遊び心の詰まったジャングルのようなオフィス【オフィスwatch 株式会社スカイアーチネットワークス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

システム運用・セキュリティマネージメント業務を行う株式会社スカイアーチネットワークス様にお伺いさせて頂きました。
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」の認証を全社にて取得されているとお伺いしていたため、セキュリティ重視の真面目なオフィスかと思いきや、
ジャングルをイメージするほど沢山の観葉植物を配置したり、ミラーハウスのような空間を作ったりと遊び心溢れるオフィスでした。
代表取締役社長である江戸達博氏にオフィスのこだわりや経営についてざっくばらんにお話をお伺いしました。
1)観葉植物×鏡の迷路で冒険心掻き立てるオフィス空間へ【オフィス写真&ポイント解説】
①ジャングル!
②鏡の迷路
③黒いカーペット
2)代表取締役社長 江戸達博氏インタビュー
3)周辺情報
4)まとめ

1)観葉植物×鏡の迷路で冒険心掻き立てるオフィス空間へ【オフィス写真&ポイント解説】

オフィスにお伺いさせて頂いて、まず一番に驚くのは緑の多さです。
ジャングルをイメージしたというオフィスには、緑だけでなく、パーテーションを一部鏡で作ってしまうなど遊び心満載のオフィスでした。
まるでミラーハウスのような空間には常にチャレンジ精神を大切にしてほしいという社長の想いがこめられているそうです。
個性的なオフィスを写真を共にご紹介していきます。

(取材日 2006年8月30日)

株式会社スカイアーチネットワークス
《事業内容》 サーバー/データセンター運用に関わる業務を中心としコンサルティング・ホスティングサービス・サーバーアウトソーシング・セキュリティ製品販売などを手掛ける。
《サイトURL》 株式会社スカイアーチネットワークス http://www.skyarch.net/
口コミSNS 「WeBA(ウィーバ)」 http://weba.jp/

①ジャングル!

外壁をコンクリートで塗り固められたビル内に、ジャングルの吐息が漏れるかのような雰囲気を放つ空間がある。スカイアーチネットワークスの入居するフロアには、緑豊かな自然の恵みが広がる。フロア全体を包み込む木の壁面と観葉植物とが調和し、みずみずしい空気を生み出している。

何を隠そう、来客者専用フロアは、「ジャングル」をイメージしている。これらの観葉植物は全て、以前オフィスwatchにご登場頂いた青山フラワーさん(http://ashita-office.com/005-parkcorp-6858)にお願いして取り入れたものなのだという。

これらの植物が設置されている木の壁は、何と曲線を描いている。直線を使った角々しい壁ではなく、あえて曲線の壁にこだわったのは、温かみやおもしろさを感じてもらうため。というのも、ベンチャー企業は、新しいアイディアの創出に価値を見出す。常にチャレンジ精神を大切にしてほしいという社長の想いが、社員の「冒険心」を掻き立てるオフィス空間へと通じているのだ。

ちなみに、曲線の壁は、社名の「スカイアーチ」の「アーチ」を表現していて、直線の壁ではなく、曲線の壁を取り付けるのには相当苦労されたのだとか。どのように作り上げたのかというノウハウは、是非一度スカイアーチさんにお伺いして直接確かめてみてくださいね。

②鏡の迷路

遊園地で出会う鏡に囲まれた迷路、ミラーハウス。来客スペースの通路は、まるでそこに迷い込んでしまったかのような印象を受ける。

フロアを区切る木の壁には、所々に巨大な鏡が取り付けられている。鏡の奥に何十にも映し出されるオフィス空間は、フロアの奥行きを無限に広げるので、ずっと先にも部屋が続いているかのように錯覚させられる。迷路のように入り組んでいるため、次に現れる空間はもちろん、部屋全体の構造が予測できないのだ。

今まで出会った事のないその不思議なオフィス空間は、江戸社長の提案から生まれたもの。

「新しいものを創出したい」という想いが、鏡の空間へのこだわりにも反映されている。さらに、「訪れたお客様にサプライズと楽しさを伝えたい」という想いと相まって、この驚きのスペースを発想されたのだとか。

「ドアを開けた時に鏡に自分の姿が映り、誰か隣にいるように感じるので、ビックリした経験が何度もあります(笑)」と考案された社長ご本人もサプライズしているほど。

遊び心満点の空間には、取材陣一同楽しませて頂きました。写真の中では、鏡がどこまでか分かりますでしょうか。とても不思議な感じがしますよね!

