保険業界に新風を巻き起こす!あんしん感オフィス 【オフィスwatch アセットガーディアン株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険業界というと固くてわかりにくい印象があげられます。
今回は、それを払拭するために各社から保険を集め、お客様に適切な保険を提案する企業から
安心感あふれるオフィス内装をご紹介します。

1)3つのスペースで安心感を引き出す【オフィス写真&ポイント解説】
①キッズスペース
②ハッピーオレンジ
③プラチナサロン
2)代表取締役 内野道雄氏インタビュー!
3)周辺情報
4)まとめ

1)3つのスペースで安心感を引き出す【オフィス写真&ポイント解説】

安心感を引き出す3つのスペースを紹介します。
保険業界ならではのイメージを払拭する内装になってます。

(取材日 2007年2月5日)

アセットガーディアン株式会社
《事業内容》 総合保険コンサルティングを主軸に、ファイナンシャルプランニング業務、決算対策コンサルティングなどお客様中心の金融サービスを提供する。
《サイトURL》 アセットガーディアン株式会社 http://www.asset-guardian.co.jp/
保険deあんしん館 http://www.hoken-anshinkan.jp/
法人保険deあんしん館 http://www.h-anshinkan.jp/

①キッズスペース

アセットガーディアンのオフィスには、お客様への保険のコンサルティングを行うショップ『保険deあんしん館』が併設している。その店舗スペースの奥には、何とキッズスペースがあるというからおもしろい。黄色いスポンジ素材のマットが敷かれ、丸みのあるオレンジの柔らかいソファーに、ライオンやパンダのぬいぐるみが寝そべっている。備え付けの大きなテレビでは、子供達が自由にDVDを観られるようになっている。

「保険の堅いイメージを無くし、気軽に相談に来てもらいたいのです」と語る内野社長。保険はその人のライフプランを決めるほど大切な商品だが、取り付きにくいイメージがある。そこで、買い物帰りに気軽に寄れる銀座の街にショップを構え、子連れのお客様にも安心してご来店いただけるよう、キッズスペースを全店舗に設置しているのだ。

子育てに忙しいお父さんお母さん方も、これなら安心してじっくり保険の相談ができますね!

②ハッピーオレンジ

アセットガーディアンへの入り口に立つと、鮮やかなオレンジのロゴが目に飛び込んでくる。真っ白な空間に散らばるオレンジは、一際の存在感を表している。

「お客様に安心していただけるよう、温かみのあるオレンジにこだわりました」と語る内野社長。偏にオレンジといえども、心を温める効果の強い『ハッピーオレンジ』という名称の色を選んだ。また、色だけではなくロゴの形からも安心感を伝えているのだという。アセットガーディアンの頭文字“A”を模った三角形からは、人と人との温かみを表すハート型がくり抜かれている。「トリプルAランクの安心感を提供したい、保険業界に新しい風を吹き込みたい」という想いが、『革新の精神』を表す三角形に込められているのだ。

大変意味深いロゴに大きくうなずきつつ、私もこのハッピーオレンジに元気をもらいました!

③プラチナサロン

光沢のある濃い茶色の木の壁に、プラチナ色のハート型のロゴがくっきりと浮かび上がる。色鮮やかな絵画や花が飾られ、棚には数々の受賞記念品や盾が並んでいる。社内でも一際の高級感を漂わせるこの部屋が、プラチナサロンだ。

法人の経営者など、深い話をとことん話し込みたいお客様が、このサロンを利用する。完全な個室にし、高級感漂う雰囲気にしたのも、お客様にプラチナ級の安心感を与えるため。長時間座っても疲れない椅子と大きなテーブルを置き、内容の濃いコンサルティングをじっくりと行える上質な空間を形作った。

