ビジネスの成長を加速させる!家具付きデザイナーズレンタルオフィス【オフィスwatch ビジョンオフィス株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回お伺いさせていただいたのは家具、IT、デザイナーズオフィスのレンタルなどを事業としているビジョンオフィス株式会社様。
デザイン性の高いオフィスを構えることで、どんな効果があるのでしょうか?
経営への考え方や内装のこだわりなどを社長インタビューや写真と一緒にご紹介いたします。

1)細部にまでこだわりを感じるレンタルオフィス【オフィス写真&ポイント解説】
①ギャップのエントランスホール
②近未来的ラウンジ
③からくりプレゼンルーム
2)代表取締役 上原一氏インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)細部にまでこだわりを感じるレンタルオフィス【オフィス写真&ポイント解説】

近未来的なラウンジや、からくりがあるプレゼンルームなど遊び心のあるオフィスが印象的でした。また、デザイン性だけでなく収納もたくさんあるスペースなどがあったり、機能性にも富んでいます。
そんなこだわりの詰まったオフィスを写真付きで詳しくご紹介します。

(取材日 2007年4月16日)

ビジョンオフィス株式会社
《事業内容》 家具、IT、セキュリティ環境を備えたデザイナーズオフィスのレンタル、 高付加価値のサービスを備えた貸し会議室の運営・管理。
《サイトURL》 ビジョンオフィス株式会社 http://www.visionoffice.jp/
ビジョンセンター秋葉原 http://www.visioncenter.jp/

①ギャップのエントランスホール

エントランスに鎮座するのは、壁一面に張られたメッキの鉄板。無機質で重厚な佇まいの扉が開かれた途端、緊張感は一気に取り除かれる。扉の先に広がるのは、それまでの印象とは対照的な、有機的で温かな光に満ちた空間。足元の間接照明が、ストライプ模様のすりガラスに反射し、まるで光のカーテンが連なっているよう。一体この先には何があるのだろう!?とわくわくさせるような魅惑的な展開を見せるこの場所が、ビジョンオフィスの手掛ける“オフィスウェア”のエントランスホールだ。

扉の前の空間では、まるで銀行の金庫のような重厚なセキュリティ感が表現される一方、扉の先では来訪者を迎え入れる温かみあるホスピタリティ感が醸し出され、双方のギャップを感じさせる。この思い切った演出がオフィスワーカーをわくわくさせ、新しいビジネスを生み出すインスピレーションを喚起させる。

さらにこだわりを感じた点は、この幻想的な世界を思わせる廊下の白い壁が、全て収納棚になっている事。機能性をとことん追及したデザインに感動しました!

②近未来的ラウンジ

明るい光に満たされた一面真っ白な空間に、鮮やかな黄緑色のチェアが映える。床面からひと続きになっているスクリーンの壁や、天井部から壁面にしなやかに伸びるカウンターテーブル。この白い曲線と直線が織り成す近未来的な空間は、2007年3月にオープンしたビジネスコンプレックスの新拠点として脚光を浴びる“ビジョンセンター秋葉原”のラウンジだ。

「世の中の先端を行き、新しい価値を生み出すようなデザインにしました」と語る上原社長。ビジョンオフィスが提供するオフィスウェアを多く利用するのは、成長速度の著しいベンチャー企業。そんなベンチャー企業のイメージに相応しい斬新な近未来的デザインで、彼らの挑戦を支援しているのだ。

コンシェルジュの制服は、宇宙を思わせるような素材感と斬新なデザイン。まるで宇宙ステーションに来たかのような雰囲気に、心が躍りました!

③からくりプレゼンルーム

高級木材を惜しみなく使った内壁に、シンプルな椅子とテーブルが美しく調和する神田のビジョンルーム。会議室としての利用はもちろん、ひとたび壁をスライドさせるとプロジェクタースクリーンが現れ、プレゼンテーションルームに大変身!逆サイドのパーティションを全て開け放てば、広々としたラウンジにも早変わりするなど、コミュニケーションを活性化させる仕掛けが盛りだくさん。

何を隠そう、ここはレンタルオフィスに入居するお客様が時間予約をして合理的に共用している部屋なのである。このような多目的スペースを設けたのは、あらゆる場面や用途に適応するオフィス環境を提供するためなのだ。

ちなみに、室内の照明も光の色や明暗を変化自在に調整できるという多機能ぶり。夜にパーティーを開く場合には、灯りを落とせばまるでバーのような雰囲気が楽しめちゃうのです。取材の際には、シャキッと明るい白い光に調整して、インタビューをさせていただきました!

