専門家が教えるスムーズで失敗しない月極駐車場の契約ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

月極駐車場の契約は、一生の内にそう何度もやる物ではないので、初めての契約でやり方や注意点が分からず、不安な方は多いのではないでしょうか。

駐車場でも、物件によっては審査に1週間、酷い所では2週間前後かかる所もあります。その為、事前にスケジュール感を把握しておかないと、希望日に駐車場を借りられないという事態になりかねません。もしそうなると、一時的にコインパーキングを使わなければならず、余計な出費が増えてしまいます。

ここでは、契約の流れや方法、注意点などを細かくご説明します。これを読んで事前に知識をつけて頂き、失敗する事なくスムーズに契約ができるようなりましょう。

■目次
1.意外と時間が掛かる月極駐車場契約の流れ
2.月極駐車場の初期費用内訳
3.スムーズな契約の為に知っておきたい必要書類
4.審査で見られる4箇所
5.一般的な契約書の見るべき箇所
6.契約時の注意点
6-1.縛りがある契約期間
6-2.初期費用の入金は、『必ず現地を見てから』
6-3.解約通知は誰にするのか
7.まとめ

1.意外と時間が掛かる月極駐車場契約の流れ

駐車場によって、利用開始までに掛かる時間は様々です。審査が1日で終わる所もあれば、1週間前後掛かる所もあります。

事前に把握をしていなかったせいで、「引越しは明日なのに、駐車場を使えるまでにあと1週間掛かると言われた」という事態になる事もあります。

ですので、気になる物件を見つけたら、仲介会社や管理会社に、契約開始までの流れ、スケジュール間を必ず確認しましょう。契約には最低でも1週間は掛かると考え、余裕をもったスケジュールで契約をする事が重要です。

以上を踏まえた上で、以下で一般的な契約までの流れを記載します。

1.駐車場を探す(掛かる時間:1~2日)
月極駐車場は、不動産屋に依頼をして探してもらいます。探し始めれば大体1日~2日で見つかります。ただし、「絶対に屋内がいい」や、「相場より1万円以上安いところがいい」など、条件にこだわりを持っていると、物件を見つかるまでに時間が掛かります。また、大型車(全長5,000mm、幅2,000mmを越える車)はサイズの合う物件の数が比較的少ない為、探すのに時間が掛かる事が多いです。

2.希望の物件に申込を出す(掛かる時間:1~2日)
希望の物件が見つかったら申込を出します。申込とは予約みたいな物で、各駐車場の所定の書類に、生年月日、現住所、勤務先などを記載して提出します。書式は駐車場によって異なりますが、書く内容はほとんど同じです。以下が申込書の例です。
%e7%94%b3%e8%be%bc%e6%9b%b8%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

3.審査(掛かる時間:1~2日)
申込書の内容を元にオーナーが審査をします。一般的な審査は1~2日で終わります。ただし、駐車場の持ち主が、規模の大きく審査が厳しい法人だと、早くても2~3日、長いと1週間ぐらい掛かります。酷いところでは3週間掛かる事もあります。

「駐車場なのに審査するの?」という疑問を持っている方は意外と多いですが、駐車場も不動産です。毎月の家賃が支払えるのか、借りる人が公序良俗に反しないかなど、家の契約と同じようにチェックをしますので、避けて通れない道です。

4.初期費用案内と振込み(掛かる時間:1日)
審査が終わったら、初期費用の案内が出ます。明細に合計金額と振込指定口座が記載され、指定の期日までに指定金額を振り込みます。個人オーナーの場合、金額だけ教えられて現金をオーナー宅や事務所に持参するというパターンもあります。出される明細は以下のような書式が多いです。

%e8%ab%8b%e6%b1%82%e6%9b%b8%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

5.契約書取り交わし(掛かる時間:2~3日)
4と同時進行で、契約書が発行されます。オーナー宅や管理会社に来店して契約する場合は、時間調整さえ取れれば1日で取り交わしが完了します。もし郵送をする場、発送から返却まで早くても2~3日は掛かります。

6.契約開始
4と5が確認出来次第、契約開始となります。中には4(初期費用の入金)さえ確認出来ていれば、契約書は後でも、先に使い始めて良いと言ってくれる所もあります。

