回しも効くのでまずはここで紹介するものからそろえていきましょう。

黒ジャケット

1

http://design-dtp.net/
襟付きの黒ジャケットには何にでも合う万能アイテムです。
オールシーズン使えるので、1枚は持っておきたいですね。
会社のロッカーに置いておけば急な来客対応にも焦ることなく対応出来ます。

白シャツ

2

img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp
クリーンな白シャツは着回し力No.1です。
綿素材だけでなく、サテンや麻など、好みや季節に合ったものをいくつか持っていても良いでしょう。
しかしシワがつきやすいものもあるので、素材には注意して下さい。

パンプス

3

http://item.rakuten.co.jp/
黒、もしくはベージュなどの落ち着いた色合いのパンプスであれば、どんなコーディネートにも合います。
オフィスで履きかえる用に会社に1足置いておく人も多いですね。
デザインはシンプルなものがよく、10センチ以上のヒールは避けたほうが無難です。

ストッキング

4

https://www.lusc.jp/
ビジネスの場において素足は厳禁です。
必ず、タイツ・もしくはストッキングを着用するようにしてください。
また網タイツや派手な柄のストッキングはNGです、プレーンなものを選ぶようにしてください。
こちらも会社に予備を置いておくと急な伝線にも対応できるので便利です。

カーディガン

5

http://voi.0101.co.jp/
オフィスでの温度調整に欠かせないのがカーディガンです。
自分だけの空間ではないので、体調に合わせて調節できるよう、常に置いてあると安心です。

5、ビジネスカジュアルとは?【メンズ】

男性のオフィスカジュアルは、ビジネスカジュアルとも呼ばれ、スーツからカジュアルダウンした服装を指します。
基本的に、スーツのような上下同じものでコーディネートするのではなく、上下で色や素材など異なるものを組み合わせたスタイルです。

夏は環境省がクールビズを打ち出しており、スーツのような暑い格好は避けるためこうしたスタイルが一般的になってきました。
環境省は、クールビズで推奨する服装を発表しています。
その基準を見てみましょう。
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17496&hou_id=13775

2005年からクールビズを推奨している環境省は、2013年に新たにスーパークールビズ期間を設けました。
オフィスでの服装は「ノーネクタイ、ノージャケット」が謳われたクールビズから進化し、かりゆしシャツなどもOKとなっています。

ちなみに、今年のクールビズ期間は以下の通り。
スーパークールビズ
2016年6月1日~9月30日
クールビス
2016年5月1日~10月31日

クールビズで服装の基準が緩んだからといって、浮かれた格好をすると社内で浮いてしまう可能性があります。
取引先の信頼や、社内の同僚の目線も気にしながらビジネスにふさわしい服装を選びましょう。

6、気をつけたい5つの注意点【メンズ】

① 皺がよったり、汚れている
スーツでもオフィスカジュアルでも、しわの寄ったジャケットや洗濯のしすぎでクッタリとしたシャツはNG。
基本的にはピシッとアイロンされたシャツやパンツにジャケット、というスタイルが好ましいです。

fabric201403_1_01

https://lidea.today/articles/132
②全身黒や派手なカラーリング
全身黒は、リクルートや冠婚葬祭のイメージが強く好ましくありません。
また、原色などオフィスでの仕事に不似合いな派手なカラーは避けた方が無難です。
ビジネスカジュアルの定番カラーであるネイビー、グレー、ブラウンの3色をうまく使いコーディネートしましょう。

imgc6517b89zikdzj

http://kurumani.com/?cat=52&paged=2
③ Tシャツ
Tシャツは、あまりオフィスには向きません。Yシャツやポロシャツなど襟のあるシャツを着用するのが無難です。
無地のカットソーであれば、ジャケットやシャツのインナーとして着用するのはOKな場合もあるので、先輩社員の服装を参考にしましょう。

ダウンロード

http://urx2.nu/u8OG

 

④ ジーンズ

id%3Dcd8924_1%26w%3D300%26h%3D540
オフィスによりますが、ジーンズはカジュアルすぎるためNGという企業も多いです。
特にダメージやブーツカットなどのデザインが入ったジーンズは会社に履いていくには不向きです。

