低コストでオフィス開設!都内の格安レンタルオフィスを探そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
photo-1456213971271-c9b01add56d8

「起業したてで資金がないが、格安なオフィスを借りたい」
「低コストでオフィスを移転したい」
そう思っている方にまさにオススメしたいのが、レンタルオフィス。

レンタルオフィスとは、賃貸事務所に比べて初期コストを抑えて、すぐに借りることができるサービスがあらかじめ整っているオフィスのことを指します。

この記事は、そんなレンタルオフィスの中でも、東京都内で特に格安なオフィスを選び方をご紹介します。
安心できて月額費用の安い都内のレンタルオフィスの例や、レンタルオフィスを安く契約するコツもお教えしますので、起業などでオフィスを探している方は参考にして下さい。

1、自分に合った格安レンタルオフィスを選ぶには
1-1、エリアごとの相場を知る
1-2、自社に合った条件を絞る
2、安心できる!都内の格安レンタルオフィス5例
3、レンタルオフィスをさらに安く利用するために知っておくべきこと
3-1、費用が抑えられるポイント2つ
3-2、レンタルオフィスの価格を交渉しやすくするポイント
4、レンタルオフィス以外に低コストでオフィスを持つ方法
5、まとめ

1、自分に合った格安レンタルオフィスを選ぶには

ここでは、レンタルオフィスを選ぶための最低限の知識をお教えします。格安のレンタルオフィスを探すために必ずおさえておきましょう。

1-1、エリアごとの相場を知る

通常の賃貸オフィスは、初期費用(敷金礼金)として10~12か月ほどの月額料金をあらかじめ支払う必要があります。
レンタルオフィスでは入会金や保証金を初月に支払う必要がありますが、賃貸オフィスよりも低価格なため、初期費用を抑えてオフィスを構えたい人におすすめです。
東京のエリアごとのレンタルオフィスの月額の相場は以下のとおりです。

・赤坂、六本木…40,000円~60,000円
・渋谷…40,000円~80,000円
・新宿…80,000円~
・池袋…30,000円~
・新橋…60,000円~
・日本橋…35,000円~60,000円
・青山…45,000円~70,000円

家賃が高い渋谷や青山のエリアでは3~4万円台、低めの池袋などは3万円前後の料金のレンタルオフィスがお得です。
このように、エリアによって月額料金に差はあるものの、東京都のレンタルオフィスでは3万円前後の料金が格安と言えるでしょう。

1-2、自社に合った条件を絞る

格安のレンタルオフィスを探している場合、自分の希望に沿った物件を見つけるポイントは以下が挙げられます。

○利用したいサービスがあるかどうか

レンタルオフィスによって基本料金で提供しているサービスは異なります。
そこで、自分の業務に必要なサービスがあるレンタルオフィスなのかも調べておきましょう。
レンタルオフィスの主なサービスは以下が挙げられます。

・法人登記
・郵便私書箱利用
・受付対応サービス
・電話代行サービス
・Wi-Fi利用

基本コースになくてもオプションとして、必要なサービスを追加することもできますが、利用した分月額の使用料が高額になってしまいます。
結果、予算よりも多くの料金を支払う必要が出てくるケースもあるので、予算の範囲内に収まるのかを確認しておきましょう。

○運営している業者を確認する

レンタルオフィスは年々増加しており、価格競争が激しいです。
そのため、せっかく利用していても閉鎖するオフィスも少なくないのです。
できるだけ長く安定して利用したい場合は、創業10年以上続いている運営会社を選びましょう。

○外観や防音性に問題がないか

安いレンタルオフィスによっては、古い雑居ビルの一室など外観や内装のクオリティが低い恐れがあります。
また、防音性が低いところは来客がある業種だと機密が周囲に漏れてしまう恐れも。
このような場所だと、顧客から信頼を得られないこともあるので、ある程度清潔感がある外観と内装のレンタルオフィスを選びましょう。
そこで、必ず契約をする前に外観や内装、トイレなどの共用設備に問題がないか直接レンタルオフィスに足を運んで確認をしておきましょう。

2、安心できる!都内の格安レンタルオフィス5例

レンタルオフィスは、賃貸オフィスよりも低予算でレンタルすることができるオフィスです。
起業するための資金が少ない起業家でも、気軽に都内の一等地に自分のオフィスを構えることができるとあって、利用者が年々増加しています。
また、都内の一等地の住所や電話番号を入手できるため、起業したばかりでも顧客からの信頼を得やすいのもレンタルオフィスを借りる大きなメリットです。
例として、東京都の中でも外観や場所が良く、デメリットが少ないレンタルオフィス5つを、月額料金が安い順のランキング形式でご紹介します。
料金やサービス面で、レンタルオフィスを比較するための参考にして下さい。
※これらのオフィスは現在空室とは限りません

