お洒落なデザイナーズオフィス!見つけ方から作り方まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

これから新しいオフィスを借りようと思っている皆さん、新しいスタートはやっぱりおしゃれなオフィスで始めたいですよね。今、お洒落なオフィスといえば、「デザイナーズオフィス」が注目されています。

デザイナーズオフィスとは、普通のオフィスとは違い、デザイナーや建築家が、流行やコンセプトを取り入れて、外観から内装レイアウトまで何かしらに拘った物件を指します。
だからこそ、普通のオフィスの企業とは違う、ブランド力やアピール力を見せることが出来ます。

「普通のオフィスに飽きちゃった」「新しく始めるからこそ面白い環境にしたい」
そんな気持ちを抱えていたら、その願いを叶えてくれるのは、デザイナーズオフィスかもしれません。そこでこの記事では、デザイナーズオフィスを探せるサイトから、一からオフィスを作るポイントまでご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

1、お洒落なデザイナーズオフィス5選
2、デザイナーズオフィスが人気の理由
3、東京都内でデザイナーズオフィスを探せるサイト5選
4、自分たちで作るデザイナーズオフィス
 4-1.お洒落なオフィスを作る6つのポイント
5、まとめ

1、お洒落なデザイナーズオフィス5選

生活の半分以上をオフィスで仕事をするとなると、職場の環境はとても重要ですよね。毎日通う場所だからこそ、オフィスがお洒落だと働くモチベーションにもなりますし、企業のブランディングにも活用できます。ここで紹介するのはほんの一例になりますので、新しい情報は目次の3で紹介するサイトでチェックしてみて下さい。

1. 渋谷区富ヶ谷


賃料:4、5F 各¥1,562,760
面積:1フロア239.13m²
http://plus.tokyoworkspace.com/space/details/754
秘密基地のような黒と赤のシックなデザインのこちらは、元アニメーションや音声収録用のスタジオ、映写室が揃った居抜きオフィスです。デザインは音響設備設計家がデザインした本格ものなので、使いやすさは抜群でしょう。

2.港区西麻布


賃料:¥3,000,000
面積:304.17m²
http://www.tokyoworkspace.com/space/details/890
開放的なテラスがついた、SOHO物件です。元々住居専用だった物件の内装をリノベーションし、事務所でも使用できるようなデザインに仕上がっています。外部からの光もよく入り、開放的な空間です。こんなオフィスで仕事をしてみたいですよね。

3.港区西新橋


賃料:¥177,445
面積:51.01㎡
http://re-remodel.com/details/index.php?id=0001610
パッチワーク風に貼られたタイルカーペットや、中央に設置された給湯カウンター等、外見からは一見想像できないようなお洒落な内装になっています。まるでカフェの中で仕事をしている感覚で、1名~4名程度の会社立ち上げのオフィスとしてももってこいですよね。

4.渋谷区東


賃料:¥800,000
面積:125.54㎡
http://www.r-store.jp/room/57954
建築家【隈研吾】さんが設計した、室内にいても森の中にいるような開放感が味わえる物件です。22.5帖にもなるメインフロアの周りには自然の緑が広がっているほか、隣に大きな書斎も完備しているので、作業スペースとしてもリラックスした状態で仕事が捗りそうです。

5. 新宿区若松町


賃料:¥270,000
面積:62.15㎡
http://joylifestyle.jp/?post_type=fudo&p=15940&shu=&mid=999&nor=999
こちらは28年前に建てられた一室を今年の4月にフルリノベーションした物件になります。ホテルライクな非日常空間をテーマに作られた内装で、なんといってもリフレッシュにはもってこいの広々としたバルコニー付です。メインスペースとは別に、小さな打ち合わせ用としても使えるスペースがあるので、オフィスとしても利用勝手が良さそうなSOHO物件になります。

2、デザイナーズオフィスが人気の理由

「デザイナーズオフィス」はデザインオフィスとも呼ばれますが、その意味に関しては明確な定義があるわけではありません。

一般的に、建築デザイナーや持ち主のこだわりが、外観や内装、またはその両方で輝く物件を指します。
個性的なコンセプトに基づいてデザインされ、素材や空間の使い方、レイアウトが一般物件とは違う斬新さや遊び心で作られています。この斬新さや遊び心こそ、デザイナーズオフィスを他と差別化できる特徴になります。

