ナレッジを共有できる効率的なオフィス環境【オフィスwatch ジェイモードエンタープライズ株式会社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アパレルメーカーのシステム開発などを行うジェイモードエンタープライズ株式会社のオフィスにお伺いさせて頂きました。
シンプルなエントランスや、対壁面のデスク配置など、一見シンプルに見えるオフィス内装ですが、そこには業務効率を上げるための工夫が沢山ありました。
オフィスへのこだわりから、少し変わった起業の経緯まで代表取締役社長である大久保勝広氏にお話をお伺いしました。

1)業務効率の上がる機能性オフィス【オフィス写真&ポイント解説】
①効率的なエントランス
②情報共有レイアウト
③代々木
2)代表取締役社長 大久保勝広氏インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)業務効率の上がる機能性オフィス【オフィス写真&ポイント解説】

ジェイモードエンタープライズ株式会社のエントランスはいたってシンプルでした。
真っ白な壁に、ピンクの会社ロゴが印象的なエントランスですが、スペースとしては決して広くはありません。
そこには大久保氏の「エントランスの余裕は業務機能の低下を招く」という考えが反映されていました。
その他にも、チームでの仕事の効率化につなげるためのデスク配置など、機能性アップにつながる工夫が随所に見られました。
今回はそんな効率的なオフィスをご紹介していきます。

(取材日 2006年10月4日)

ジェイモードエンタープライズ株式会社
《事業内容》 アパレルメーカーに対してカスタマイズ無しに導入可能なパッケージソフト「FashionManager シリーズ」を主軸に、NO.1システムインテグレーターとして、世界市場にチャレンジする。
《サイトURL》 http://www.jmode.co.jp/

①効率的なエントランス

真っ白なフレームに上下をガラス枠で固めた、明るくシンプルな空間。社名の入った鮮やかな原色がアクセントとなり、視線を釘付けにする。スポットライトに照らされたユニークなロゴマークと共に、人々の心に強い印象を残す。

このエントランス空間は、来客・執務スペースと隣接しており、然程広いわけではない。会社の顔となるエントランス部分に多くのスペースを割く企業が多い中、あえてこの空間作りにこだわったのだという大久保社長。というのも、「エントランスの余裕は、業務機能の低下を招く」という考えがあるため。あくまでも、業務効率を第一優先に考えた空間作りが、このエントランス部分に表れているのだ。

エントランス部分だけではなく、今後は執務室においても効率性を考えた意匠を凝らしていきたいのだとか。例えば、決議の際、必ず過半数に分かれる3名1組ずつのブースを設ける事により、スムーズな意思決定を下せるようにする。限られた範囲の中で、最大限のパフォーマンスを発揮するための構想は止まるところを知らない。

ちなみに、パッと目を引くピンク色のフレーム。本当は、コーポレートカラーである赤色にするつもりだったそうですが、発注ミスでピンクになってしまったのだとか(笑)。大久保社長のちょっぴりお茶目な(?)一面を、垣間見る事ができました。

②情報共有レイアウト

「ノウミソデアクシュスル」。これは、ジェイモードエンタープライズのキャッチコピーである。

コンピューターの特性は、「脳の機械化」を実現した点にある。

ソフトウェアを通して、様々な業種業態のお客様と関係させて頂いているネットワークイメージを、このフレーズと会社のロゴに表現しているのだ。脳みその線と心の線とが通い合っているロゴマークは、大久保社長のお気に入り。

オフィスレイアウトにおいても、ネットワークに重きを置いている。通常、対壁面のデスク配置には、場所の有効活用と集中力を高める効果が期待されるのだが、それ以外にも、社員同士がお互いのパソコン画面を容易に見合えるため、コミュニケーションを取りながら効率的に業務を進められるようになっているのだ。この大久保社長の新しい着眼点は、初めての感覚で大変興味深い。

また、事業部ごとにしっかりとしたパーティションを備え付ける事により、個々人に事業部ごとのチーム意識を植え付けている。一人ひとりのパーツの中で作業を進めるのではなく、チームごとにひとつのビジネスを触れ合いながら完結させていく事に、重きを置いているのだ。

「情報共有という観点から、今後は証券取引所のようなモニターを社内にたくさん設置したいですね」と大久保社長。社長の効率化に対する徹底的なお考えには、感服致しました!

