好アクセス、良ブランドが決め手! 銀座レンタルオフィスマップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
a9ace1ccb4a0366e4192f22cee370ced_s

銀座は地名のブランドや交通アクセスが良いため、オフィスの立地としては理想的です。起業したばかりの会社のオフィスも例外ではないでしょう。その需要に応えるために、最近銀座にも様々なレンタルオフィスが作られています。

この記事では、銀座のレンタルオフィスをタイプ別に分類してマップ表示していますので、是非参考にしてください。また、銀座にオフィスをもつメリットとデメリットや便利な検索サイトもまとめているので、あなたが銀座のレンタルオフィスを検討するのに役立つはずです。

1. 銀座のレンタルオフィスマップ
2. 銀座を選ぶメリット、デメリット
3.銀座に向いているのは移動が多い業種と来客の多い
4.レンタルオフィスの2つの探し方
4-1.自分で探す場合のおすすめレンタルオフィス検索サイト
4-2.専門の業者に探してもらう方法
5.まとめ

1. 銀座のレンタルオフィスマップ

銀座とその近隣エリアにあるレンタルオフィスのマップです。
それぞれのレンタルオフィスの特徴や系統別にタイプ分けをしているので、あなたの求めるタイプのレンタルオフィス群が一目でわかります。また、マップ上のバルーンをクリックすると、サイトURL、電話番号、賃料、特徴的なサービスを記載したふきだしが表示されます。

5サービス重視
会議室や応接室、来客対応サービスや税理士などの企業サポートサービスが豊富なレンタルオフィスです。多少相場より賃料は高いですが、手厚いサービスを求めている方には向いています。

4デザイン、インテリア重視
エントランスや内装がおしゃれなレンタルオフィスです。有名設計事務所がデザインした内装や、レンタルオフィス用に新築された物件もあるので、キレイな状態のオフィスに入居することができます。

31コスト重視
個室やフリーデスクのレンタルオフィスを選ぶことができます。手厚いサービスがあるわけではありませんが、オフィスを開業するのには一通りがそろっています。ひと月当たりの賃料が安い代わりに、会議室、ミーティングスペースの利用や電話の対応数によってオプション料金が発生するケースが多いです。

2立地、駅チカ重視
駅チカ、駅直結型のビルのレンタルオフィスです。地下道を通って直接ビルに入ることができるため、天候の悪いときでも傘を差さずに出勤ができるという利点があります。また外出が多い方にはすぐに駅に向かえるなどの利点もあります。

1オモシロレンタルオフィス
オフィスビルではなく和風一軒家をリノベーションしたレンタルオフィスや、宿泊施設を備えたレンタルオフィスなど、少し変わった物件をまとめています。

2.銀座を選ぶメリット、デメリット

<銀座にオフィスを構えることのメリット>

・銀座、中央区というステータスの高い住所を取得できる
・銀座という街の周辺に5駅が集中しているため、アクセスがいい
・犯罪発生率が低い
・百貨店や専門店が多く、買い物に便利
・数多くの高級店が通りに面して出店しており、最先端のファッションやデザインに触れることができる

<デメリット>

・物価が高い
・賃料相場が高い
・深夜まで賑やかな街であるため、集中したい方には不向き

銀座の特徴はやはり「銀座」「中央区」というステータスの高い住所を取得できることです。
銀座のレンタルオフィスにはグレードの高いビルも数多く集まっているため、レンタルオフィスとはいえ「銀座」の住所を取得していれば、信頼にもつながります。

また銀座エリアには東京メトロの4路線が集まっており、東京の東西南北すべての方面へダイレクトかつスピーディーに移動ができる便利な環境となっています。また、東京駅へは丸の内線を使い3分、羽田空港へは銀座線と浅草線を使い30分で向かうことができ、遠方へ出張へ行く際にも便利ですね。

3.銀座に向いているのは移動が多い業種と来客の多い

「銀座」という地名のブランド力が強いため、銀座の住所を取得し、企業イメージを高めたいという考えの方には銀座のレンタルオフィスはおすすめです。

知名度の高さから銀座には広告代理店や人材会社、IT系ベンチャー等、数多く企業が集まっています。ですので、これらの企業と取引がある企業でしたら、近くにオフィスを構えることで打ち合わせや取引をスムーズに運ぶメリットにも繋がります。