この部屋で取材をさせていただいたのですが、慣れないVIP待遇(?)に、ちょっとだけそわそわしてしまいました(笑)。

 取材スタッフの注目ポイント 
社長スペース
内野社長のスペースは、執務スペースの隅っこ。実は、背後から誰にも見られない場所が社長のお気に入り。家具はすべて以前のオフィスからそのまま持ってきたとか。愛着のある家具に囲まれた方が落ち着きますよね♪
数々の賞
所狭しに並べられている受賞盾や賞状を発見!それらは以前のオフィスにお伺いした時よりも、何倍も増えていました。アセットガーディアンさんの評価の高さを実証しています。
カラフルなミーティングスペース
執務スペースにあるミーティングスペースは、区画ごとに赤・青・緑・黄とカラーが違ってとてもカラフル♪赤い部屋ではエキサイティングに発想をふくらませ、青い部屋では冷静に話し合えるのだとか!
お祝いのお花
オフィスの随所に美しいお花がたくさん置かれていました!オフィスの移転が12月4日、ショップのオープンが1月27日。たくさんの方からの祝福があったんですね!

2)代表取締役 内野道雄氏インタビュー!

東銀座駅を出てすぐ、銀座駅から徒歩3分の場所に85坪オフィスを構えるのは、オフィスWatch第3回にご登場いただいたアセットガーディアン株式会社。以前オフィスを構えていた虎ノ門から銀座に移転され、さらに進化したオフィスで代表取締役内野道雄氏にお話を伺う事ができた。

保険業界への挑戦!

社長
弊社では、業界初の総合保険代理店として店舗展開を行っています。

一般に保険の販売と言うと、ある特定の保険会社1社の商品を取り扱っている販売代理店や保険会社の外交員が主流です。提案する人の保険会社1社の中のプランにしか選択の余地がありません。しかし、『保険deあんしん館』では、国内外資系生損保31社の保険商品を取り扱っていますので、私達は何千種類もある商品の中から、お客様に最も合ったものを選ぶお手伝いができます。

沖田
でも、どうしてそのような試みを行われていらっしゃるのでしょうか。

社長
これまで保険は堅くてわかりにくいイメージを持たれていましたが、それを払拭したかったのです。イメージとしては、保険のデパートです。デパートで服を購入する際、お客様はたくさんの商品の中から身体のサイズや好みに合った服を、店員と相談しながら選びます。それと同じような感覚で、数ある保険の中から気軽に相談しながら選べる事こそが、お客様本位のサービスであるのだと思ったのです。

沖田
非常に魅力的なサービスだと思います。

社長
保険のビジネスは、少人数で展開している方が楽で利益を上げやすいのですが、お客様本位のサービスを提供していくためには、組織での展開が必須となります。

と言いますのも、組織として後継者を生み出し長期的に市場に根付くことにより、お客様の人生に沿って永続的なサービスを提供し続けられるのです。

保険会社の外交員や小規模の保険代理店から保険に加入して、いざ何かあった時に「担当外交員が辞めていないから大変だった」という思いを受けた人もたくさんいると思います。実際に保険を使う何十年後には、担当者はおろか、代理店自体もなくなっているという事態も起り得ます。そうではなくて、ある程度の規模の組織として存続する事により、加入時だけのサービスだけに止まらず、プランの見直し等、人生を通してのフォローが可能になるのです。

沖田
なるほど。

社長
組織の規模が大きければ大きいほどリスクも高まりますが、旧体質の業界を変え、真にお客様に求められているサービスを提供するために、どこの保険会社にも属せずに独立した中立的な立場のファイナンシャルプランナー集団として展開しています。この活動こそが我々の使命であり、延いては社会貢献へと繋がっていくと確信しているのです。

ファイナンシャルプランナー育成

社長
ショップにいるアドバイザーは、弊社の教育プログラムをきちんと受け、合格しなければアドバイザーとしてデビューできない事になっています。弊社のアドバイザーは、覚えなくてはならない事が多大にありますので、入社するとまず、保険の基礎知識やあんしん館のコンセプトなど、座学から実技まで1ヶ月間の研修を行います。

膨大な量の点の情報を線でつないでストーリー仕立てにし、お客様にわかりやすく説明する能力と、様々な質問に対しても対応できる能力を研修で身につけます。最終的にロールプレイング研修を実施し、私の判定に合格した人だけが、カウンターにデビューします。

沖田
大変厳しい過程があるのですね。

社長
アドバイザーの質を保つためには、最低限のプロセスだと考えています。保険業界では、長らく個人事業主である保険会社の外交員が大半を占めていたため、担当者次第でお客様へのサービスが良くも悪くもなるのが常識でした。そういった不均等を無くし、全アドバイザーが高品質で均等なサービスを提供できるようにしたかったのです。

沖田
なるほど。

社長
また、入社以降にも、社員に対する教育制度のひとつとして外部からの講師を招いてのコーチング研修を行っています。

沖田
コーチング研修ですか!?