③代々木

渋谷区代々木。国立代々木競技場や代々木体育館などの運動施設が数多くある事で知られるこの地に、ジェイモードエンタープライズはオフィスを構える。

代々木は、明治神宮の北側に位置する街。江戸時代には彦根藩主の井伊家の屋敷があり、そこには代々に伝えられるモミの大木があり、その地名は、このモミの大木に由来しているのだという。

大正4年に明治神宮の建設地に選ばれた後、全国からの十万本余りの献木で「代々木の森」が生まれた。それ故、周辺は都心とは思えないような緑豊かな景観が守られており、その街並みは、今もなお多くの人々に長く愛され続けている。

また、渋谷原宿に隣接するこの地には、多くのアパレル業界でひしめき合っているため、ファッション業界に特化した製品を生み出すジェイモードのオフィスは、この地に見事にマッチングしている。

実は、この代々木の物件を決めてから事業内容を固めていったというジェイモードさん。まず場所を決めてから、会社の方向性を確立していくという方法は、非常に興味深いところです。詳しい内容を知りたい方は、インタビュー3を見てください!

 取材スタッフの注目ポイント 
副社長ひょっこり
パーティションの上から執務室を眺めているこの方は、副社長さんです。時折、社員さんの様子を偵察(?)するために顔をひょっこり出しているのだとか。この頭だけ出た様子、ちょっぴり怖い気がするのは私だけでしょうか…(笑)。
おすすめ本
大久保社長のおすすめ本をお伺いしたところ、『キャズム』という本をご紹介頂きました。所々についているポストイットは、重要な箇所の証。相当に読み込まれた形跡が、この本のおもしろさを物語っています。

社内の本棚に、興味深い本を見つけました。「NHKスペシャル地球大進化」を書籍化したというこの本は、とっても奥が深そうな内容です。おすすめの本にご紹介して頂いたわけではありませんが、個人的に非常に気になります。
植物
社内のデスクの上には、可愛らしい観葉植物の姿がたくさん。社員の皆様で、大切に育てられているそうです。デスクにひとつ置いてあるだけで、癒されますよね。実際に、社員の方がお水をあげていらっしゃいました。

2)代表取締役社長 大久保勝広氏インタビュー

渋谷区代々木。駅から徒歩5分のロケーションにオフィスを構えるのは、コンピューターソフトウェアの企画・開発・販売を行うジェイモードエンタープライズ株式会社。今回は、代表取締役社長である大久保勝広氏にお話をお伺いする事ができた。

システム体制の確立

田中
社員さんが働いているスペースと、社長さんの席は、パーティションで完全に仕切られているのですね。

社長
そうですね。弊社の場合、私のような会社のトップの人間と社員とが、同じ空間で業務を行うタイミングは終わったのです。社員の電話応対一つから注意しなければならない時期もありますが、いつまでもそのような状態が続くと、トップの人間がいなくなった時に会社が動かなくなってしまいます。

そのような会社は、到底一組織としての機能がなりたっているとはいえません。なので、企業としての仕組みを確立させ、社員に自立してもらうためにも、あえて社員との場所を隔てているのです。

沖田
なるほど。全ては、社内体制確立のためなのですね。

社長
そうですね。そうでないと、私自身も気軽に旅行に行けなくなってしまいますからね(笑)。社員のみんなにも、積極的に旅行に行ってリフレッシュしてもらいたいと思っているので、会社としても長期休暇の体制作りを行っていきたいと考えています。よく、たくさんお休みを取ってしまうと、自分の席が無くなってしまうのではないかという不安感を抱く方がいらっしゃいます。自分にしかできない仕事があってこそ、その会社内での存在意義があると思っている方がいますが、それは大きな間違いです。例え誰か一人が一時的に欠けたとしても、組織としての対応をきちんと果たせる企業こそが、真の会社と言えるのです。