 

⑤ 短パン、サンダル

m_db5fe8db97de69a31fac71e83bf9c9b4918bef62
スーパークールビズ期間であっても、短パンやサンダルは常識的にNGとみなされる場合が多いです。
ビジネスの場での「足出し」は、だらしなく見えると信頼感も下がる上、女性ウケもあまり良くないので、おしゃれ上級者以外は避けた方が無難です。

7、シャツ&ジャケットスタイル!夏のコーディネート【メンズ】

実際に、これからの季節におすすめなビジネスカジュアルのコーディネートを紹介します。
スーパークールビズにも対応出来る涼しげなシャツスタイルから通年で使えるジャケットスタイルまで幅広く紹介しますので、シーンに合わせてコーディネートの参考にして下さい。

《シャツスタイル》
ビジカジ46
http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=6806
ボトムはネイビーのチノパンにスエードのシューズと比較的定番のものを取り入れています。普通の白シャツでは平凡ですが、襟のふちやボタンでさりげなく主張することで、一味違ったお洒落なコーディネートに仕上がります。

9999161110549

http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999161110549/
ファッションに取り入れるのが難しいピンクのワイシャツには、グレーやブラックカラーの落ち着いたパンツを取り入れましょう。シンプルなコーディネートですが、ピンクが個性を強めてくれます。

ビジカジ40

https://lookastic.com/
色味が強めのブルーシャツを選ぶことで夏らしさを演出しています。足元をロールアップにして足首を見せることで清涼感がさらにアップ。靴を見せることを意識して、夏らしく軽量なタイプを選ぶと良いですね。

68-16S-125_00-s-02-dl

http://onlineshop.orihica.com/fs/orihica/68-16S-125_00
シンプルなネイビーのポロシャツにグレーのパンツといった落ち着いたコーディネートです。この組み合わせならどんな職種の方にも馴染みます。

id%3Dcd12770_1%26w%3D300%26h%3D540

http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=12770&site=biz
シャツに合わせてネイビーとホワイトを中心にコーディネート。ベルトや靴もネイビーで揃えているので統一感がでています。シャツの襟などに白のラインがはいっているので定番コーデが洗練された印象に変わります。お洒落にベルトを見せることも意識しましょう。

11-gws5506-biz-9

http://biz.menz-style.com/item/detail?item_code=11-GWS5506
ブルーのシャツは爽やかな印象に仕上げてくれます。明るいボトムを合わせるのもありですが、黒のチノパンを合わせることで落ち着きのあるコーディネートとなります。

ビジカジ21

http://biz.menz-style.com/item/detail?item_code=73-76961&site=biz#head
これからの時期に活躍しそうなテーラード・ジレ(ベスト)。シャツ1枚に比べ、きっちりとした印象を与えます。黒のジレに赤いネクタイを合わせているのでクールに決まっています。

9999151110811

http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999151110811/
パンツとセットアップのベストを着て、お洒落感をアップさせましょう。夏には黒が重くなりすぎるので、白のシャツや袖をまくることで清涼感をプラスしてください。

id%3Dcd10413_1%26w%3D300%26h%3D540

http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=10413
柔らかい雰囲気を出したいなら、ニットベストをおすすめします。かっちりせず、でもフォーマルにまとまります。夏用の薄いニットベストなら暑さも心配ありません。シャツは明るい色にして、ベストとパンツを濃い色にするとグッと締まります。

ビジカジ48

http://kurumani.com/?p=83
定番になりがちな白シャツとネイビーのチノパン。夏らしくて爽やかな印象ですが、ついみんなと同じ格好になってしまいます。オレンジのニットタイを用いることで周りと差をつけてみるのはいかがでしょうか。

ビジカジ22

http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=16773&site=biz
こちらのような、1色のラインで大きな格子をつくっているチェック柄をウィンドウチェックといいます。そのウィンドウチェック柄のシャツに無地の白いパンツを合わせることで、シャツの柄を際立たせているコーディネートです。