それでは何故、デザイナーズオフィスは人気なのでしょうか。
その理由は、①対お客向け・②対社員向けの2つの理由からなります。

①対お客向けの理由
1番は自社アピールになる点です。
オフィスは企業の顔そのものです。自分達のブランディングや企業理念、アピールポイント、もしくは代表商品をデザインとして取り入れ、視覚で見せることによって、お客様に鮮烈な印象を与えることができます。
言葉で説明するよりも体感してもらうほうが、記憶にも残りやすく、またそこから口コミで評判が繋がっていく可能性が高くなります。

②対社員向けの理由
まずは、モチベーションのアップ・生産性の向上に繋がる点です。
お洒落なオフィスで働いてる・たまに取材で取り上げられる、そんなオフィスで働いていたら周りに自慢できます。

また、デザイナーズオフィスのゾーニングとして、よくリフレッシュスペースが設けられることがあります。

https://www.searchfield.jp/office/
ここは社員達のコミュニケーションを活発化し、疲れた頭や体を休息できるスペースです。
社員の為にこのようなスペースが用意されていれば、会社に愛着も沸きやすくなります。

以上の自社への誇りや、オンオフを切り替えられる環境でコミュニケーションを促すことで、新しいアイディアへ繋がる可能性を広げたり、生産性を落とさないようにしながら仕事をしてもらえるのです。

また、企業理念やブランディングを反映させることで、社員に会社のイメージや方向性をしっかりと掴んでもらうこともできます。

この2つこそ、デザイナーズオフィスが支持される理由であり、物件数自体が増えている要因となります。

3、東京都内でデザイナーズオフィスを探せるサイト5選

ここまで見ると、実際に物件を探したくなってくるかと思います。物件数だけでみると決して多くないデザイナーズオフィスですが、こういった物件を専門に扱っている業者もいくつかあります。デザイナーズオフィスを検討している人は、手始めにこれから紹介するサイトから探してみてはいかがでしょうか。

■TOKYO WORKSPACE

公式サイト:http://www.tokyoworkspace.com/

こちらのサイトでは、東京都の「港区」「渋谷区」「新宿区」を中心とした、都内限定のデザイナーズオフィスを数多く扱っています。内装写真も多く、物件情報も丁寧にたっぷり載っているので、カタログ感覚で楽しんで探すことが出来そうです。

■SOHO東京

公式サイト:http://www.soho-tokyo.com/
こちらは、ベンチャー企業や少人数で運営している企業向けのデザイナーズオフィスやSOHOオフィスを扱っているサイトです。希望の広さや特徴などから、自分に合ったお洒落なオフィスが見つけられますので、サイト自体もシンプルで使い勝手が良いです。

■DESIGN BUKKEN

公式サイト:http://re-remodel.com/search/index.php?tubo=&city=other&menu=
このサイトでは、デザイナーズオフィスという観点はもちろんの事、オフィスとしての機能も含めた観点から専門のスタッフが提案からサポートしてくれます。小さめのオフィスから、大規模のオフィスまで幅広い物件を扱っていますので、あなたの企業にもベストな利便性の良いお洒落なオフィスも提案してくれるでしょう。

■R-STORE

公式サイト:http://www.r-store.jp/
こちらではお洒落な物件・リノベーションの物件を取り扱っています。実店舗を持たないウェブサイトの為、物件情報はかなり細かく記載がある点が特徴です。また、外見は普通のビルでも、内装がリノベーションされている物件は通常のデザイナーズオフィスと比べても賃料が抑えられるので、穴場物件に出会えるかもしれません・・・。

■az plus

公式サイト:http://azplusoffice.jp/
こちらのサイトの強みはなんと言っても運営会社が実際に店舗開発や不動産賃貸のノウハウを持っている点です。渋谷区・目黒区・港区を中心としたデザイナーズオフィスを多く扱っているのも嬉しいですが、探した後の移転フォローまで安心して任せることが出来ます。一棟貸しや、ショールームにも使える物件など、まさに「デザイナーズ」とイメージ通りの物件情報も多数掲載されていますよ。

4、自分たちで作るデザイナーズオフィス

元々お洒落なデザイナーズ物件があり、実際に探すことができるという事を紹介してきましたが、今いるオフィスあるいは普通の事務所でもお洒落に変える事が出来ます。デザイナーズオフィスと違い賃料も抑えた状態で、且内装に力を入れる、という事も一つの手段です。そこで、ここではデザイナーズの物件でなくとも、お洒落なオフィスを作る時のポイントを紹介してきます。