2.月極駐車場の初期費用内訳

月極駐車場の契約を初めてする方は、意外と初期費用の事を忘れがちです。賃料の安い駐車場を見つけたとしても、初期費用は賃料の4ヶ月分掛かると言われ、「そんなに予算を用意していなかった・・・」という事態になる事も少なくありません。

一般的に、月極駐車場の初期費用は、賃料の3~4ヶ月掛かります。その内訳は、

  • 前家賃     賃料の1ヶ月分
  • 保証金(敷金) 賃料の1~2ヶ月分
  • 仲介手数料   賃料の1ヶ月分

です。それ以外にも掛かる項目が追加される場合もあり、以下でそれぞれの詳細を説明します。

・前家賃
駐車場は家と同じで、翌月分の賃料を前払いするので、前家賃が必要になります。6/1から契約をする場合は、最初に6月分の家賃を支払っておく必要があります。

・保証金(敷金)
家賃滞納や駐車場に損害を与えてしまった場合に差し引かれる預かり担保金です。賃料の1~2ヶ月分掛かるのが一般的です。問題なく使っていれば解約時に全額戻ります。保証金も敷金も意味は同じで、オーナーや管理会社によって言い方が違うだけです。

・仲介手数料
仲介業者や管理会社に案内を受けると、契約までの手間賃として請求されます。請求される金額は賃料の1ヶ月分です。仲介手数料は不動産業法上、賃料の1ヶ月分より高い金額を請求出来ない為、仲介手数料がこれ以上高く請求される事はありません。

・礼金
礼金は、オーナーが毎月支払われる賃料意外で、更なる利益を得る為に、初期費用に上乗せする物です。人気のある物件や、賃料が相場に比べて安い物件など、初期費用が多少かさんでもお客さんが付きやすい物件には、礼金がつく傾向が高いです。

・前家賃2ヶ月前納
初期費用で前家賃を2ヶ月分払わないといけない事があります。これは、駐車場に管理会社が付いていて、契約後の賃料支払い方法が自動引き落としの場合によくあります。理由は、自動引落としの手続き処理に1ヶ月近く時間が掛かる事があり、前家賃を2ヶ月請求しておかないと、最初の家賃支払いが間に合わなくなる、という管理会社側の都合の為です。

前家賃が2ヶ月掛かる事は、意外と管理会社から事前に通知されない事が多く、初期費用の明細が出てくるまで気付きません。ですので、申込前にこちらから「初期費用を教えてほしい」と事前チェックをしておきましょう。

・備品預かり保証金
機械式の駐車場、入り口にゲートバーやシャッターが付いている駐車場の場合、リモコンや鍵を貸与されます。備品預かり保証金とは、その鍵等の備品の預かり保証金です。これはあくまで保証金なので、紛失等がなければ解約時に戻ってきます。備品の例は以下の通りです。

鍵保証金 (3,000円前後)
駐車場入り口のシャッターや、機械式駐車場の操作盤をあける鍵。

リモコン保証金(10,000~20,000円前後)
シャッターや入り口のゲートバーを開けるリモコン。

カード保証金(10,000~20,000円前後)
比較的新しい機械式駐車場で、操作盤やリモコンの開け閉めに使うカードタイプの鍵。
・保証金(敷金)償却
償却とは、保証金から引かれる金額の事です。『保証金2ヶ月、償却1ヶ月』という場合、初期費用で保証金2ヶ月が掛かり、解約時に1ヶ月分が引かれます。これは借りる側からしてみれば、礼金が1ヶ月掛かるのと同じです。『礼金』と表記すると印象が悪い為、このように表記して借主が付きやすくする為の物です。

・保証会社加入料
契約時に保証会社加入を必須とする駐車場があり、その場合に初期費用に含まれます。保証会社とは、家賃を滞納してしまった借主に代わって家賃を保証してくれる機関です。その加入料は、機関によって請求される金額が異なり、賃料の60~100%が掛かります。