③黒いカーペット

8階の執務フロアは、2階の接客フロアとは一転する。毛足の長い黒いカーペットと真っ白なデスク、木目の棚が、モダンで上質な空間を演出している。フロアごとに違うコンセプトを設ける事によって、気分を一新できるよう工夫したのだ。

今までありそうでなかった、オフィスWatch史上初の黒色のカーペットは、社長こだわりの品。「以前から、黒を重点的に使ったかっこいいオフィスにしたいと思っていて、思い切って床を一面黒にする事にしました」と社長は語る。高級感と重量感とを醸し出す黒いカーペットは、社長の思惑通り、クールで引き締まった室内を生み出している。毎日の掃除には苦労されるそうだが、その洗練されたオフィス空間の出来栄えには、社員からも好評の声を得ているのだという。

ちなみに、社員の席を分けるパーティションに使用されている紺色は、会社のロゴにも使用されているほどの社長お気に入りの色。誠実さや知的さを表す紺色は、黒色とは一線を画す印象となっている。

フロア全体の色彩バランスが見事に調和していて、2階とは一味違う魅力が詰まっています。

 取材スタッフの注目ポイント 
マッサージチェア
一日中座り仕事をしている社員の身体を考え、社長がご購入されたのだとか。座り心地の良さそうな椅子の前には、テレビまで設置されており、至れり尽くせりです♪私も自宅に一台、欲しいです!
ロゴ
「スカイアーチ」の由来は、飛行機の路線図にあるとの事。サービス内容であるサーバーが情報を転送するイメージを飛行機の出発地と目的地とを繋ぐイメージになぞらえたのだとか。5つの玉は、もちろん社長のお好きな紺色です。
生花
観葉植物だけでなく、最近お花にも凝っているという江戸社長。2階と8階のエントランスには、可愛らしいお花が飾られていました。毎週定期配送なので、常に新しいお花が社内には飾られているそうです。
カメレオン
ジャングルのようなオフィスにおいてあるぬいぐるみは、やはり暑い地に生息する動物です!あまりにぴったりだったので、久しぶりにぬいぐるみを登場させてしまいました。

2)代表取締役社長 江戸達博氏インタビュー

赤羽橋より徒歩3分。東京タワーの姿を臨める場所にオフィスを構えるのは、システム運用・セキュリティマネージメント業務を行う株式会社スカイアーチネットワークス。今回は、代表取締役社長である江戸達博氏にお話をお伺いする事ができた。

セキュリティ

社長
弊社では、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」の認証を全社にて取得しています。

弊社では、インターネットに情報発信するコンピュータ(サーバー)を貸し運用サービスを提供する「マネージド ホスティングサービス」というものを行っています。

サーバーを止めないよう務めたり、セキュリティを保ったり、バックアップを取ったりする企業の土台部分を支える事業なので、例えるならば縁の下の力持ち的な存在のようなところです。

ですから、弊社のお客様というのは、きちんと信頼できる統一化されたフローが整っているセキュリティの高い会社との取引という事が大前提になってきます。

沖田
そうなのですね。確かに入口のセキュリティ体制が整っていると思いました。

社長
入退室管理システムや棚の施錠管理、執務エリアと来客エリアのフロア分けなどが大枠としてあります。

これらの対策を整えている背景には、情報を保護するという目的以外にも、社内の作業を整備するという目的もあります。今後、人数を増やしていく事を想定すると、社員それぞれで勝手な事を行っていては、内部体制がきちんと整えられず、お客様に安定的なシステムを提供できなくなってしまいます。社員の教育ももちろんですが、作業の統一化をするために行っているのです。

田中
では、取得される際にご苦労された点をお伺いしても宜しいでしょうか。

社長
社内の物事を全てフロー化する作業が大変で、あとは取得してからが結構大変です。書式を作って審査員と話すところまでは、覚えてしまえば誰にでもできます。しかし、それをきちんと社内に浸透させて改善させていくのが難しいんですよね。