社長
保険の学習とは一歩離れたところになりますが、アドバイザーとしての基礎的なスキルを身につける研修を行っています。例えば、“質問する力”、“理解する力”、“伝える力”などが基本的な研修内容としてありますが、その中でもおもしろい研修として、外国の講師を招いての“聴く力”を養う講習があります。特に弊社のアドバイザーに必要なのは、お客様の真の課題を正確に汲み取る力です。

お客様の考えや生活、夢は十人十色で、我々が提案するソリューションにも、これが正解だという方程式はありません。それぞれのお客様のニーズを図るため、徹底的に聴き役に回る研修を行い、ジャストなプランを提案できる能力を養っています。

様々な独自サービス

沖田
様々なセミナーを開催されていますが、具体的にはどのようなセミナーを開催されていらっしゃるのでしょうか。

社長
外部の企業さんから依頼を受け、弊社の社員が講師を勤めるセミナーが多いですね。例えば、ウェディング関係の会社さんからの依頼であれば、結婚を控えている方へのマネーセミナーを行います。

また、弊社自身が、顧客への付加サービスとしてセミナーを主催する事もあります。例えば、100名ほどの参加者があったOLマネーセミナーは好評でしたね。

沖田
それは是非、参加させていただきたかったです!

社長
是非、次回開催時にいらしてください。

昔は、企業の年功序列、終身雇用、年金制度が根付いていましたので、企業が作ったレールを走っていけば、金銭的な面も全て右肩上がりになっていく時代でした。しかし、今はそういう時代ではありません。年功序列などの確固たる制度が崩れ始めており、実力で成果を出して貰うお金が増えてきました。その管理を自分で考えていかなければならなくなり、お金について学ばなければいけない機会が増えています。そういった世の中のニーズに応えてセミナーを行っているのです。

沖田
なるほど。他にも何か、外部へのサービスを行っていらっしゃいますか。

社長
店舗での保険相談会と同じサービスが自宅でも受けられる、保険相談の出張サービスを行っています。

沖田
そんな便利なサービスもあるのですか!

社長
有料のサービスとなりますが、店舗から電車で1時間以内の範囲のお客様なら、3,150円で相談が終了するまでアドバイザーが何度でも出張します。様々な理由で家から離れられない、子どもを連れて行くにはお店が遠すぎるお客様に対してのサービスなのですが、今後もお客様の声に耳を傾け、色々なサービスを生み出していきたいと思っています。

アセットガーディアン株式会社

沖田
内野社長が、お仕事上でやりがいを感じたエピソードを教えていただけますでしょうか。

社長
コンサルタントの立場から言うと、お客様に感動を与える事ができ、「よかった、ありがとう」という言葉を頂いた時に喜びを感じます。また、経営者としては、社員が仕事を通じて成長し、「この会社に入ってよかった」というような言葉を耳にした時に、やりがいを感じますね。

沖田
素敵ですね!では次に、内野社長の趣味をお伺いできますでしょうか。

社長
ゴルフです。目標として、今年こそは80を出したいと思っています。月に1回は必ずコースに出ますし、月3回は打ちっぱなしにも行きます。プライベートではありますが、経営者の仲間たちと行く事が多いので、時にはそこから仕事が生まれる事もあるんですよ。

沖田
そうなんですね!では次に、内野社長の夢を教えていただけますか。

社長
アセットガーディアンの新しいサービスが、当たり前のように認知されるのが夢です。保険という家の次に高い買い物をする際、お客様は必ず選択をします。「この保険会社の保険に入りましょう」と言われるか、「31社の保険会社の商品の中から比べて選びましょう」と提案されるのか、どちらがいいですか。