保証会社への加入は、家賃滞納をされないようにする為の処置なので、連帯保証人を付けたり、保証金を自ら積み増す(元々保証金1ヶ月を、自分から2ヶ月にしてもらうよう依頼する)と、保証会社に加入せずに済む場合があります。保証会社加入料は余計な出費になるので、可能な限り交渉してみましょう。

3.スムーズな契約の為に知っておきたい必要書類

月極駐車場の契約には、申込の時に書類の提出が求められます。意外と知らない方が多いので、ここでどんな物が必要になるのかご確認頂き、スムーズに契約が出来るようにしましょう。

■ほとんどの駐車場で提出を求められる書類

・免許証コピー
免許証のコピーは、身分証明として求められます。当然ですが、車を運転できる人かどうかも確認する必要があるので、保険証ではなく免許証コピーを求められます。現住所確認の為、表面だけでなく、裏面も提出するよう求められるケースが多いです。

・車検証コピー
車検証には車のサイズや所有者が書かれています。オーナーや管理会社は、車検証でサイズを確認し、駐車場に車がちゃんと入るかを確認したり、契約者と車の所有者が一致しているかを確認します。

%e8%bb%8a%e6%a4%9c%e8%a8%bc%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab

なお、親や友人から車を譲り受けた方は、駐車場契約者と車の所有者が一致しません。その場合は契約出来ないかというと、関係性を説明できればほとんど問題なく契約できます。

ただし、稀に車検証の名義と契約者の名義が一致していないと契約させてくれない業者もいます。名義が違う事が分かっている場合は、早めに業者にに問題ないか確認をしておきましょう。

・購入予定車パンフレットコピー
もし車を購入する前で、車検証がまだ手元にない場合は、代わりに車のサイズが分かる資料としてパンフレットの提出を求められるケースがよくあります。購入予定車の車種名、サイズ(全長、全幅、全高、重量)が分かるページを印刷等して提出します。この時、パンフレットは文字が小さいので、拡大、もしくは手書きでサイズがハッキリ分かるように修正して提出しましょう。

■少し審査が厳しいオーナー(管理会社)で求められる提出書類

・住民票コピー
免許証より更に身分証明として効力が強い書類です。住民票を出せるという事は、『偽名ではない』、『住所不定ではない』、『日本人である』という事を証明する事になります。オフィスビルに付随している駐車場や、審査が厳しい管理会社などは、駐車場でも住民票を求めるケースが多いです。

自分の希望物件が住民票を出す必要がある場合、市役所にとりに行く時間を考慮しなければいけない為、管理会社に前もって確認し、時間に余裕をもって行動しましょう。

・会社謄本コピー
契約名義が個人ではなく法人の場合は、住民票の代わりに会社謄本を求められます。提出理由は住民票と同じです。

・印鑑証明コピー
契約者以外の人が偽の印鑑等で手続きする事を防ぐ為、印鑑証明の提出を求められる場合があります。審査する側は、契約書の捺印と、印鑑証明が一致しているか確認します。こちらも住民票と同じく、市役所に取りに行く必要が為、スケジュールを考慮する必要があります。

■その他に求められる提出書類

・任意保険証コピー
車の任意保険に加入している事を証明する為に提出を求められる場合があります。保険に入らずに車関連の事故を起こしてしまうと、多額の賠償金を支払わなければならず、毎月の家賃支払いに影響します。その為保証に入っている方のみ契約をしてもらいたいというオーナーは、この書類の提出を求めてきます。

・健康保険証コピー
勤務先の在籍確認の為に提出を求められます。申込書の勤務先欄は偽装する事が出来ますが、健康保険証に書いてある社名は偽装できない為、比較的審査が厳しいオーナーは提出を求める傾向があります。

・収入証明コピー
源泉徴収や確定申告、法人の場合は決算書など、収入に関する証明書類を求められる場合があります。これはかなり稀で、審査がかなり厳しいオーナーの場合に、毎月の家賃を支払う事が出来るのかを調べる為、提出を求められます。

・連帯保証人の身分証明コピー
連帯保証人が必須の駐車場の場合は、連帯保証人の身分証明の提出を求める場合があります。免許証か保険証のコピーを出すのが一般的です。自分以外の人の書類を用意する事になる為、依頼、回収の時間が加算され、通常より用意に時間が掛かります。