4-1.お洒落なオフィスを作る6つのポイント

それでは具体的に、お洒落なオフィスを作る時のポイントをご紹介します。それぞれオフィスの内装を作る時の参考までに見ていただければと思います。

【6つのポイント】
①ニュートラルなカラーを使う
②観用植物を取り入れる
③照明にこだわる
④床や壁のデザインを変えてみる
⑤家庭用のインテリアを取り入れる
⑥おしゃれなブラインドを使用する

上記のポイントに関して、詳しく説明していきます。

①ニュートラルなカラーを使う


http://ashita-office.com/stylish-office-4471#2
おしゃれなオフィスの内装をつくるときは、なるべく限られた色で統一されていると良いです。尚且つ、極端な色を避け、白やグレー、セピアカラーなどのニュートラルな配色をベースに、黒やグリーン、レッドなどのアクセントカラー、さらには、壁や床、カウンターなどのワンポイントにウッドや金属などの素材感をプラスするとおしゃれな印象を作りやすいですよ。

②観葉植物を取り入れる


http://hitoba-office.com/works/taste/casual

観葉植物をオフィス内に置くことで、差し色としても使えますし、スタイリッシュな印象を与えることが出来ます。またグリーンがある事で写真栄えもするので、企業HPに掲載して使う等、企業アピールにも有効です。植物を入れすぎるとメンテナンスが手間になってくるので、業者に依頼する・造花を使う、などの対応をしてもよいかもしれません。

③照明にこだわる


http://ashita-office.com/stylish-office-4471#2
オフィスの照明は、お洒落な雰囲気をかもし出す為に必需品と言っても良い位重要になってきます。ただの蛍光灯ではなく、天井から吊り下げる物にするだけでも、カフェの様なオシャレな雰囲気も醸し出せます。また、照明の使い方としても壁に光を当てる位置に設置するなど、少しの工夫でよりお洒落を演出できますよ。

④床や壁のデザインを変えてみる


http://laugh-raku.com/archives/1675
床や壁は、視覚的に見える範囲が広いので、一部分だけでも変えると印象がガラリと変わります。例えばエントランス部分のみフローリングにしてみたり、執務スペースの壁の一部を水性ペンでアイデア等を書き込めるようにしてみたり。全てを変えるのではなく、限られたスペースに追加するだけでも随分印象は変わります。今はDIYでも簡単に壁紙などは変えられるので、自分達でも着手しやすくお洒落な雰囲気を出しやすい箇所なので、是非チャレンジしてみて下さい。

⑤家庭用のインテリアを入れてみる


http://city.living.jp/e_news/woman_excite/411706

オフィスに限ってインテリアを探すと、デザイン性の高い商品にも限りがあったり、かなり高額な物になってしまうかもしれません。敢えて家庭用と同様にインテリアを使ってみると、無機質なオフィスのイメージから、お洒落なカフェ・くつろげる自宅のイメージまで、幅広く作る事が出来ます。照明や椅子・休憩スペースなどは家庭用インテリアを駆使して作ってみてはいかがでしょうか。

⑥おしゃれなブラインドを使う

http://www.indeko.co.jp/works/?id=1270190324-654335&p=1&mca=6&ca=1269081601-703679
オフィスのブラインドはアルミや無地の物が大半ですが、ホコリや汚れが目立ってしまいます。そこで、羽の向きが縦型の「バーチカルブラインド」や、木のぬくもりが感じられる木製素材のブラインドをオススメします。ブラインドも壁や床と同様にオフィスの印象にかなり影響する為、「汚れの目立たない落ち着いた色」を選んでみて下さい。

その他、より詳しくお洒落なオフィスの作り方を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。おしゃれなオフィスを作った時の過程や工夫を事例付きで紹介してくれます
※その他、画像の引用元も以下のサイトです。

【【事例つき】誰もが憧れるおしゃれなオフィスを作る7つの要素を徹底解説】http://ashita-office.com/stylish-office-4471#2

5、まとめ

今やオフィスはただ「働くだけの場所」だけでなく、「企業ブランディング」や「社員のモチベーション」としての効果がある為、よりデザイン性の高いお洒落なオフィスに人気が高まっています。もともとお洒落な「デザイナーズオフィス」は数は多くないにしろ都内に探せばいくつものデザイナーズ物件が存在します。数が少ないからこそ探し方も「専門家」を頼って探すとより理想の物件に出会いやすくなりますので、この記事でご紹介したサイトをご活用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*