沖田
具体的には、どのような作業を行われていらっしゃるのでしょうか。

社長
常に先手でリスクを考え、どんな些細な事柄でも全てリストに追加し、社内でしっかり共有し改善を行います。なので、日々積み上げ型で色々な事象が改善されていきます。フロー化して絶対に事故が発生しないように努めているのです。

田中
なるほど。取得されてからは、様々なメリットがあったのではないのでしょうか。

社長
はい。社内の統一化が図れました。更に、外部の信用がついてきました。社員は、自分の行動が方針から外れていないかどうかを意識して業務に取り組むようになったので、業務がきちんとフロー化されました。その結果、確実なサービス内容がお客様に対して提供できるようになりました。

長く働ける環境

沖田
何か御社独特の文化などはございますか。

社長
そうですね。まだあまり社内文化のようなものはないのですが、大体30歳で結婚して、31~32歳くらいに子供ができ、マンションを買っている社員が多いですね。結構、真面目で堅実的な社員が多いんですよ。

田中
それはおもしろいですね!どうしてそのような傾向があるのでしょうか。

社長
弊社の業務内容はストックビジネスなので、お客様が増えていけば、安定した収益が得られます。なので、社員自身の「長く勤めよう」という意識は高いと思います。また、私自身もそのような想いがあるので、できるだけ長く勤められる環境を作るようにしています。

田中
なるほど。

社長
弊社はあくまでもサービス業という位置づけで考えています。安定的なサービスを提供するには、社員がまず安定感のある生活水準レベルを持つ事が重要です。夜中までただひたすらガリガリ働くのではなくて、できるだけ心にゆとりを持てるような風土を作り、土日はきちんと休むように仕向けています。

長く勤めようとすると、毎日仕事に追われている生活では続かないと思っています。性格も段々荒んでしまうので、結局お客様に良いサービスが還元できなくなってしまいます。

沖田
確かに、その通りかもしれませんね。

社長
ですから、例えば弊社には課長クラスの人間で、17時くらいに帰って大学に通っている人間もいます。基本的には「何かやりたい!」と熱意をもって提案すれば、実現するにはどうすればいいか一緒に実現に向け考えます。

他にも、弊社の運営するSNSサイト(共通の趣味や仕事を持つ者同士が集まり、意見を交換しあったり知り合いを紹介しあったりする事で、新たな人脈作りやコミュニティの形成につながるWebサイトの事)「WeBA(ウィーバ)」は、社内の3名の人間が発起人となって始めたものです。

田中
社内は非常に風通しが良いのですね!

社長
そうですね。私は現在いるメンバーには、最終的には自分達の会社を持ってもらいたいと考えているのです。弊社では年齢や社歴に関係なく、十分活躍できる場があると思っています。今後も、彼らをバックアップできるような制度を整えていきたいですね。

ヨガ教室

沖田
社内のグリーンと木の雰囲気には、非常に癒されます。本当に素敵な内装ですね。

社長
どうもありがとうございます。訪れるお客様への配慮はもちろんですが、長時間室内にいる社員の事を考え、なるべく自然の雰囲気を楽しめる、他には見た事のないようなオフィス空間を作り出す事を心掛けました。

どうしても、IT系企業というとコンピューターと向き合う仕事が多いので、できるだけ自然を感じられるオフィス作りという事がポイントでした。

田中
確かに、一日中オフィスで座り仕事をしていると、非常に疲れます。

社長
そうですよね。社員の身体の事を考えて、8階の業務スペースの一角にはマッサージチェアを設置しています。他にも最近、社内でヨガ教室を始めたんですよ。

田中
ヨガ教室ですか!?

社長
はい。福利厚生の一環としてヨガ教室を始めました。もともとは、私がプライベートで教室に通っていたのですが、会社まで出張してくれるというので、月に2回来て頂いています。

座り仕事の多い社員にとっては普段使わない筋肉を使うチャンスですので、非常に好評です。また、ヨガ独特の呼吸法により、精神状態が安定し、ストレスや環境の変化に強い心の状態を作り出す事ができます。本来の自分を取り戻す機会となりますし、心身ともに豊かになるのです。

2階の大会議室で行われる教室には、社員の半分以上が参加していますね。

沖田
良い事尽くめの教室ですね!