 取材スタッフの注目ポイント 
ユニフォーム
ビジョンセンター秋葉原で、利用客のサポートをされるコンシェルジュの皆様のユニフォームがとても可愛い!近未来的なオフィス空間に溶け込むよう、デザインを統一されているのですね。
『DUOREST(デュオレスト)』
これが上原社長のおすすめ、ドイツの医学博士が考案したという椅子です。2つの背もたれが脊椎を包むように支えるので、腰への負担が減るのだとか!腰痛の方に嬉しい製品ですね!
キーは携帯
ビジョンオフィスの出入口に使用するキーは、携帯や『suica』、『pasmo』『Edy』カードでピッとするだけ。何だかハイテクでかっこいいです!「もしも部屋に携帯を置き忘れてロックアウトされても、どれか一つは身に付けているはずなんです」と上原社長。
こんなところも収納!
きらびやかなデザインの廊下に私が見とれていると、「ここ、棚になっているんです」と壁を開く上原社長。オフィスを有効的に利用するために、収納も充実しているのです♪

代表取締役 上原一氏インタビュー

家具、IT、セキュリティ環境を備えたデザイナーズオフィスのレンタルサービスを提供するビジョンオフィス株式会社。今回は、同社が運営する神田秋葉原のレンタルオフィスにご案内していただき、代表取締役の上原一氏にお話を伺う事ができた。

レンタルオフィスの進化形

田中
こんな素敵なレンタルオフィスは初めて見ました!どうしてこのようなオフィスを作ろうと思ったのでしょうか。

社長
私自身今までに8つの会社を経営してきた中で、オフィス移転に非常に苦労した経験があります。移転にはたくさんの時間やコストがかかり、人材の採用を留まらせるなど、会社の成長に支障をきたしていたのです。スピード重視で急成長していくベンチャー企業向けのオフィスが、世の中にはありませんでした。

田中
それは大変歯がゆい想いをされたのですね。

社長
現在のベンチャー企業の成長速度が、旧来の不動産商取引のスタイルと合わなくなってきているという事実に気付き、それであれば私が自分自身でベンチャー企業のビジネスの成長を加速させるようなオフィスを作ろうと思ったのです。

田中
え!企業の成長を加速させるようなオフィスですか!?

社長
はい。弊社のレンタルオフィスは、入居日にカバン一つを持ってくるだけですぐにオフィスを稼動させられるように、全てコーディネートされています。社内のモチベーションを上げるような洗練されたデザインや機能的な収納を設備し、生産性を向上させる高品質なIT環境、顧客の信頼を獲得するようなセキュリティ対策を兼ね備えたレンタルオフィスになっているのです。また、移転による最初のコストも軽減されるので、事業展開に合わせてスピーディーに借り増しもできるのです。

田中
それはすごいですね!

社長
弊社では、入居前にお客様の業種や職種、働き方などをヒアリングして、ニーズに合わせてカスタマイズし、最も機能的なオフィスを提供しています。例えば営業職が主体の企業であれば、コミュニケーションを取りやすいレイアウトにし、クリエイティブ職が主体であれば、集中できるように壁に向かってデスクを配置するなどの提案をします。また、腰にトラブルをお持ちの方がいらっしゃるオフィスには腰の負担を軽減する椅子をご提案したりもするんですよ。

田中
まさにトータルコーディネートですね。

社長
現代のスピードに適し、経済的に理にかなったお客様のニーズに応えたサービスを提供しているのが、弊社のレンタルオフィスの進化形“オフィスウェア”なのです。

ビジョンセンター秋葉原

田中
オフィスだけでなく、ビジョンセンター秋葉原のように建物全体の改装も手掛けられていらっしゃるのですね。

社長
ビジョンセンター秋葉原は、新日鉄都市開発様がビジネスホテルとして運用していた不動産物件を、弊社の企画によって全面改装してできました。古くなっていたビジネスホテルをそのままリニューアルしても面白くないので、ビジネスホテルとしての付加価値を高めようと考え、弊社のアイディアを採用していただいたのです。