社員には、より良い仕事をしてもらうためにも、長期休暇を取ってほしいと思っています。

田中
ビジネスとプライベートの双方が、充実できそうですね。

社長
はい。社員のみんなには、しっかりと働いて、家庭を大事にしてほしいのです。現に、弊社の勤務時間は、始業が午前8時で終業が午後17時という、ソフトウェア業界の中では大変珍しい時間帯となっています。1日8時間以上働いても、人間はだらけてしまいますので、弊社では基本的に残業を認めていません。仕事のできる人間が残業せずに帰っているのに、できない人間が残業して報酬を貰っていては、逆転現象が起こってしまいます。

弊社では、時間をコントロールできない人は、仕事のコントロールもできないと考えています。これはとても難しいマネージメント能力が必要ですが、これが出来てこそ社会人として一流と言えると思うのです。

ファッションでグローバル

社長
おかげ様で、現在70社、600店舗以上のアパレル企業様に弊社のソフトウェアを導入して頂いています。

我々の仕組みをご使用頂いている一企業様として、「UNIQLO」のブランド展開で有名なファーストリテイリングさんがあるのですが、弊社のような規模の小さな会社でも、数々の企業様に採用して頂いているというのは、非常に有難い事ですし、その価値を認めて頂いているという事は、我々の自信にもつながっています。

ファーストリテイリングさんの目指す「世界1兆円のアパレル産業を育てていこう」というポジティブな考えには、我々も共感するところが多く、いつも刺激を頂いています。今や日本のアパレル界は世界市場で大活躍しているので、我々も「ファッションでグローバル」というキーワードを持って、世界視野での事業展開を考えているところです。

田中
それは、すばらしいお考えですね!何か、世界進出に向けて取り組まれていらっしゃる事はあるのでしょうか。

社長
そうですね。海外向けのポータルサイトを持っていたり、海外ブランドの会社様とお仕事をさせて頂く機会が多いのですが、お恥ずかしながら、社内の全員が英語を使えるわけではありません。今後の事業展開を見据えた上でも、2~3年後には社内言語を英語にしたいと考えているんです。そのために、会社としては社員をマンツーマンの英会話学校に通わせたいと思っています。まだ実際には取り組めていないので、早くそういう体制を整えていきたいですね。

沖田
でも、世界中の企業様から価値を認められている御社の仕組みは、すばらしいですね。

社長
ありがとうございます。「道のない所を突き進んで先行する」というスピリットが、弊社にはあります。これは、今までになかったものを世の中に提供していくといういわゆるゼロ・ワン構想です。この考えは、他社さんでもよく見受けられる価値観だと思うのですが、その他にも、弊社では特化主義というものを貫いています。我々のようなベンチャー企業は、大手競合企業さんと同じ事を行っては、勝てるわけがありません。そこで、販売地域を絞った地域特化、アパレルという業種に絞った業種特化、ウィンドウズ技術に絞った技術特化という3つの特化主義を貫いています。

弊社のようなまだ規模の小さい企業には、他社にはない独自の魅力とコアコンピタンスを持って、他社との差別化を図る事が必要なのです。

田中
その経営方針こそが、御社の強みなのですね!

企業のあり方

社長
もし、この代々木という場所に良い物件が見つからなければ、全く違う事業を行っていたかもしれません。

沖田
え!それは、どういう事なのでしょうか!?