社長
そうですね。6名以下になったら廃止すると公言しているのですが、参加人数は増えていくばかりです。この取り組みは全て、「お客様に良いサービスを提供する」というところに集約しています。今後も何か良い制度を思いついたら、ひとつの文化として取り入れていきたいですね。

株式会社スカイアーチネットワークス

社長
私は、日本体育大学の卒業生なのですが、そこの学生達は通常卒業後にインストラクターや先生になる道を目指します。そのような道に進んでしまうと、自分の一生が決まってしまうのではないのかという思いから、コンピューター関係の企業に就職する事に決めました。

田中
周りの同級生の方とは、違う道を選択されたのですね。

社長
そうですね。営業職として入社したのですが、ベンチャー企業でしたので、毎日のように飛び込み営業をして、夜中の0時くらいまで働くという日々が続いていました。

沖田
そこからどのようにして、独立の道へと歩まれたのでしょうか。

社長
2~3年目でシステムが売れるようになり、3年目には営業職としてだけでなく、技術者としても色々な知識を得る事ができました。その頃ちょうど、独立して確実にやっていける自信がついたので、あとはもう勢いづいて行動に移したという感じでしたね。

田中
そうなのですね。では、独立されてから、良かった事と、逆にご苦労された点は何かございますか。

社長
良かった事は、お客様に本当に喜んで頂けるサービス環境があり、今後もそれを作り出していける環境があるという事です。その環境がある事により、「良い会社だね」という形でお客様から褒めて頂ける事が、一番良かった事ですね。

一言にIT会社と言っても、我々はサービス業という位置づけで考えていますので、その部分を徹底的に伸ばしています。今後成長していく中で、まず社員にとって居心地の良い環境であり、落ち着いてゆっくりお客様に先手の提案ができる環境は、徐々に作っていくつもりです。

逆に苦労した事は、最初の3年間は、何かシステムのトラブルがあると、どこにいようとも私がサーバーセンターに飛んで行かなければならなかった事です。最初は8名くらいで始めたのですが、現地対応を行う人間が、私一人だったので、サーバーダウンなどのトラブルが起ると、朝の3時でも4時でもすぐに駆けつけなければいけないような状態でした。

沖田
それは相当なご苦労でしたね!何か、働く上でのポリシーなどはお持ちなのでしょうか。

社長
弊社には、「あなたの側で、あなた以上に考える。」、お客様の立場で全てを考えるという事を大切にしています。お客様は、それぞれ色々な環境を持っていらっしゃいますが、そこをきちんと察知する事に重きを置いています。我々は、そのお客様がどのようなサービスで利益を出しているのかを深く理解し、その土台を支えているという仕事なので、お客様の立場になって考えるという事は、基本要素であり最重要要素でもあります。「縁の下の力持ち企業」というのが、ポリシーというところでしょうか。

田中
それは非常に心強い響きですね。では次に、大変恐縮なのですが、新卒の私に今後の社会人生活へのアドバイスを一言頂戴できますでしょうか。

社長
弊社のポリシーと重なってしまうのかもしれませんが、お客様の環境を的確に察知できるような能力をつけ、それができたらお客様が何を考えて何を提案したら喜んで頂けるのかというところを深く考え、実行に移してみてください。

沖田
環境を察知する能力を身につけるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

社長
当人とよく話し合う事はもちろんですが、色々な人と話した情報を上手く統合して考えるという事が大切です。偏った情報で一点だけを見るのではなく、視野を広げて多くの情報を仕入れる事によって、自然と能力が身についてきます。できるだけ色々な環境にいる人と話すという行動が、ポイントとなってきます。

沖田
そうなのですね!私も今日から意識して行動していきたいと思います。本日は、大変貴重なお話を頂戴致しまして、誠にありがとうございました。

田中
どうもありがとうございました。

3)周辺情報

株式会社スカイアーチネットワークス江戸社長のお気に入りの街、三田

この辺りは、言わずと知れた日本を代表するランドマーク「東京タワー」の絶景を望むことができる地域です。ライトアップにより美しく浮かび上がったその姿は、ビジネスマンにひと時の安らぎを与えてくれます。