ビジカジ18

http://retrodrive.tumblr.com/post/78598864703/casual-male-fashion-blog
ピンクのチェック柄シャツにドットのネクタイとカラーも取り入れたお洒落上級者向けのコーディネートです。実はチェックのシャツにドット柄のネクタイは相性が良いのです。大きいドットだとカジュアルな印象になるので、小さめのものを合わせるのがポイントです。

ビジカジ41

http://mensfashionworld.tumblr.com/
濃いグリーンと白のパンツが夏の暑さを和らげるコーディネートです。男性の場合、白のパンツに何を合わせるべきか迷うところかもしれませんが、このように、濃い目のグリーンやブルーを取り入れることで「清潔感のあるお洒落」というイメージを持たせることが出来ます。

ビジカジ09

https://jooy.jp/39828
ジャケットを省くとカジュアルになりがちなポロシャツですが、黒を選ぶことでぐっとしまった印象になります。ポロシャツの子供っぽさも、薄いグレーのチェックパンツにすることで大人っぽさへと変えています。

ビジカジ17

http://urx2.nu/u90C
襟やリブにあしらいのあるポロシャツです。ワンポイント以外のアクセントが入ると一気にお洒落な印象になります。ただしビジネスシーンのため華美になりすぎないよう、パンツなどはあくまでシンプルなものを合わせましょう。

9999151110088

http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999151110088/
今年はやりのブルーを上下に持ってきたコーディネートです。シャツもパンツも柔らかめのシルエットなので、大人の余裕を感じさせます。ゆるすぎないように、靴はしっかりしたものを選びましょう。

mws959_05

http://item.rakuten.co.jp/lefutur/mws959/
カラフルなチェックシャツが印象的なコーディネート。ベージュのチノパンが全体を落ち着いた印象に変えてくれています。夏場はシャツが主役になってくるので技ありのものを1枚もっておくのもお勧めです。

ビジカジ49

http://www.thefashionisto.com/adam-senn-steps-out-for-express-summer-2012/
チェックのシャツにストライプのネクタイと、喧嘩してしまいそうな組み合わせですが、シンプルなモノトーンで全身を固めているのでしっかりと馴染んでいます。柄×柄にチャレンジする際は、まず色味を落としたコーディネートからはじめましょう。

020892028a8dbe0db24ea505c091c387

https://jp.pinterest.com/pin/555631672756250986/?from_navigate=true
トレンドの白×白コーデです。ベルトや靴で茶色をもってくることで、シルエットを引き締め、より一層夏らしい服装にしあがります。

ビジカジ42

http://raddestlooks.net/
少しカジュアルなパンツを選んでも上がフォーマルならば全体が締まって見えます。暑い日はシンプルなベストタイプを選んできっちりとしたコーディネートにしましょう。アクセントはちらりとのぞくワイシャツやベルトに取り入れるとグッドです。

ビジカジ04

http://www.parfaitgentleman.com/
ぱっと目に入ってくるのはチェック柄のベスト。シャツやパンツがシンプルでも、お洒落を欠かさないこだわりが窺えます。上下がシンプルで若さが出過ぎてしまうときは、ベストを少し渋めにしてバランスを取りましょう。

無題

http://www.orihica.com/catalog/2015_summer/pageview/pageview.html#page_num=12
ポイントはブルーのシャツにネイビーのカットソーです。ネイビー×白の定番で垢抜けないなら、襟のついたシャツをアウターに持って来ることで見た目の印象を変えましょう。

9999161110892

http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999161110892/
ブラックのシャツに白のパンツで、派手すぎず暑苦しすぎず、上手くバランスを取ったコーディネートです。ジャガード織りで独特な色合いを出しているので、近くで見るとより涼しげです。

spu11817-m-05-pl

http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/GoodsAdditionalImagePopup.html?goods_id=2516
丈の短いクロップドパンツを合わせた夏らしいコーディネートです。麻のシャツを合わせているのでより爽やかな印象に仕上がっています。足元は見せることを意識して、より涼しげな印象にしましょう。

20140620_sandals_4

http://shop.menz-style.com/item/pr?pr_id=1215
裏地のピンクがアクセントのポロシャツに、白のハーフパンツが映えるクールビズスタイルです。サンダルは、よりクールを追求したスーパークールビズ可の会社ならばOKなので、お洒落の幅も広がります。