・現住所を証明する書類
引越し等の関係で免許証や住民票の住所がまだ更新されていない場合、申込書に書く現住所と提出した免許証の住所が異なります。このような場合に、現住所を証明する書類を求めるオーナーがいます。かなり稀ですが、もし求められた場合は以下の書類で対処しましょう。

→直近3ヶ月以内で支払い済みの公共料金支払書

→家の賃貸契約書

4.審査で見られる4箇所

申込みが完了したら審査開始です。月極駐車場でも家の契約と同じく、収入があるか?などを見られます。主に見られる箇所は以下の通りです。

・毎月の賃料を滞りなく支払えるだけの収入があるか
申込書には年収や勤続年数を記載する欄があり、支払い能力に問題がないかを見られます。学生で収入が無い方、アルバイトで収入に不安がある方は、前もって両親を契約者にしたり、両親に連帯保証人になってもらうようお願いしておきましょう。審査が終わって「審査に落ちました」と言われてからだと、再審査をしてもらえない場合があるので、こちらから先に打診するのが良いです。

・公序良俗に反する職業ではないか
申込書には勤務先や業種を記載する欄があります。一般的にお水系、風俗系と言われる職業の方は断られる可能性が高いです。

個人オーナーがやっている駐車場や、地域密着型の不動産屋の駐車場であれば、前もって説明をしておくとOKをもらえる可能性が高くなります。

また、地域柄、そのような職種の方が多い地域の駐車場は、受け入れてもらえる可能性が高いです。(例:東京の歌舞伎町周辺の駐車場等)

・反社会的勢力に属していないか
暴力団に属していないかを見られます。例えば名前をインターネットで検索して、検索結果に暴力団に属しているような記述があったり、逮捕された内容の記事が出たりしてしまうと、断られる場合があります。また、厳しい管理会社は、専門の調査会社を使って調査をします。

・契約の理由は適切か
申込書に『用途』や、『希望理由』などを記載する欄がある場合、ここを見られます。駐車場を必要とする主な理由として、以下が挙げられます。

・引越し
・車購入、譲受
・今使っている駐車場が閉鎖してしまう
・今使っている駐車場より条件の良い駐車場に借り換えたい
・近くで工事現場があり、一時的に使いたい
・今使っている駐車場が一時的に工事で使えない為、その間だけ借りたい

オーナーや管理会社側は、上記の理由に当てはまるか、申込書の用途欄や、契約予定者の現住所、勤務先住所等を見て判断します。どれにも該当しない場合は、電話等で「なぜこの駐車場がいいのか?」という内容の質問をされる事がありますのでちゃんと答えましょう。理由が適切でない、として断られてしまうケースの例を以下に記載します。

用途で審査落ちした例1.「彼氏・彼女の家が近くにあるから」
この場合、オーナーとしては「別れたら契約も無くなる」という印象を受け、審査で落とされてしまう可能性が高いです。オーナー側は、長期的に、トラブルなく借りてもらえる人を優先します。

用途で審査落ちした例2.「家から駐車場までの距離は遠いが、とにかく安い駐車場を借りたかった」
例えば、滅多に使わない車なので安い駐車場に置いておきたいという方は、自宅近隣の駐車場相場が30,000円、しかし隣の県まで離れれば安い 5,000円の駐車場があると言われれば、離れた5,000円の駐車場を契約する事も少なくありません。このような用途に対しオーナーは、「そのまま車を 駐車場に乗り捨ててしまうのではないか?」という心配をします。

考えすぎだと思う方は少なくないと思いますが、実際に廃車寸前の車を駐車場に乗り捨てられてしまい、困っているというオーナーも少なくありません。

オーナーは、乗り捨てられた車を勝手にレッカー移動する事も出来ない為、処理に大変困っています。もし希望物件のオーナーが過去にそのような経験をしている場合は、断られる可能性が大変高いと考えた方が良いです。