沖田
31社から選びたいですね。

社長
そうですよね。家電量販店と同じ感覚で、数ある商品の中から選択したいというのは、当たり前の購買行動なのです。しかし、この当たり前の事が当たり前にされていないのが、保険業界なのです。私達はその当たり前の事を、お客様に提供しているのですが、現状では大手企業の看板力、認知度で負けてしまっています。弊社のサービスの価値や認知度を高め、「保険に入るなら『保険deあんしん館』に行こう!」と皆に言ってもらえるようになりたいです。

沖田
では、大変恐縮なのですが、今後の社会人生活に向けて私にアドバイスをいただけますでしょうか。

社長
物事はゴールから考えてください。ビジネスの世界で今後どうしたいのか、小さくても大きくても目標を明確に思い描いて欲しいと思います。目標を達成するには、現在の自分には何が足りないのかを逆算して考える事が必要です。日々その日の仕事を振り返り、今日の自分はきちんと目標に向かった行動や言動が取れていたかどうかを考えるのです。すると、自ずとやらなければならない事が出てきますし、一日一日を大切に過ごせると思いますよ。

沖田
なるほど!

社長
時には壁にぶつかる事もあるかもしれませんが、「絶対に達成してやる!」という自分の想いがあれば、壁を壁ではなく、目標に至るまでのプロセスとして考える事ができます。一番大切な事は、この想いです。想いがあれば何でもできると思います。

沖田
想いですか。

社長
あと一つ大事なのは、日々学んだ事をアウトプットする事です。例えば、今日私が言った事で「面白いな」と思った言葉があるとします。それを、会社に持ち帰って先輩や後輩に口に出して言えば、自分の言葉になり、その言葉から他人はあなたを判断します。アウトプットの方法は言葉だけではなく、笑顔や挨拶かもしれません。それによって相手が自分の価値や影響力などを判断しますので、アウトプットは重要だと思います。

沖田
今日から、早速意識してみます!本日は、大変貴重なお話をありがとうございました。

3)周辺情報

「アセットガーディアン株式会社」内野社長のお気に入りの街、銀座

近年、一層の海外有名ブランドを始めとした商業開発が進んでおり、世界有数のファッションタウンとして、改めて注目されているエリアです。銀座にある多くの建物は老朽化が進んでいるため、現在多くの再開発計画が進行しており、ここ10年程度で、銀座のランドスケープは、新たな顔として様変わりすることが予想されます。

今回は、そんな銀座における注目のプロジェクトをピックアップして紹介します。

セントラルビル

東京メトロ日比谷線都営浅草線東銀座駅」徒歩1分、東京メトロ銀座線日比谷線丸ノ内線銀座駅」徒歩5分。三原橋交差点近くの昭和通りに面する、歌舞伎座の向いに位置するのが、アセットガーディアン株式会社の入居する「セントラルビル」です。
1階に入居する日本アセアンセンターが目印の「セントラルビル」。十分なスペースが確保されたエントランス、落ち着きのあるファサードは、お客様を迎え入れるのに適しており、また昭和通りに面するフロア内は採光性にも優れています。老朽化が進むビルの多い銀座において、1988年竣工の「セントラルビル」は、市場における競争力として十分な価値を持つオフィスビルと言えるでしょう。

所在地 東京都中央区銀座4-10-3
竣工 1988年12月
基準階面積  84.47坪

三共銀座ビル(ブルガリ銀座タワー)

銀座2丁目、中央通りに面する、三共の旧本社ビルにおけるプロジェクト「三共銀座ビル(ブルガリ銀座タワー)」。イタリア高級宝飾ブランド「ブルガリ」がテナントとして入居予定となっている、新たな銀座の顔として注目のプロジェクトです。
世界最大規模の売り場面積を持つ旗艦店と、日本法人ブルガリ・ジャパンの本社機能を集約し、高層階にはブルガリH&R運営のイタリアンレストラン、屋上は庭園として開放する計画となっており、2007年12月のオープンを予定しています。
建物は、中央区の街並み誘導型地区計画を最大限活用した地上10階建・高さ56mとなっており、地下1階の柱に免震装置を設置する、柱頭免震構法を採用しています。

所在地 東京都中央区銀座2-7-12
構造 鉄骨造
規模 地上11階・地下1階
竣工 2007年10月末予定
敷地面積 634.82m²
延床面積 5,586.00m²

