礼金の意味とは?契約時に初期費用を抑える交渉術つき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

賃貸の契約時に発生する「礼金」の意味、ご存知ですか?
そもそも「礼金」とは何の為に支払い、何に使われているのか、気になりますよね。
この記事では、礼金の意味や敷金との違い、契約時に初期費用を抑えるための交渉術までお教えします。
礼金の意味を正しく理解して、損のない物件契約をして下さい。

1)礼金とは
1-1)礼金の意味と目的
1-2)礼金と敷金の違い
2)「礼金なし」物件の3つの注意点
3)礼金をなくすための交渉術
4)まとめ

1)礼金とは

1-1)礼金の意味と使われ方

礼金の本来の意味は、「部屋を貸してくれる大家さんにお礼の気持ちを込めて渡されるお金」です。
特に昔は、親御さんが大家さんに対して、下宿やアパートに住む息子の面倒を見てくださいね、という気持ちが込められていたそうです。
その習慣が残り、契約の際に貸主に「お礼」として支払うものとして、初期費用に含まれることの多い費用になります。

物件によって異なりますが、概ね家賃の0~2ヶ月分が相場となっています。
ですが、最近は礼金が2ヶ月で募集のかかっている物件はかなり減ってきています。
これは、近年の傾向として不動産会社に頼まずとも自分でネットを使って物件探しが出来るようになり、少しでも引越しの初期費用を抑えたいというニーズが多くなってきたためです。

礼金には、主に2つの目的があります。
①入居者を連れてきてもらう不動産会社への広告料
大家さんにとって、空室を埋める為には不動産会社の協力が必要不可欠になります。積極的に自分の物件をお客様に紹介してもらったり、場合によっては有料の媒体で集客をしてもらうことになるので、その報酬として大家さんが不動産会社へ支払う広告活動費に充当することが多いです。

②空室期間の補填
入居者が退去した後、必ずしもすぐに次の入居者が決まる訳ではありません。そうした空室の間の収益を礼金で補填しているとも言われています。

もちろん、入居者にとってはこうした目的に対して費用を払う義理はありませんが、支払う礼金がどのように使われるかを入居者が把握する術はありません。
ですが、こうした目的のために大家さんの判断で左右される費用のため、交渉の余地は十分にあるということです。

1-2)礼金と敷金の違い

物件契約の際に初期費用として礼金とよく一緒に「敷金」を耳にします。
敷金は、入居期間中の滞納や退去時の原状回復費用に充てる為の預り金です。
掛け捨ての金銭である礼金とは異なり、基本的には契約終了後に賃料の未払いやルームクリーニング・原状回復に必要な費用を差し引かれて返還されます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【保存版】これがあれば損しない!敷金を全額返還してもらうための全手法
(http://ashita-office.com/deposit-return-1236)

2)「礼金なし」物件の3つの注意点

f553280008450fe87b911a73e15a59c1_s
1でも説明しましたが、お部屋探しをしていると、はじめから礼金の無い物件もたくさんあります。ですが礼金なしの物件を契約する際は、次の3つの点に注意して下さい。

・空室期間が長く早く決めたい物件
間取りや日当たりが悪いため空室期間が長くなり困っている物件や、物件は悪くないがタイミング的に決まらず、キャンペーンとして行っている場合などがあります。後者であれば物件自体には問題無いですが見分けるのは難しいので、実際に礼金なしの物件を見に行く際にはデメリットがないか注意する必要があります。

・賃料を高めに設定した物件
初期費用を安くする分、賃料を高く設定するパターンです。主に高級賃貸マンションと呼ばれる設備が充実したマンションや賃料収益を目的とした投資物件に見られる傾向です。相場より数千円、大きな面積の物件になると1万円くらい賃料が高くなるケースがあるので、一般的な賃貸借契約期間の2年間で考えると、礼金を支払う場合より少し割高な場合もあります。同じエリアの家賃相場を調べ、比較するのがベターです。

・短期で解約すると違約金が発生する物件
礼金の無い物件は初期費用が安く入居しやすいですが、大家さんとしては少しでも長く入居してもらい長期的な賃料収益を確保したいのが本音です。せっかく礼金を無しにして入居してもらっても、数か月で退去されてしまったらまた一から入居者を探さなくてはいけません。そのような手間にならないよう、はじめの契約期間内で退去する場合は、礼金ゼロにして免除した分を違約金として請求される場合があります。契約書をよく確認しておきましょう。

3)礼金をなくすための交渉術

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s
希望の物件が礼金ありの物件の場合でも、交渉次第で礼金をなしにしたり、減らしたりすることが出来る場合があります。ここでは、礼金に対する交渉術をご紹介します。初期費用を抑えるテクニックとして、実践する価値は大いにあります。

①まずは礼金をなくして欲しいと交渉する
希望の物件に礼金があった場合はダメ元でも1度は交渉しましょう。
大家さんとしても礼金を減らす、もしくは無しにすれば契約してもらえるのであれば交渉に応じてもらえることもあります。

②こちらからも条件を提示する
①の方法では通用しないがどうしても初期費用を抑えたい場合、交渉手段としてこちらから条件を提案する方法もあります。

・短期解約違約金を付けて礼金を減らす提案
長く入居するつもりなのであれば、短期で解約した際に違約金を払うという条件を提示して交渉しても良いでしょう。当初の契約より契約期間を伸ばされることもありますが、長く入居してもらえるのは大家さんにとってもメリットなので、交渉に応じてもらえる場合があります

・提示の賃料を上げて礼金を減らす提案
引越し費用は抑えたいが、月額の賃料が多少高くなっても払えるという場合、こちらの交渉方法がおすすめです。

4)まとめ

いかがでしたでしょうか?
礼金の意味、引越しの初期費用を抑えるための交渉テクニックをご紹介しました。
希望の物件に礼金がある場合は、まずは交渉してみることをオススメします。
もちろん交渉出来る物件と出来ない物件があるので、最終的には希望物件への満足度と契約条件とを照らし合わせながら、今の自分に合っているかを見極め、納得のいく契約をして新生活を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*