また「2.銀座を選ぶメリット、デメリット」でお伝えしたとおり、銀座は東京都内各地へのアクセスが非常に便利な環境となっています。外出の多い営業拠点としての利用や人材会社などの、来客の多い業種には最適な環境といえるでしょう。

銀座はブランド力、企業イメージ、利便性に優れた常に人気のエリアであり、賃貸オフィス、レンタルオフィスともにあまり空きがない状況が続いています。京橋に隣接する一丁目、新橋に隣接する八丁目方面や築地方面は比較的空きがあるケースもあり、探す際には穴場なエリアとなっています。

アクセスの良さであれば、新宿や渋谷エリアもおすすめです。
銀座や中央区に比べて賃料相場も低く、物件数も多いため、比較的早く物件を見つけることができます。新宿エリアのレンタルオフィスについては「こちらの記事」で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

4.レンタルオフィスの2つの探し方

レンタルオフィスを探すには大きく分けて、「自分で探す場合」と「プロに探してもらう場合」の2通りの方法があります。
自分で探す場合は、たくさんの物件を比較する必要があるため、時間や手間をかける必要がありますが安く見つけられることができます。プロに探してもらう場合には、自分で探す手間がありません。空室の問い合わせや内覧までスムーズに進めることができるので、急いでいる方はプロに依頼をしましょう。

4-1.自分で探す場合のおすすめレンタルオフィス検索サイト

レンタルオフィス専門の検索サイトは数多くあるものの、使い勝手の良いサイトがなかなかありません。レンタルオフィス運営会社が倒産してしまうことが多いため、掲載している情報がすぐに古くなってしまうからです。そのため、検索サイトから自分で探す際には注意が必要です。

しかし、以下の三つのレンタルオフィス検索サイトは頻繁に情報の更新がされていますので役に立ちます。

・「レンタルオフィス検索」http://of-tokyo.jp/rentaloffice/
レンタルオフィスの仲介サービスをしており、地名からのエリア検索と運営会社別の2通りの検索方法があります。運営会社がしっかりとしている物件を数多く紹介しているので、「運営会社が倒産してしまったために、急遽オフィスを出なくてはならなくなった!」などのトラブルを防げます。

・「未来オフィス」http://mirai-office.net/
マップから検索、オフィスの面積や設備情報から条件を決めて検索することができます。レンタルオフィス関連のコラムや各レンタルオフィスの体験・見学れポートを掲載しているので、見学前のイメージを固めるのに役立ちます。

・「レンタルオフィス.COM」 http://www.rental-o.com/top.aspx
地名でのエリア検索とオフィスの人数、面積、オプションサービスから条件を決めて検索することができます。日本全国のレンタルオフィスを掲載しており、その数はなんと250物件、1300オフィス以上です。

4-2.専門の業者に探してもらう方法

レンタルオフィスの「専門の業者」にも二種類あります。「オフィス仲介業者」と「レンタルオフィスの運営会社」です。

・オフィス仲介業者
必要な情報やあなたの要望を詳しくヒアリングし探してくれるため、自分で探すより労力が少なく、希望通りの物件を見つけ出してくれます。
もしレンタルオフィスに空き部屋がなかった場合や、あなたの会社がレンタルオフィス向きではなかった場合には賃貸オフィスに切り替えて提案してくれることもあります。

・レンタルオフィス運営会社
レンタルオフィスの運営会社は、一つの物件だけではなく、複数のレンタルオフィスを運営していることが多いため、「このエリアには空きはないけれど、別のエリアの物件なら入居可能」などの情報を提供してくれます。
またレンタルオフィスの中にはレンタルオフィスとシェアオフィス、コワーキングスペースなどの複数の形態を提供しているところもあり、それらの複数のプランを比較して検討することができます。

5.まとめ

いかがでしたか?

銀座には様々なレンタルオフィスが作られています。
銀座の地名ブランド、アクセスの良さというメリットと物価や賃料相場の高さというデメリットの部分を踏まえて、ぜひ銀座のレンタルオフィスを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。