田中
どのようなアイディアなのでしょうか。

社長
ビジネスホテルの2~3階にあったほとんど収益を生み出していなかった宴会場を取り壊し、レンタルオフィスおよびそれを支援するイベントホール、大小様々な貸し会議室に転換する事で、ビジネスユース向け物件へとコンバージョンさせました。120人を収容できるイベントホールで来訪者を呼べば1階にあるレストランも繁盛し、ホテルの宿泊客も増えると思ったのです。また、会議スペースとホテルが併設されているので、企業内研修なども一つの建物内で行えるようになっているのです。

田中
なるほど、それは便利ですね!

社長
2階には曲線を多用した近未来的なデザインのラウンジを設置し、常駐するコンシェルジュがお客様をサポートしますし、ご要望があれば貸し会議室を用途に合わせてセッティングするサービスも提供しています。また3階部分には、2階とは対照的な温かみある木目素材を使ったデザインのレンタルオフィスを作りました。3階のオフィス入居者や上階の宿泊客も2階を活用できるようになっています。結果、この2~3階のビジョンセンターの入居に伴い、建物全体の稼働率が上がったのです。

田中
素晴らしいアイディアですね!

社長
弊社の仕事は、中小ベンチャー企業様とビルオーナー様を一つの企画でマッチングさせている事だと言えます。弊社のお客様は大きく二種類あり、一つは成長性が非常に高い入居を希望されるベンチャー企業のお客様。もう一つは、不動産のディベロッパーやビルのオーナー様で、いかに手持ちの不動産の稼働率を高めて収益性を高めるかと悩んでいる方々です。オーナー様から寄せられる物件に、弊社が企画を提案し、条件が合えばレンタルオフィスの施工から入居者を募集するところまで全て行います。弊社は、双方のニーズをマッチングさせるエージェントのような役目を果たし、ビルなど不動産の活性化を促しているのです。

企業を支えるデザイン

田中
ビジョンセンター秋葉原のコンシェルジュの制服がとても可愛かったです!

社長
ありがとうございます。彼女達のユニフォームはデザイナーと相談して、特注で作りました。

田中
そうなんですか!

社長
また営業部の社員のスーツは、ファッションコーディネーターが一人ひとりに合った生地や色を選んでいるんです。ファッションセンスやカラーコーディネート力は、個々の担当企業のイメージに沿った空間を作る際に必要になるので、そのような制度を設けています。

田中
やはりデザイン性を重視しているのですね!

社長
そうですね。弊社が特にデザインにこだわるのは、働きやすいオフィス環境を重視しての事なのです。ベンチャー企業は人を採用しなければ成長できません。デザイン性の高いオフィスを構えると、新しい人材に「ここで働きたいな」と思わせる事ができますし、社員のモチベーションも高まります。その結果、企業の成長を促進する事ができるのです。実際に、レンタルオフィスに入居している企業様からは、「求人応募者が増えた」という声をいただきます。

田中
オフィスのデザインは、プロの方にお願いしていらっしゃるのでしょうか。

社長
そうですね。私は以前、車の内装設計に関わっていた事があります。その経験を生かし、自分で考えた基本設計をプロの建築家やプロのデザイナーに伝え、コラボレーションしてオフィスに反映させているのです。

田中
そうだったんですね!今後オフィスデザインはどのように進化するとお考えですか。

社長
例えば照明一つでも、もっと光の質や強さを改良すれば眼が疲れにくい照明になりますし、机や椅子は利用する人の体格や悩みに合わせて調整できるような物を使うべきです。立って仕事ができるテーブルや冷え過ぎない空調設備など、オフィスデザインには無限に改良の余地があると思っています。今後、企業の成長を促すような働きやすいデザインを推奨する事により、もっと人に優しいオフィスデザインへと進化させていくつもりです。