社長
この場所は、以前勤めていた会社に近く、偶然見つけた良い物件だったので、入居する事を決めたのです。なので、ここに移転してくるまでは、どんな事業を行うのか、全く決まっていませんでした。

田中
そうだったのですか!それは、大変興味深いお話です。

社長
はい。そんな経緯ですので、移転するとまず、「この周辺にはどのような業種が集まっているのだろう」という調査から始まりました。そうしたら、周辺にはアパレル関連のオフィスが多い事が分かったので、「ならば、アパレル会社さんに役立つようなビジネスをしよう!」という事で、今の会社の展開が始まりました。

なかなか聞かないパターンですよね……(笑)。

沖田
はい。初めてお聞きしました!でも、それは非常にリスクのある事に感じますが……。

社長
私は、そのように考えてはいません。というのも、弊社のようなベンチャー企業は常に新しい事を世の中に生み出していく存在です。ビジネスモデルの方向性も、場合によっては変更を余儀なくされるケースも出てきます。

だからこそ、オフィスの場所や事業内容を決める前に、まずは同じ志で何でも言い合えるメンバーを集めたのです。ビジネスモデルは、結局は人が考えるものです。

何かしらの要因で方向性の見直しや問題に直面した時、本質をディスカッションできるメンバーがいれば、新しい価値はいくらでも生み出せますし、それが正しい会社のあり方だと考えています。なので、先にオフィスを決定した事は、大きなリスクではありませんでしたし、逆にそこからビジネスを展開できた事は、今考えると自信になっていたのかもしれません。

田中
なるほど。確かに、その通りなのかもしれません。

社長
もちろんアパレル業界が大好きですし、今は業界の発展に貢献していきたいと思っていますが、もし兜町にオフィスを構えていたら、今頃証券会社を行っていたかもしれませんね(笑)。

ジェイモードエンタープライズ株式会社

社長
大学付属の高校に通っていたのですが、大学で勉強する意味を当時は感じる事ができず、卒業後は就職する事にしました。もう25年ほど前の話になりますが、当時登場した『コンピューターソフトウェア』というカタカナに引かれて、ソフトウェア業界を志望しました。

私は昔から、生まれて10,000日が経過する27歳というひとつの折り返し地点に、独立と結婚を決めていて、その通りに実行する事ができたのです。

沖田
27歳が10,000日目に当たるというのは、初めて聞きました!おもしろいですね。

独立されてから、ご苦労された点はございますか。

社長
数々の競合大手企業さんに真っ向からぶつかり、自分達から営業をかけ製品化し、ここまで成長してきた過程は、思い出したくないような苦労の連続でした。今まで付いてきてくれた社員のみんなには、本当に感謝しています。

田中
では、毎日を楽しく過ごすために心掛けていらっしゃる事はございますか。

社長
私は、誰も行っていない事を思いつくのが大好きです。例え現実的に嫌な事があったとしても、新しい企画案を思い浮かべていると忘れられます。3歩あるけば思いつくぐらいの感覚で得意です(笑)。

沖田
すばらしいアイディアマンなのですね!では、大久保社長の夢をお聞かせ頂けますでしょうか。

社長
ファッション業界の中で世界に通用するソフトウェアを販売し、世界の中で比較されるような存在になる事です。日本には業務ソフトはたくさんありますが、現状それが世界で比較される事はありません。なので、我々がそのパイオニアになりたいと思っています。

また、プライベートでは、家族の幸せを切に願っています。その中でも、特に自分の子供が将来社会に出て活躍する事を楽しみにしています。人間の脳の進化は10歳までなので、子供の教育には徹底的に時間とお金をかけるよう社員にも言っています。なので、福利厚生の養育手当てに関しては、今以上に充実させていきたいと考えています。

田中
社長ご自身は、お子様に対してどのような教育をされていらっしゃるのですか。

社長
一点だけでも良いので、「これだけは誰にも負けない」というものを持ってくれるように教育しています。例えば、私の子供は車が大好きなので、本や模型などの車に関連する物を購入してあげています。子供は、自分の興味のある事であれば、どんなに難しいものでも次々に吸収していくのです。