5.一般的な契約書の見るべき箇所

月極駐車場で使われる契約書はオーナーによって異なりますが、特に見ておかなければいけない点は共通しています。

①駐車場の家賃や住所、初期費用条件、駐車する区画番号が、事前に案内を受けた条件と一致しているか。
②毎月の賃料の支払いがいつまでか。(例:毎月25日まで、毎月末日まで)
③解約予告が何ヶ月前か。
④なにかあった場合連絡が取れるオーナーの連絡先が書いてあるか。
⑤特約(特別な条件)が付いていないか。

特に⑤に関してはよく確認しておく必要があります。例えば、マンションに付随している駐車場で、住んでいないのに駐車場だけ契約する場合に、「テナント(住んでいる人)から申し出があった場合、20日以内に退去しなければならない」という特約が付く場合があります。「20日」の部分が3ヶ月など、十分に余裕ある期間であれば問題ありませんが、この期間が短いと、次の駐車場を探さなければいけない場合にとても大変です。

このように、特約部分には借主にとって理不尽な条件がつきやすいので、必ず目を通し、気になる事があったら、無くしてもらうよう交渉をしましょう。

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%9b%b8%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab1

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%9b%b8%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab2

6.契約時の注意点

審査が終わると、契約書の取り交わしに移ります。意外とこの段階まで契約書の内容を見せてもらえない事がほとんどです。

折角審査が終わったのに、いざ契約書の内容をみてみたら、「そんなの聞いてなかった」と、希望の契約が出来ない事態になるかもしれません。意外と知らない、トラブルの原因になりやすい契約条件をここでご紹介します。

6-1.縛りがある契約期間

駐車場には契約期間が定められており、ほとんどの所は契約年数が1年です。中には2年の所や、1ヶ月ごとの所があります。

その間は解約できないのかというと、そうではありません。契約期間と併せて、『解約予告』という物も決められており、ほとんどの駐車場が『解約予告は1ヶ月前にする』として定めています。この解約予告を守って解約すれば、契約期間中でも問題なく途中解約ができます。

ただし、以下のような場合は解約予告を守っても違約金を請求されます。

①契約書に『○ヶ月以内の解約は、違約金がかかる』という条文があり、その期間内に解約をした場合。

②車庫証明を発行して早期解約をした場合。

特に②を知らない方が多いです。新しく車を買う方は特にこのケースに該当する可能性が高いので注意が必要です。車庫証明が分からない方は、こちらの記事でご説明しておりますのでご確認下さい。

6-2.初期費用の入金は、『必ず現地を見てから』

遠方から郵送で契約をする場合や、現地確認せずに契約した場合、現地を見る前に初期費用を入金する事があります。このような場合「入金したが、いざ契約を開始したら車がちゃんと入らなかった」という事態になり、初期費用を返金してもらえるかどうかでオーナーと借主の間でトラブルになります。

「契約書のやり取りが終わっていなければ、入金した後でも初期費用は返ってくる」と思っている方は意外と多いです。

しかし、契約書のやり取りが完了していなくても、事前に「現地は必ず見てください」、「入金後の返金は出来ません」などの案内が出ているにも関わらず、このような事態を起こしてしまった場合は、返金されない事がほとんどです。

このような事態を防ぐ為、どんなに忙しくても入金前には必ず一度現地を確認しましょう。また、引越しで遠方から来る方は、近くに住んでいる知り合い、もしくはオーナー(管理会社)等に、現地を見てもらう、もしくはサイズ的に問題ないかどうかを事前によく確認してもらいましょう。

6-3.解約通知は誰にするのか

契約の手続きを仲介会社にやってもらっていた場合、解約の時もその仲介会社に連絡してしまう方が多いです。

仲介会社は、あくまで契約までの手続きを手伝う会社で、解約の時に手続きは出来ません。駐車場のオーナーに直接連絡するのか、管理会社に連絡するのか、そしてその連絡先は契約書に書いてあるのか、必ず確認しておきましょう。

7.まとめ

月極駐車場の契約の流れや、注意すべき点はお分かりいただけたでしょうか。月極の契約に慣れている人は少ないので、初めて聞く事が多かったと思います。「そんなに時間が掛かるなんて思っていなかった」、「そんな物が必要になるなんて知らなかった」といった事態もおきやすいので、ここで得た知識を生かして頂き、スムーズに契約を出来るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*