19_01

http://item.rakuten.co.jp/mango-kariyushi/2540/
こちらは最近、スーパークールビズの一環としてもてはやされる、沖縄発信の「かりゆし」シャツです。小泉元首相も着たことで有名になり、徐々にいろいろな企業に導入されるようになりました。裾を出す前提のデザインなので、裾がまっすぐカットされています。

img60436434

http://item.rakuten.co.jp/mono-mart/10003125/
無地の半そでシャツに飽きてしまったら、ボタニカルシャツに挑戦してみてください。
カジュアルなコーディネートになりますが、一気に周りと差を付けられます。主張の強いシャツなのでベージュのチノパンなどシンプルで落ち着いたものを取り入れるのがおすすめです。

《ジャケットスタイル》

ビジカジ03
http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=16934&site=biz#head
淡いネイビーとグレーでまとめたコーディネートです。平凡な組み合わせになりそうですが、グレンチェックのスラックス、ネクタイのドットがポイントとなってお洒落に仕上げています。

14ss-cotton-set-c2

http://www.mens-kokubo.jp/fs/kokubo/c/0000001598/
ネイビーのジャケットと、ベージュのスーツパンツを組み合わせた例です。オフィスカジュアルはまずスーツのセットアップを崩すことから始め、徐々にバリエーションを広げていきましょう。ベージュとネイビーの相性は抜群です。

ビジカジ12

http://brand.windsor.de/en/men.html
ブラウンのチノパンにカーキ色をあわせています。ビジネスシーンに取り入れにくいカーキですが、アースカラーでまとめることで大人カジュアルなコーディネートに仕上がります。

02_r

http://www.orihica.com/catalog/2016_summer/
ネイビーより明度の高いブルーのシャツに白パンツでは、洋服の明るさが強くなってしまいます。オフィスに合わせて、ダークグレーのジャケットを着て全体の明度を抑えましょう。
キリッと引き締まった印象も与えられます。

ビジカジ15

http://menstyle1.com/post/47803391135
女性うけがいいカラーはなんといってもピンクです。定番コーデのネイビージャケット、ベージュのチノパンに取り入れると一気におしゃれな印象になります。取り入れるのが難しいカラーはシャツから挑戦してみるといいかもしれません。

ビジカジ10

http://www.parfaitgentleman.com/
ジャケットと靴をブラウンであわせたお洒落なコーディネート。ブラウンのジャケットは白いパンツとの相性ももちろん良いですが、あえてグレーのパンツを合わせると垢抜けた印象になります。

id%3Dcd7438_1%26w%3D300%26h%3D540

http://biz.menz-style.com/item/detail?item_code=73-26634
ジャケットの袖が短くなっているので夏場におすすめです。麻でできているのでカジュアルに着こなせます。白いパンツを合わせることで夏らしい爽やかなコーディネートに仕上がります。

ビジカジ11

http://www.parfaitgentleman.com/image/140244939930
トレンドのネイビー一色でまとめたコーディネートです。シックになりすぎてしまうこともあるネイビーですが、ジャケットを麻のもの、またインナーをポロシャツにすることでこなれた印象になっています。

id%3Dcd7543_1%26w%3D300%26h%3D540

http://shop.menz-style.com/coordinate/detail?coordination_id=7543
こちらもジャケットにポロシャツというコーディネートですが、パンツを白にすることで垢抜けた印象になります。上下でメリハリがつくので、シャキッとして見えます。

13266684_603164909832862_1020236728_n

http://www.webuomo.jp/
上半身のかっちりコーディネートをカーキのスラックスで崩すことで、堅くなりすぎないように調節しています。カーキはラフな感じが出る色なので、フォーマルになりすぎたときは取り入れてみると良いでしょう。

9999161110230

http://store.nanouniverse.jp/jp/g/g9999161110230/
ストライプのジャケットに同色のパンツを合わせることで、全体のまとまりが生まれます。ここでワイシャツにすると襟とジャケットのストライプがうるさくなってしまうので、カットソーでシルエットをすっきり見せましょう。