また、子供は発想力も豊かなので、例えば先日「もし自分の車を持つとしたら、どんなドアミラーを付けてみたい?」と質問したら、「デジタルカメラを付けて、コンピューター制御で車を自動走行させるようなミラー」と回答したのです。大人でも思いつかないような事を考えてしまうので、日々その成長力には驚かされています。

ただ、将来社会で活躍する人になるためには、その発想力を表現できるかどうかが大切です。アウトプット出せないと、才能を開花させる事はできませんので、文章を書く、絵を描く、ピアノを弾く、という表現方法を幼少期に学ばせる事は重要です。続けさせるのは大変ですが、無理のない程度に行っています。

田中
ありがとうございます。では、大変恐縮ではございますが、私に向けて今後の社会人生活へのアドバイスを頂けますでしょうか。

社長
自分の得意なものを掴む事です。

成功するためには、2つの条件が必要です。ひとつは、自分の一番得意なものを見つけ、それを生かせる場所に身を投じる事で、もうひとつは、その才能を引き上げてくれる人に出会えるかという事です。

まず、「この部分では絶対負けない」という自分の得意なものを見つけます。寝食を忘れてでもできるものを見つけ、そして、それを伸ばしていける環境にあるかどうかです。引き上げてくれる人に出会わなかったら、例え得意な業界に居ても、全く関係のない仕事をしていたりします。

だから、私は昔から、絶対に接待を行いません。お酒を飲んで仕事を頂くのではなく、本物の自分達の姿を信じて頂ける方に出会えば良いのです。私の場合は、そう確信しています。

田中
わかりました。貴重なアドバイスをありがとうございました。

沖田
本日は、誠にありがとうございました。

3)周辺情報

「ジェイモードエンタープライズ株式会社」大久保社長のお気に入りの街、代々木

ターミナル駅「渋谷駅」と「新宿駅」の間に位置する「代々木駅」。JR山手線中央線総武線都営大江戸線東京メトロ千代田線小田急小田原線といった複数路線の利用が可能な、高い交通の利便性を有しており、予備校や専門学校の街とし広く知られる街です。

代々木駅周辺は、多くの予備校や専門学校が位置する代々木1丁目、新宿駅南口に隣接し、オフィス街として発展している代々木2丁目、代々木駅東口側に位置し、タカシマヤタイムズスクエアなどオフィス・商業エリアとして発展目覚ましい千駄ヶ谷5丁目、から構成されています。

今回は、代々木駅周辺に位置するオフィスビルをピックアップして紹介します。

代々木コミュニティビル

JR山手線中央線総武線都営大江戸線代々木駅」から徒歩5分、小田急小田原線南新宿駅」から徒歩5分。「代々木駅」西口を降りて直進、1階の昭和シェル石油のガソリンスタンドが目印のビルが、「ジェイモードエンタープライズ株式会社」の入居する「代々木コミュニティビル」です。

円形と正形・多角形が組み合わさった独特のフォルムが特徴的な「代々木コミュニティビル」。基準階面積約213坪を誇る「代々木コミュニティビル」は、大型ビルの少ない代々木エリアにおいて希少な存在と言えます。窓面を多く採光性に優れたフロア内は、明るく開放感に溢れたスペースとなっています。

所在地  渋谷区代々木1-11-2
竣工  1987年
基準階  約213坪
規模  地上6階地下1階

代々木1丁目ビル

代々木駅」から徒歩3分、JRの線路と並行した通りに面する「代々木1丁目ビル」。大型ビルの少ない代々木エリアにおいて希少な、基準階面積約230坪を誇る、2003年10月竣工の大型オフィスビルです。「山野美容専門学校」が入居していることでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
先進性を裏付ける洗練されたフォルムが特徴的な「代々木1丁目ビル」は、IT化の進むビジネスシーンへ対応したハイグレードなスペックはもちろんのこと、2階~7階にはリフレッシュコーナー、6階~8階には屋上庭園と、オフィスワーカーのリフレッシュに配慮した設備も設置されています。
ちなみに現在入居している「山野美容専門学校」は、2007年4月より、現在建築中の新校舎へと移転予定となっています。