ビジョンオフィス株式会社

田中
御社を設立されたきっかけを教えていただけますでしょうか。

社長
10年前から複数の会社を同時に経営してきたのですが、その中でオフィス移転に非常に苦労しました。多くがマンションの一室で、エントランスが狭く大きな什器が運べなかったり、電気容量が足りなかったりと不便な点が多く、さらにかっこいいオフィスが無いなと思っていたのです。

また、1年ほどしか使っていないキレイなオフィスであっても何十万円もかけて原状回復してから引き払わなければなりません。お金をかけてデザイン性の高いオフィスで働きたいと思っていても、成長速度によっては1年で引っ越すかもしれないと諦めてしまうわけです。オフィス移転が売り上げを伸ばすネックになっていては本末転倒ですよね。

田中
そうですね。

社長
そこで、ビルのオーナー側が家具もインターネット環境も全てメンテナンスし、且つデザイン性の高いかっこいいオフィスを貸し出すようなサービスがあれば便利だなと私がユーザーの時の経験から思ったのです。そこで10坪から30坪の規模の中小企業にターゲットに絞り、現在のようなサービスを開始しました。

田中
ご自身の経験からアイディアが生まれたんですね。

ところで、上原社長のブログの中で、「千日修業」をされていると拝見したのですが、こちらについてお伺いできますでしょうか。

社長
はい、私は東京でセルフマネジメント「1000日の会」を主催しています。およそ10年の会社経営の経験から、経営とは当たり前の事を当たり前のようにコツコツとする事だと思いました。特別な事ではなく、お客様の意見をよく聞き、満足度を上げていくために一つひとつ改善していく事なのです。

そこである本に出会ったのをきかっけに、経営において大切なコツコツと継続する力を養おうと思い、トイレ掃除や英文を1日10分以上読むといった小さな事を1000日間連続で毎日やろうと決めて、実行しています。一人では続かないので「1000日の会」のブログや月2回の会合で達成度を報告し合い、ベンチャー企業経営者などの仲間と一緒に実行しているのです。

田中
なるほど!でも、どうして1000日間なのでしょうか。

社長
『石の上にも三年』といいますので、1000日というのは何かを身につける時にかかる日数です。世の中にはビジネスで成功するためのノウハウを書いた本や雑誌は無限にありますが、それを実際に継続して実行するのは難しいと思ったのです。多くの人はノウハウ本を読んだ後、行動に移して続ける事ができず自分を変えられないので、もっと良い方法は無いかと別の本を探し続けているのです。本に書いてある事を実行し続ければ良いだけですから、1000日トレーニングを続ける事で当たり前の事を継続する力を養えば、非常に色々な事が上手くいくのです。

田中
その効果を実感していらっしゃいますか。

社長
くだらないと思うかもしれませんが、毎日歩きながら「ツイテル、ツイテル」と1000回言うのです。それを1000日間続けていると、不思議な事に本当についてくるんです!一流企業の方々が私の事を信じて大きなプロジェクトを任せてくださるのは、ついている証拠なのだと思います。効果が無いだろうと思う事でも馬鹿正直に実行し続けていると、計画を立て粘り強く続けていく力と自信が付きますので、きっちり実行している人は変わっていきますよ。

田中
とても説得力があります!私も何か一つでも始めてみようと思います!では、休日の過ごし方を教えていただけますか。

社長
もともと機械いじりが好きで、休日は小学校一年生の娘と一緒にロボットを作っています。あとは、街をぶらぶら散歩するのも好きです。「新しいお店ができたな」、「ここの案件来ないかな」なんて、仕事モードになってしまう事もしばしばあるんですけどね(笑)。

田中
ありがとうございます。では、大変恐縮ではございますが、私の今後の社会人生活に向けてアドバイスをいただけますでしょうか。

社長
そうですね。田中さん自身、何か悩まれている事はありますか。

田中
社内で自分ができる事がもっとあるのではないかと思っています。

社長
田中さんが社内でパフォーマンスを発揮したいと思っているならば、社長さんや上司の方と色々と話す事です。何でも打ち明けて話していると、その人達が引き出してくれると思います。上の人には遠慮して話しかけづらいとは思いますが、1日3分ずつでも話す時間を増やすように心掛けてみれば良いのではないでしょうか。