◇1位 BIZ circle(ビズサークル) 神楽坂五軒町オフィス:月額19,000円~

1biz-circle

http://www.bizcircle.jp/
東京や大阪に43拠点を持つBIZ circleは、完全個室のレンタルオフィスを提供している企業です。
全体的に価格が安く、24時間いつでも利用が可能です。
また、最大6人収容の共用会議室は無料でレンタルできるサービスもあり、広々としたラウンジも併設されているなど共用施設が充実しています。

【住所】東京都新宿区西五軒町8-17 (神楽坂駅から徒歩9分)
【初期費用】初期費用(70,000円)+共益費+2か月分の使用料=初月に支払う金額
例:100,000円(初期費用+共益費)+19,000円×2(2か月分の利用料金)=138,000円
※使用量と共益費の合計が100,000円を超える場合は入会金が100,000円になります。
【月額料金】19,000~47,250円(一人用と二人用オフィスがあります)

◇2位 アセットデザイン(BIZMARKS 麹町):月額24,000円~

2bizmarks

http://www.ro-japan.com/
有名建築家が設計したスタイリッシュな外観が特徴のレンタルオフィスです。
電話秘書サービスや税務会計サービスなど、幅広い多くのオプションを利用することが可能。
麹町だけでなく全国40拠点以上を誇り、入会金0円など常にお得なサービスプランを展開しています。

【住所】〒102-0093 東京都千代田区平河町一丁目3番6号  (半蔵門線「半蔵門」徒歩3分)
【初期費用】初期費用(88,000円)+内装費(2名用40,000円)+利用料金(2ヵ月分)
(例:88,000円+40,000円+24,000×2か月分=176,000円)
【月額料金】
2名用:24,000円~
3名用:30,000円~
4名用:40,000円~

◇3位 ちよだプラットフォームスクウェア:月額33,000円~

3tiyoda

http://www.yamori.jp/
部屋には4桁の入居者番号などを掲出しており、郵便ポストとして利用できるメールボックスサービスが利用できます。
打ち合わせでも利用できるくつろぎのウッドデッキ、季節の野菜やハーブを無農薬で栽培している屋上庭園など、緑に溢れたレンタルオフィス。
個室だけでなく、フリーアドレス制のオープンネストは月額19,000円と低価格でレンタルが可能など、幅広い作業スタイルが提案されています。

【住所】〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21 (神保町駅A9出口から徒歩7分)
【初期費用】保証金(2か月分の施設利用料)+登録料(10,800円)+月額利用料=初期費用
例:33,000円×2+10,800円+33,000円=109,800円
【月額料金】33,000円~40万円(部屋の広さと利用人数によって異なる)

◇4位 MCオフィス上野:月額34,560円(税込)~

4mc-ueno

http://www.office-mc.jp/office/ueno_rent.html
上野駅まで徒歩3分の好立地で、女性一人でも安心して利用ができる個室レンタルオフィスです。
インターネットが使い放題で、シェアオフィスはカフェ風レイアウトになっており、おしゃれなエリアで仕事ができます。

【住所】〒110-0015 東京都台東区東上野3-15-14 丸山ビル(JR上野駅から徒歩3分)
【初期費用】当月日割り賃料+翌月賃料+事務手数料+保証金=初期費用
・当月日割り賃料(月額賃料÷30日=○○円、○○円×残り日数=当月日割り賃料)
・事務手数料:一律16,200円
・保証金:一律34,560円(保証人がいない場合は賃料2か月分)
例:17,280円(残り15日)+34,560円+16,200円+34,560円=102,600円
【月額料金】部屋によって異なりますが、月額34,560円(税込)からレンタル可能です。

◇5位 渋谷ビジネスガーデン:月額35,000円~

5shibuya

http://www.shibuya-bg.jp/
渋谷駅から徒歩3分という好立地でありながら、起業化支援プランであれば35,000円の格安価格で個室オフィスの利用が可能です。
また、敷金・礼金、更新料もないため開業資金を抑えたい人でもレンタルしやすいオフィスです。
通常利用の場合は42,000円からですが、専用電話番号、私書箱、別途有料で電話秘書代行サービスを受けることができます。

【住所】〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-16(JR渋谷駅 西口から徒歩3分)
【初期費用】保証金1か月分+月額料金のみで利用可能。
【月額料金】
起業家支援プラン:35,000円~
通常利用:42,000円~

3、レンタルオフィスをさらに安く利用するために知っておくべきこと

できるだけレンタルオフィスを安く契約するには、もともとの月額費用を見るだけでなくかかる費用を減らすことが大切です。
以下のポイントを抑えて、安く自分のオフィスを手に入れましょう。

3-1、費用が抑えられるポイント2つ

レンタルオフィスは、サービスがあらかじめ提供されていることから、利用方法次第でコストカットできるポイントがあります。

・レンタルオフィスにある機器を利用して初期費用を抑える

通常オフィスを構えるには、パソコンなどのインターネット通信に必要な契約、書類を印刷するプリンターなど様々な設備が必要になります。
しかし、レンタルオフィスはWi-Fiが無料で利用でき、コピー機などのOA機器があらかじめ用意されています。
このような機器は予約制ですが、一から用意する必要がないため、積極的に利用して余計な機器を導入しないようにしましょう。