所在地 渋谷区代々木1-22-1
交通 JR山手線中央線総武線都営大江戸線代々木駅」徒歩3分、小田急小田原線南新宿駅」徒歩5分、「新宿駅」徒歩10分
構造 鉄骨造
規模 地上14階、地下1階
竣工 2003年10月
延床面積 3384.12坪
基準階貸室面積 230.45坪
エレベーター 4基
駐車場 37台
天井高 2,750mm
OA 対応 フリーアクセス(70mm)

仮)代々木プロジェクト

代々木駅」から徒歩3分、「新宿駅」から徒歩7分、代々木のランドマークである「NTTドコモ代々木ビル」の隣地に、2007年3月竣工予定のオフィスビルが「仮)代々木プロジェクト」です。
ガラス面を多く採用した現代的なデザインが施された「仮)代々木プロジェクト」は、明るく清潔感のあるフォルムが特徴的となっており、各階については基準階面積約100坪を誇るオフィスフロアとなります。また高層階からは、「新宿御苑」の緑豊かな景観を楽しむこともできます。

所在地 渋谷区千駄ヶ谷5-23(枝番未定)
交通 JR「代々木駅」徒歩3分、都営大江戸線代々木駅」徒歩4分、JR「新宿駅」徒歩7分
構造 鉄骨造
規模 地上10階
竣工 2007年2月
延床面積 1,350.38坪
基準階貸室面積 104.40坪
エレベーター 4基
駐車場 13台
天井高 2,700mm
OA 対応 フリーアクセス(100mm)

日本ブランズウィックビル

「タカシマヤタイムズスクエア」の出現以降、脚光を浴びている新宿南口エリア。ここに位置するのが「日本ブランズウィックビル」です。
新宿駅」から徒歩3分、「代々木駅」から徒歩4分の高い利便性を有し、整形・無柱の基準階面積約280坪を誇る大型オフィスビルです。1974年1月竣工と年数は少々経過していますが、耐震性も確保されており、リニューアル工事も実施されています。

所在地 渋谷区千駄ヶ谷5-27-7
交通 JR「新宿駅」より徒歩3分、「代々木駅」徒歩4分
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上9階、地下2階
竣工 1974年1月
延床面積 3685坪
基準階貸室面積 286坪
エレベーター 4基
駐車場 30台
天井高 2,550mm
OA 対応 フリーアクセス

NTTドコモ代々木ビル

代々木のランドマーク「NTTドコモ代々木ビル」。東京都では、東京都庁第一本庁舎に続く、239.85mという高さを誇る超高層ビルです。ニューヨークの「エンパイアステートビル」を髣髴とさせる洗練されたデザインが特徴となっており、「ビル」というよりも「タワー」と言った方が相応しい建築物となっています。
建物内部は、中腹部にあたる25階までが通信機器とサーバが設置されたフロア、26階以上については支柱とケーブルが走る空洞になっており、関係者以外は立ち入り禁止となっています。ちなみに、アンテナと思われがちな頂上部の突起物は、実はクレーンです。

所在地 渋谷区千駄ヶ谷5-24-10
構造 鉄骨造
規模 地上27階・地下3階
高さ 239.85m
竣工 2000年9月
延床面積 15464.41坪

4)まとめ

シンプルな空間作りの中には、芯の通った社長の想いが隠されていました。クリティカルワークではなく、ルーティンワークこそが真の仕事であるという考え方には、非常に共感できました。パーティションの使い方など、すぐにでも取り入れられる部分は、是非参考にさせて頂きたいところです。

「何年後かには、世界中の海外ブランド企業に負けないくらいのオフィスを作ります!」と意気込んでいらっしゃった大久保社長。ジェイモードさんなら、実現して頂けるに違いありません!その時には、また是非取材に行かせてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*