ビジカジ26

http://urx2.nu/u90H
定番色からは少し外れたグリーンのジャケットは、明度が抑え気味なので爽やかな印象を与えます。襟のないバンドカラーのシャツを中に合わせることで、優しげな雰囲気を感じさせます。

11

http://kurumani.com/?p=7237
夏らしい爽やかな色使いのコーディネートです。白のジャケットやミントグリーンのパンツなど、どのアイテムも明るい色を取り入れています。靴やベルトなどの小物を濃い色にすることで、メリハリをつけています。

025

http://kurumani.com/?p=4314
サックスブルーのジャケットと白パンツのコーディネートは、清潔感も清涼感もあって好感度抜群です。ジャケットとインナーは同系色のブルーですが、少しテイストの違う色なので合わせてもおしゃれに決まります。

ビジカジ08

http://urx2.nu/u90J
ブルーのチェックが可愛いジャケットがこのファッションのポイントです。ジャケットを際立たせるために、中は落ち着いたブラックのシャツと白のパンツにして、見せたい部分を明確にしています。パンツのラインも細身ではなく普通のものがベストです。

ビジカジ16

http://wear.jp/ships_1310mh/1235977/
ストライプのジャケットが印象的なコーディネート。ボトムスをタイトなものでまとめているので縦の線が強調されスタイルが良く見えます。個性的なアイテムを使うときは、それ以外をシンプルにまとめることがポイントです。

tumblr_n86itgO0qP1rj2vf4o1_500

http://thehangerbay.com/2014/08/10/the-white-leather-sneaker-hunt/
上下ネイビーのセットアップに、同じくネイビーボーダーのネクタイを合わせることで、夏限定のマリンコーデの完成です。ネクタイピンやスカーフに錨のデザインを取り入れると、ワンポイントが一層輝きます。

99c25a0b46e3d830b5c7f6fb1f3c5caf

http://urx2.nu/u90K
ネクタイもパンツも柄×柄の、おしゃれなコーディネートです。ネイビーの無地ジャケットを合わせることで、柄の主張を抑えてバランス良く着こなせます。パンツは明るめの色にすると、軽やかな印象を与えることができます。

63-16S-5208-s-02-dl

http://onlineshop.orihica.com/fs/orihica/63-16S-5208
全体を黒でまとめたシックなコーディネートです、中のカットソーをボーダー柄にすることで、地味になり過ぎない印象を与えています。かといって全部ボーダー柄だと子供っぽくなってしまうので注意が必要です。

ビジカジ29

http://urx2.nu/u90M
全体はシンプルにまとめ上げ、中のカットソーをボーダーにしました。大人カジュアル感を表現したコーディネートに仕上がっています。敢えてワンサイズ上のジャケットにして、余裕のある大人感を演出することができます。

ビジカジ24

http://zozo.jp/shop/journalstandard/goods/10092587/
グレーの中でも、より大人感が増すダークグレーを選んだコーディネートです。トップスに濃い色を、ボトムスに明るい色を持ってくることで、ワイルド感をプラスすることができます。袖のロールアップは、おしゃれを演出するのに効果的です。

ビジカジ31

https://jp.pinterest.com
ベージュのジャケットを使ったコーディネートです。インナーに黒のカットソーを着ることで、大人な上品さと男らしさが引き立ちます。ベージュと黒のギャップが、メリハリをつけてくれます。

ビジカジ45

https://www.jcrew.com/mens-clothing.jsp?crlt.pid=camp.eat50kNFJE3b
白のポロシャツはカジュアル度が強いです。同系色のストライプジャケットで涼しさをアップさせながら、まとまったコーディネートへと変化させましょう。はっきりした色を使っている分、過度な装飾は控え、シンプルで攻めましょう。

ビジカジ25

http://urx2.nu/u90O
オフィスでは欠かせないジャケットに、敢えてカジュアルの定番であるデニムを合わせました。デニムによってジャケットのかっちり感を崩すことができます。裾を少しまくって足首を見せると涼しげな印象に。

20150819123803476_500

https://jooy.jp/34547
デニムのセットアップです。デニムと夏の相性は抜群ですが、一見そうは見えないところがオフィス向き。インナーを白のカットソーにして爽やかさをあげましょう。