私も今週は社内ヒアリング強化週間ですので、社員と個別に話し合って、会社に関してどう考えているのか聞いてみようと思っています。

田中
大変役に立つお話をありがとうございます!では、最後に上原社長ご自身の夢を教えていただけますでしょうか。

社長
カンボジアに学校を作るための教育財団を作る、という10年以上前からの夢があります。もともとビジネスを立ち上げようと思ったのは、カンボジアに行き、その実情を知ってからなのです。

田中
どのような実情があるのでしょうか。

社長
カンボジアでは、ポルポト政権時代に教師や技術者など人口の2~3割のインテリジェンスを持った人達が虐殺されました。そのような悲しい歴史を持つため、先生も、教科書も、文具、黒板さえ無い貧しい状態で、100人に1人も高校まで進めません。農村の子ども達は目がきらきらしていてパワーを持っているのですが、彼らには学習のチャンスが無いのです。

その実情を目の当たりして、日本に生まれた私はなんて恵まれているんだろうと思い、世界規模で見れば努力すれば成功するチャンスは多分にあるので、それを生かして何とかしなればならないと思いました。将来的に財団法人を作り、資産を運用し、生まれた収益で学習の機会が無いような人達のために貢献したいです。例えば教師を育成したり学校を作ったり、日本の子ども達と東南アジアの子ども達がお互いの国を訪れて1ヶ月間勉強をするなどの国際交流の場を作ってみたいのです。

田中
すばらしい夢ですね。今、具体的に何か行動を起こされていらっしゃるのでしょうか。

社長
現在ビジョンセンター秋葉原では、セミナーや能力開発サポートの講師の方にご協力いただきながらオリジナルの教育プログラムを開発しています。ビジョンセンターという箱の中でソフトウェアを開発して大人向けに提供する予定ですが、ゆくゆくは非営利の財団にし、世界中の子ども達向けに展開していきたいと思っています。

田中
本日は、大変貴重なお話をありがとうございました。

3)周辺情報

ビジョンオフィス株式会社上原社長のお気に入りの街、神田

神田駅」を中心に、「淡路町駅」、「小川町駅」、「新御茶ノ水駅」、「岩本町駅」、「秋葉原駅」など、複数駅・複数路線に徒歩圏内でアクセス可能な、交通の利便性の高い立地として知られる街です。駅前こそ、飲食店など中小規模のビルが多く立ち並ぶ、繁華街のイメージが強いものの、大手町日本橋秋葉原など主要ビジネス街に隣接しており、その利便性の高さから、都内を代表するオフィス街として発展しているエリアとなっています。

今回はそんな神田における新築のオフィスビルをピックアップして紹介します。

【神田パークプラザ】

JR山手線京浜東北線中央線、東京メトロ銀座線神田駅」徒歩1分。日本橋銀座に連なる中央通りに面し、交通の利便性、また商業繁華性の高い立地に位置するのが、ビジョンオフィス株式会社の入居する「神田パークプラザ」です。
竣工:1959年、基準階:145.84坪
竣工は1959年とかなり古いビルですが、外壁はグレード感のあるカーテンウォールで覆われており、2003年の耐震工事を始め、外壁、空調、電気設備、トイレ、セキュリティ、共有スペース等、全面リニューアルが行われているため、年数を感じさせるようなことはありません。事務所フロアは、大きな窓面が採用された開放的な空間となっており、また1階には立地特性を生かした店舗が入居しています。

 所在地 千代田区鍛冶町2-2-2
 交通

神田駅 徒歩3分小川町駅 徒歩9分淡路町駅 徒歩9分新日本橋駅 徒歩5分三越前駅 徒歩7分岩本町駅 徒歩10分 

 階数 8階
 竣工  1959年
 坪数  145.84坪
 基準階坪数  145.84坪

住友不動産神田ビル

本郷通りに面し、「神田駅」、「新御茶ノ水駅」、「小川町駅」、「淡路町駅」、「大手町駅」の5駅10路線から徒歩圏内でアクセス可能な立地に位置するランドマーク「住友不動産神田ビル」。先進的なグリーンのオールガラスで覆われたデザインが一際目を引く、地上20階建・高さ99mを誇る超高層オフィスビルです。基準階面積300坪を越えるオフィスフロアは、無停電対応など住友不動産ならではの最新鋭のスペックが装備されており、まさに次世代を見据えた空間となっています。