・利用しないサービス料金はカットする

レンタルオフィスには、月額料金に含まれるサービス以外にも、様々なサービスがオプションで用意されています。
自分の代わりに電話対応をしてもらえる秘書サービス、税理士の記帳代行サービスなど、ビジネスをサポートする多くのサービスがあります。
これらは、自分にとって本当に必要なサービスなのかどうかを見極める必要があります。
自身でできることはサービスを頼まず、できるだけ基本の月額料金のみで経営ができるよう工夫をしてみましょう。
また、オプションで利用したいサービスがある場合は、その利用回数と料金を複数のレンタルオフィスで確認し、安く利用できるところを選ぶことも大切です。

3-2、レンタルオフィスの価格を交渉しやすくするポイント

個室のレンタルオフィスを借りる場合、管理会社によっては価格交渉ができる物件もあります。

○値引き交渉は直接会って話し合おう

価格交渉をする際は自分の意見が相手に伝わりやすいよう、電話やメールなどではなく直接管理会社の人と会って話し合いをしましょう。
内覧の時に交渉できなければ、一度管理会社に連絡を入れ直接担当の方と面会をすることをおすすめします。

○どれくらい料金が安くなるのか

具体的な値引き額としては、月額料金が5~10%ほど安くなることが見込めます。
また、月額料金はそのままでも保証金や事務手数料をカットするという契約方法も多いです。
初期費用をカットするのは、開業資金が少ない起業家にとってありがたいですし、毎月の月額料金を安くしなくていい分、管理会社の方も応じやすい値引き手段なのです。

○交渉しやすくする2つのポイント

①8月か12月などの閑散期に申し込む

レンタルオフィスでは8月と12月に申込数が減少するため、この時期を狙って申込みをすれば価格交渉に応じてもらえる可能性が高まります。
ただし、空きが少ない人気のレンタルオフィスでは、8月や12月でも価格交渉を行っていないところもあるため注意しましょう。

②空室が多いレンタルオフィスと交渉する

これはレンタルオフィスだけでなく、アパートなどの賃貸物件全てに言えることですが、空室が多いところは価格交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。
特に個室や少人数向けのレンタルオフィスでは、多くの企業から賃貸契約を結んでもらうことで経営が成り立っています。
そのため、できるだけ空室を減らすよう少し料金を下げてでも、利用してくれる企業を探していることが多いのです。
ただし、空室が多いレンタルオフィスは、サービスが行き届いていなかったり立地が悪かったりと、デメリットが大きい場合も考えられます。入居の前にどうして空室が多いのかを調べておきましょう。

4、レンタルオフィス以外に低コストでオフィスを持つ方法

どうしてもコストをおさえてオフィスを持ちたいという場合、レンタルオフィス以外にも様々な方法があります。

・電話番号と住所が欲しいなら「バーチャルオフィス」

とりあえず、都内の一等地の電話番号と住所を持っておきたいという場合であれば、レンタルオフィスよりもバーチャルオフィスの方が安く借りることができます。
中には月額1,000円以下で借りられる物件もあります。個人用スペースが用意されているところもあるため、バーチャルオフィスで作業を行うことも可能です。

・他の企業と共用でも問題ないなら「シェアオフィス」

他の業種の人々と共用スペースでも問題がない場合はシェアオフィスをレンタルするという方法も。
特に、従業員が自分だけだったり2~3人程度だったりする場合は、シェアオフィスの方が作業スペースを確保しつつ、安くレンタルすることが可能です。
コピー機などのOA機器も充実しており、コピー1枚何円という単位で使う分だけの料金を支払えば自由に利用できるのも魅力です。

・格安賃貸オフィスの方が安いケースもある

将来的に従業員の数を増やしたいと計画していたり、頻繁に来客などがあったりする場合は、格安の賃貸オフィスを利用した方が結果的に費用を抑えることができます。
賃貸オフィスがあれば、接客スペースも自由に確保できるほか、オフィスの装飾もある程度自分の好みに仕上げることも可能です。
また、レンタルオフィスやバーチャルオフィスよりも、顧客の信頼度を獲得しやすいというメリットもあるため、将来を見据えてのオフィス選びが重要と言えるでしょう。

・インターネットのみで事業展開するならSohoという手も

インターネットを駆使した事業を行っている場合は、自宅を事務所とするSohoという手もあります。
フリーランサーやクリエイターなど、インターネット上で一通りの業務が行える場合は、無理にレンタルオフィスを用意する必要もありません。
家族の理解があるのであれば、開業費用を抑えるため作業を自宅や一時間単位のレンタルが可能なレンタルオフィスの利用がおすすめです。

5、まとめ

レンタルオフィスは、起業したばかりの人やフリーランスなどの個人事業主の人におすすめの格安オフィスです。
東京都内でも月額1万円ほどの低価格で、自分のオフィスを入手することができるため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
その場合は、利用したいサービスが基本コースに含まれているか、追加したいオプション料金は予算の範囲内かなどを吟味し、コストを抑えられるレンタルオフィスを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*