今回は、「東京タワー」、及び「東京タワー」の絶景が望める周辺に位置するビルをピックアップして紹介します。

三田ネクサスビル

都営大江戸線赤羽橋駅」徒歩3分、都営三田線芝公園駅」徒歩8分。首都高芝公園ランプ近くに位置するのが、今回取材した株式会社スカイアーチネットワークスの入居する「三田ネクサスビル」です。

優雅な曲線を描いたデザインの外観が印象的な「三田ネクサスビル」。外壁は、ビジネスエリアに相応しいイメージを与えてくれる、シックな磁器タイルにより覆われたビルです。
敷地内にタワー式駐車場が完備されているのも特徴の一つで、優れた機動力を持つ拠点を構えることができるオフィスビルです。

 所在地  港区三田1-3-33
竣工 1989年
 基準階  60.26坪(2階と8階利用)
規模  地上9階

 

東京タワー

赤(正確にはインターナショナルオレンジ)と白のツートンカラーで彩られた、高さ333mの「東京タワー」。日本一の高さを誇ることから、東京のシンボル・観光名所として広く知られる「東京タワー」ですが、総合電波塔が本来の機能であり、地上波アナログテレビジョン放送(VHF・UHF)・FM放送・地上デジタル放送のアンテナとして放送電波を送出している他、JR東日本の防護無線用アンテナや東京都環境局の各種測定器などが設置されていれます。
また、その認知度から公共施設と思われがちですが、実は東京タワーの所有・管理をしているのは民間会社である日本電波塔株式会社です。

「東京タワー」は、1958年10月、産経新聞を創業した前田久吉により、開局が相次ぐ放送局の電波塔を一本化する目的で建設されました。「建設するからには世界一高い塔でなければ意味がない」という信念のもとに計画された「東京タワー」は、「エッフェル塔」の324mより9m高い、333mの高さを誇っており、自立式鉄塔としては現在でも世界最高の高さとなります。
ちなみに「日本テレビ」は、当初、東京タワーのアンテナには参加しておらず、自社で東京タワーの2倍もの高さである「正力タワー」を建設という計画がありました。
東京タワーの足元には地上4階建てのビル「フットタウン」があります。レトロとモダン・アナログとデジタルの融合をテーマに2005年にリニューアルオープンした「フットタウン」には、飲食店街「フードコート」や開業当初から出店している土産物屋、「東京タワー水族館」などがあります。なかでも隠れスポットとして知られる「蝋人形館」は、一度は見ておきたいものです。
東京タワーの目玉となるのは、地上145~150mの高さにある2層の大展望台、そして地上250mの高さにある特別展望台です。都内はもちろん、近郊の街並みをも一望できる景観は必見です。

日没~午前0時まで、176灯の電球で美しくライトアップされている東京タワーですが、このライトアップには、春・秋・冬の「冬バージョン」と夏の「夏バージョン」とがあります。「冬バージョン」は毎年10月2日の夜から暖かいオレンジ色で、「夏バージョン」は毎年7月7日七夕の夜から清涼感のある白色でライトアップされます。

また季節ごとでのライトアップ以外にも、毎年10月1日に実施予定の「乳がん撲滅キャンペーン(ピンクリボンデー)」のピンク色のライトアップや、過去には「2002FIFAワールドカップ開催記念」や「ホワイトバンド・デー」などのライトアップなどがあり、普段とは違う姿で彩られた「東京タワー」は見逃せません。
ちなみに、「東京タワー」には、消灯の瞬間を恋人と一緒に見ると幸せになれるという伝説があり、今もなお、午前0時近くになると多くのカップルが東京タワーに集まっています。こういった都市伝説ができるのも、「東京タワー」がそれだけの神秘性を秘めているからと言えるでしょう。

所在地 港区芝公園4‐2‐8
交通 都営大江戸線赤羽橋駅」徒歩5分、都営三田線御成門駅」徒歩6分、東京メトロ日比谷線神谷町駅」徒歩7分、都営浅草線「大門駅」徒歩10分、JR「浜松町駅」徒歩15分
高さ 333m
竣工 1958年10月