所在地 東京都千代田区神田美土代7
交通 JR山手線京浜東北線中央線、東京メトロ銀座線神田駅」徒歩6分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅」徒歩2分、都営新宿線小川町駅」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線淡路町駅」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線半蔵門線東西線千代田線都営三田線大手町駅」徒歩8分
構造 鉄骨造
規模 地上20階、地下2階建
高さ 98.90m
竣工 2006年6月
延床面積 8,773.61坪
基準階面積 309.47坪
エレベーター 7基
駐車場 73台

神田須田町プレイス

千代田区神田須田町。「神田駅」と「秋葉原駅」の中間、JR中央線の線路近くに位置する、2007年1月竣工のオフィスビルが「神田須田町プレイス」です。現代的なガラス張りのファサードながらも、落ち着きのある重厚感を感じさせるデザインが特徴となっています。基準階面積は約210坪を誇ており、大企業のビジネス拠点に相応しいオフィスビルといえます。

所在地 東京都千代田区神田須田町1-9
交通 JR山手線京浜東北線中央総武線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩5分、JR山手線京浜東北線中央線、東京メトロ銀座線神田駅」徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線淡路町駅」、都営新宿線小川町駅」徒歩2分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅」徒歩6分
構造 鉄骨造
規模 地上7階建
竣工 2007年1月
延床面積 1,855.38坪
基準階面積 211.99坪
エレベーター 2基
駐車場 19台

仮)新大手町SIA

日本経済の中心地、大手町駅から徒歩5分。2007年6月竣工予定のオフィスビルが、「仮)新大手町SIAビル」です。採光性に溢れ開放感のあるガラス張りのモダンなデザインと、洗練されたシックなデザインを併せ持つ、高級感溢れるオフィスビルと言えるでしょう。

所在地 東京都千代田区内神田1-13-5
交通 東京メトロ丸ノ内線半蔵門線東西線千代田線都営三田線大手町駅」徒歩5分、JR山手線京浜東北線中央線、東京メトロ銀座線神田駅」徒歩6分、東京メトロ丸ノ内線淡路町駅」徒歩6分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅」徒歩5分、都営新宿線小川町駅」徒歩5分
構造 鉄骨造
規模 地上9階、地下1階建
竣工 2007年6月
延床面積 1,472.19坪
基準階面積 173.19坪
エレベーター 3基
駐車場 24台

神田トーセイビル

神田駅」から徒歩3分。「神田駅」と「岩本町駅」との中間に位置する、2007年6月竣工予定のオフィスビルが「神田トーセイビル」です。ガラスカーテンウォールに覆われた整形のフロア内は開放感に溢れた空間となっています。また環境面への配慮から、屋上緑化が施されているのも特徴の一つです。

所在地 千代田区神田東松下町39
交通 JR線・東京メトロ銀座線神田駅」徒歩3分、都営新宿線岩本町駅」徒歩4分、JR山手線京浜東北線中央総武線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩8分
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上6階建
竣工 2007年6月下旬
延床面積 595.21坪
基準階面積 106.38坪
エレベーター 1基
駐車場 4台

4)まとめ

ビジョンオフィスが提供するレンタルオフィスはどこを見渡しても洗練された斬新なデザインでした!それはオフィスで働く“人”にクローズアップし、企業を成長させるような環境を追及した結果、生まれたオフィスなのです。

車のインテリアデザインからオフィスデザインへ快適な空間を追求し続けている上原社長。「これからのオフィスは、車のように一人ひとりにアジャストできるようになるべきです」とまだまだオフィスの進化すべき方向を見据えているご様子!秋葉原に続き、これからどのような進化形のオフィスを生み出されるのか、とても楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*