ビジカジ28

https://jp.pinterest.com/pin/
柄シャツにジーンズだけだととてもラフになってしまいますが、ベージュのジャケットで柄をちら見せに抑えることで、ビジネスライクに寄せています。中のシャツを色の濃いものにするとちら見せ効果アップです。

20150717175718237_500

https://jooy.jp/34547
白のチェックのカットソーがお洒落なコーディネートです。ジャケットを光沢のある生地にすることで、出来る大人感を演出しています。スキニーパンツにためらいを感じる人は、ストレートのパンツで勝負してもOKです。

20150707152907077_500

https://jooy.jp/34547
ダークトーンでまとめたコーディネートです。インナーをグレーにすることで大人っぽい雰囲気が増します。すっきりとしたラインのジャケットを羽織ると、色と相まってスマートさが強調されます。こちらもスキニーが心配なかたは、ストレートタイプのパンツに変えましょう。

8、オフィスで使える着まわしアイテム6選【メンズ】

ここでは、「これを持っていれば大丈夫」といったオフィスカジュアルで使える万能アイテムを紹介します。
着回しも効くのでまずはここで紹介するものからそろえていきましょう。

ジャケット

08

http://www.doclasse.com/fs/doclasse/c/mens_2016ss_lp_coolmightyjacket
クールビズ期間はシャツだけで通勤することも多くなりますが、急な来客などに備えてジャケットはオフィスに置いておくと良いでしょう。
フォーマルな無地のスーツジャケットではなく、チェックやストライプなど柄のあるものや、ウール素材など、デザイン性があるものだとおしゃれさが増します。

セーターやベストなどのニット

418NkQbsHjL

http://urx2.nu/u8OL
ニット素材のセーターやベストは、夏場オフィスや電車が寒いときにも活躍します。
淡いベージュやブルーなど、さわやかな色をチョイスすることで暑苦しい印象になりません。女性ウケも狙える、おしゃれアイテムです。

シャツ

2014-06-03_094401

http://shop.menz-style.com/coordinate/index?coord_category_id=110#head
シャツは夏場の着こなしには定番のアイテムになります。色や柄、形など、あらゆるバリエーションを揃えておきましょう。薄いピンクやブルーなどの淡いカラーは、どんなボトムスの色にも合わせやすいです。襟元や袖の裏地などに少しデザインの入っているものは、主張しすぎないおしゃれ感を演出できます。

ネクタイ

img_details
http://www.novianovio.com/fs/novianovio/c/brandnecktie
ネクタイはコーディネートが寂しいときや、少しかっちりした会議などの際につけられるように数は多くあった方が良いでしょう。他のアイテムをシンプルにおさえていても、明るい色や少しかわった柄をチョイスして、コーディネートに華を添えることが出来ます。ニットタイなどカジュアルな素材のバリエーションもおすすめです。

ベルト

TF15_______B_______
http://www.shoes-street.jp/shop/g/gTF15_______B_______
シャツスタイルが増える夏、ベルトは意外と人の目につきます。
靴の色とあわせるのが基本なので、濃い茶色や明るい茶色、黒などカラーにはバリエーションをもたせ、靴とコーディネートしてこなれ感を出しましょう。編みこみのものやバックルにデザインがあるものなど、デザインにアクセントを持たせるとよりおしゃれに見えます。

59KRBD___B___00101JRCJ___B___001
http://www.shoes-street.jp/shop/g/g59KRBD_____B____235
靴はベルトと同様、見られることの多いアイテムです。一般的な黒の革靴だけでなく、夏はキャメルなど明るい色や、スリッポンのデザインをチョイスしてみましょう。スエードシューズもビジカジに取り入れるとおしゃれに見えるアイテムです。
急な冠婚葬祭などのために、黒のストレートチップ(つま先に一本線が入ったデザイン)は必ず一足持っておきましょう。

9、まとめ

今年の夏に使える、オフィスカジュアルのコーディネートを紹介してきました。
オフィスカジュアルといえど、企業によって基準は様々。自社のルールを確認して、ビジネスの場で恥をかくことのないようにしましょう。
おしゃれなコーディネートで、オフィスで「デキる!」と一目置かれる存在になりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*