第2東京タワー

今後、地上波アナログテレビジョン放送から地上デジタル放送へと全面移行した場合、現在の「東京タワー」では、塔の高さ不足から首都圏全域をカバー仕切れないといった問題があります。このことから墨田区押上にある東武鉄道の貨物駅跡に、「第2東京タワー」(仮称「すみだタワー」)が建設予定となっています。
「第2東京タワー」は、2011年7月24日の地上波アナログテレビジョン放送の終了に備え、2008年度に着工、2011年度の竣工を予定しています。規模としては、現在世界一の高さであるカナダのトロントにあるCNタワーの553mを抜き、約610mの世界一の高さを誇る塔となる予定です。

所在地 墨田区押上1
高さ 610m
竣工 2011年
施設 放送施設、展望施設(450m特別展望ロビー、350m展望ロビー)、商業施設など
監修者 澄川喜一、安藤忠雄
設計者 日建設計

愛宕グリーンヒルズMORIタワー

緑に囲まれた愛宕山の豊かな自然、そして歴史的建築物と近代的建築物とが調和した「愛宕グリーンヒルズMORIタワー」。隣接する青松寺に因み、巣の花をイメージしたデザインとなっており、上部でつぼまる曲線とシャープなフォルムが印象的な超高層オフィスビルです。
地上42階建の住宅棟「フォレストタワー」とのツインタワーで構成されており、低層部には緑豊かなオープンスペースが確保されています。

所在地 港区愛宕2-5-1
交通 都営三田線御成門駅」徒歩約3分、東京メトロ日比谷線神谷町駅」徒歩約4分
構造 鉄骨造
規模 地上42階、地下2階
高さ 186.75m
竣工 2001年7月
延床面積 26,187.4坪
基準階貸室面積 462坪
エレベーター 24基
駐車場 217台
天井高 2,800mm
OA対応 フリーアクセスフロア(100mm)

三田国際ビル

「田町駅」と「赤羽橋駅」の間に位置する、地上26階・高さ約117mの高層オフィスビル「三田国際ビル」。約6,300坪に及ぶ敷地面積のうち約70%がオープンスペースという、周辺環境を配慮した設計となっています。スマートな印象を与える白を基調とした外壁で覆われた「三田国際ビル」は、開放感のある緑豊かなオープンスペースと相成り、ビル自体の規模以上の存在感を感じさせてくれます。

所在地 港区三田1-4-28
交通 都営大江戸線赤羽橋駅」徒歩約3分、徒歩3分、都営三田線芝公園駅 」徒歩7分、JR「田町駅」徒歩10分
構造 鉄骨造
規模 地上26階、地下3階
高さ 117.5m
竣工 1975年6月
延床面積 33,776.67坪
基準階貸室面積 698.53坪
エレベーター 20基
駐車場 306台
天井高 2,500mm
OA対応 フリーアクセスフロア(50mm)

芝公園ファーストビル

その名の通り、「芝公園駅」から徒歩2分、緑豊かな都立芝公園、増上寺に隣接した立地に位置する「芝公園ファーストビル」。ビジネスエリアに相応しいブラウン系のシックな外壁に覆われた地上35階・高さ約150mの超高層オフィスビルです。上層階である23~35階は、共同住宅「ラ・トゥール芝公園」となっており、吹き抜けのパティオなどが設けられた豪華な造りになっています。

所在地 港区芝3-8-2
交通 都営三田線芝公園駅」徒歩2分、都営大江戸線赤羽橋駅」徒歩4分、都営三田線浅草線三田駅」徒歩7分、JR「田町駅」徒歩10分
構造 鉄骨造
規模 地上35階、地下2階
高さ 151.15m
竣工 2000年6月
延床面積 18,878.89坪
基準階貸室面積 398.13坪
駐車場 205台

4)まとめ

木の芳しい香りと観葉植物の新鮮な緑の香り漂うオフィスには、とても癒されました!内勤の身としては、「何てすばらしい環境が整っているのだろう!」と羨むばかりでした。室内での植物の管理は大変なものですが、きちんと維持されているスカイアーチさんはご立派です。「オフィスを楽しく!」というコンセプトが至るところに詰め込まれたオフィスには、見習いたい部分がたくさんありました。

大会議室で行われるヨガ教室。次回開催時には、是非私達も参加させてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*