不二越ビル

銀座5丁目、晴海通りに面し、銀座駅と直結した好立地に位置する「不二越ビル」。建物の建て替えに伴い、「ジョルジオ・アルマーニ・ジャパン」が入居することで話題となっているビルです。「ジョルジオ・アルマーニ・ジャパン」は、延床面積約8,000m²、地上12階・地下2階のビルの13フロアを占有し、旗艦店、及び本社機能が集約することとなり、銀座に進出している海外有名ブランドショップとしては最大規模となります。

所在地 東京都中央区銀座5-5-4
構造 鉄骨造
規模 地上12階・地下2階
竣工 2007年5月予定
敷地面積 767.09m²
延床面積 8,095.92m²

銀座Velvia館

銀座2丁目、並木通り沿いの、旧富士フィルム本社跡地に、2007年4月19日(木)にオープン予定のプロジェクト「銀座Velvia館」。プランタン銀座などに近接し、最近では高級ブランドを始めとした商業開発が盛んなエリアに位置しており、30代中盤から40代の大人の男女をメインターゲットとした、個性的で話題性のある粋な空間の提供を目指しています。名称は、ベルベットのような高い質感のスペースという意味合いから、富士フィルムの超高画質フィルム「Velvia」に因んで名付けられています。
外観は、重厚感のある黒い外壁の間から内部の様子を見え隠れさせ、期待感を高めるデザインになっており、また7・8階には光柱を設置し、夜の銀座に光の賑わいを演出します。
銀座としては希少な約430坪の土地を活かし、地上9階から地下1階まで、ファッションアパレル店、飲食店等、計33店舗が出店する計画となっています。インテリアショップ「BALS TOKYO GINZA」やセレクトショップ、テレンス・コンラン卿がプロデュースするレストラン「ICONIC」、イタリアバール「銀座バール・デルソーレ2Due」など個性的な店舗構成となっており、銀座の新たなスポットして注目されています。

所在地 東京都中央区銀座2-4-6
構造 鉄骨造
規模 地上9階・地下2階
竣工 2007年3月予定
敷地面積 1,413.29m²
延床面積 13,865.67m²

仮)マロニエ通り開発

銀座2丁目、マロニエ通りに面する、大成建設旧本社であった銀座大成ビル跡地におけるプロジェクト「仮)マロニエ通り開発」。英ヴェロックス・アセット・マネジメント社が手掛ける注目の商業ビルです。
地上11階・地下1階・高さ60m、優美な曲線をガラスとステンレス・スティールにより表現したファザードが特徴的となっており、ヴェロックスらしいクオリティの高い意匠・建築によるプロジェクトとなる予定です。

所在地 東京都中央区銀座2-4-5
構造 鉄骨造
規模 地上11階・地下1階
竣工 2007年5月予定
敷地面積 444.19m²
延床面積 3,997.30m²

仮)読売銀座2丁目ビル

銀座2丁目、プランタン銀座に隣接する立地におけるプロジェクト「仮)読売銀座2丁目ビル」。地上12階建の商業ビルで、ファッション店舗を中心としたテナントで構成する予定となっています。まだ、詳細は明らかになっていませんが、有楽町側における、丸井をキーテナントとした巨大再開発プロジェクトへの対抗馬として、多くの注目を集めているプロジェクトです。
10階には「ボキューズ」ブランドのブラッスリーの出店が決まっており、その他どのようなテナントで構成されることになるのか期待が集まっています。

所在地 東京都中央区銀座2-101-6、19、28他(地番)
構造 鉄骨造
規模 地上12階・地下4階
竣工 2007年秋予定
敷地面積 19,705.50m²

4)まとめ

ショップや社内の活き活きとしたハッピーオレンジや、お客様へのキッズスペース、社員さんの表情などオフィスの端々から、新しいことをしてやるんだ!という熱い想いが伝わってきました。

『保険deあんしん館』のショップは、さらに可愛く魅力的に進化していました。これから全国に店舗展開したいと話してくださった内野社長。私の故郷に出店が決まれば、家族や友達に薦めちゃおうと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*